Blog

結婚相談所の掛け持ちは大丈夫?併用する時のメリットをご紹介

この記事はこれから結婚相談所の掛け持ちを検討している人に読んでもらいたいです。結婚相談所の利用を考えている人の中には、掛け持ちをしたいと思っている人がきっといるでしょう。掛け持ちをした方が出会いの機会が増えて、さまざまなサービスを利用できるため、より効率よく相手を探せます。

しかし、実際に掛け持ちで利用することに本当にメリットがあるのか半信半疑な人もいるかもしれません。

この記事では結婚相談所の掛け持ちについてメリットやデメリット、注意点などを解説します。この記事を読むことで、自分に結婚相談所の掛け持ちが向いているか、利用する際のポイントは何かといった点が理解できるようになるでしょう。これから結婚相談所を選ぶ際の参考にしてください。

結婚相談所の掛け持ちは可能?

結婚相談所の掛け持ちをすることは可能です。そもそも、どの結婚相談所も別のサービスへの登録を特に禁止しているわけではありません。また、会員が別のサービスに登録しているかどうか結婚相談所側が把握することは難しいです。そのため、実際に複数の結婚相談所に登録して掛け持ちしている人はいます。

結婚相談所の掛け持ちをする理由はさまざまです。たとえば、複数の相談所の利用を並行して、それぞれのサービスの質や相性などを見極めたい人がいます。この場合は、最終的に特定の相談所の利用に集中していくでしょう。あるいは、最初から複数の相談所を併用することを前提として登録する人もいます。この場合は理想の相手を見つけるまで掛け持ちを続けるのです。

どのような理由にしても、結婚相談所の掛け持ちをするのは自由なため気にせずに登録しましょう。ただし、掛け持ちにはメリットとデメリットがあります。掛け持ちが向いている人とそうでない人がいるのです。このことを理解した上で、自分にとって価値のある選択をしましょう。

結婚相談所を掛け持ちするメリット

結婚相談所の掛け持ちをするメリットはたくさんあります。それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

出会いの幅が広がる

複数のサービスに登録すれば、その分だけ出会いの幅が広がるのがメリットです。登録するサービスが増えるほど、出会える可能性のある相手の数が増えます。1つの相談所よりも2つの相談所を利用した方が、選択肢が増えるため、その中にはあなたの理想に近い相手が含まれる可能性が高くなるのです。

相談所ごとに登録している会員の属性が異なっているケースがあります。一つの相談所しか利用していないと出会うことができる相手の属性が偏ってしまうのです。それでは自分の理想に近い相手を探すのが難しくなります。複数の相談所に登録することで、別のサービスにはいないような素敵な異性と巡り会える可能性も生まれるのです。

このような理由から相談所の掛け持ちはあなたの出会いの幅を広げてくれます。一つのサービスを利用していてなかなか理想の相手を見つけられなかった人も、掛け持ちしたことでスムーズに相手を見つけられたというケースもあるのです。

結婚相談所毎のアドバイスが聴ける

結婚相談所を掛け持ちすると、さまざまなアドバイスを受けられるというメリットがあります。それぞれの相談所ごとに異なる内容の助言を受けられる可能性があるのです。各相談所には専任のカウンセラーが在籍しています。それぞれに同じ相談をしたとしても、異なる観点からアドバイスしてくれることが多いです。違った視点からのアドバイスを受けることで、今後の婚活に役立てることができます。

また、掛け持ちすることでそれぞれのカウンセラーの意見を客観的に判断できるようになるのもメリットです。一人のカウンセラーの話ばかりを聞いていても、それが本当に自分にとって傾聴に値する意見なのか判断が難しいでしょう。複数のカウンセラーによる意見を得られれば、それぞれを比較することでどの意見が最も信頼できるのか判断できます。

1つのアドバイスに納得できなくても別の相談所のアドバイスは信頼できるというケースは多いでしょう。掛け持ちすることで、自分に適したアドバイスを得られるようになります。

出会い方も様々試せる

結婚相談所にはさまざまな出会い方を用意していて、掛け持ちをすることでいろいろなパターンの出会い方を試せるのがメリットです。たとえば、仲人紹介型の相談所ではカウンセラーにヒアリングをしてもらい、こちらの希望を理解してもらった上でふさわしい相手を紹介してくれます。データマッチング型は、希望条件やプロフィールなどを登録するとコンピュータがデータベースからふさわしい相手を探してくれるシステムです。インターネット型といって自分で条件を指定して検索する方法もあります。

このように結婚相談所は大きく分けると3つの異なるシステムで異性を探すことができるのです。それぞれ別々のシステムを採用している相談所に登録しておくことで、異なる探し方で異性と出会うことができます。それぞれのシステムにはメリット・デメリットがあるため、一つの方法にこだわるのではなく上手く使い分けると良いでしょう。そうすれば自分に合った方法で理想の異性を見つけられます。

結婚相談所を掛け持ちするデメリット

結婚相談所の掛け持ちにはどのようなデメリットがあるのか説明します。

費用がかかる

結婚相談所は基本的に有料なため、利用するサービスの数が増えるほど費用がかかってしまいます。お金に余裕があるのであれば問題ないのですが、そうでないならば掛け持ちをするのは費用面でデメリットがあるのです。利用するサービスが増えれば、その分だけ初期費用や月々の費用の負担が大きくなります。ただし、成婚料についてはその相手と出会えたサービスにのみ支払えば良いため、この点は問題ありません。

結婚相談所ごとに料金設定は異なっています。そのため、相談所の選び方によってはかなり費用が高くなるケースもあるのです。1つの相談所を利用した場合と比較して倍以上の料金が発生することも少なくありません。

費用がかかるからといって、焦って結婚相手を探そうとしてはいけません。これでは本末転倒になってしまいます。そのため、掛け持ちをする際には、どのくらいの費用がかかるのか、あらかじめ考えておくことが大切です。

費やす時間が多くなる

利用するサービスの数が増えると、それぞれのサービスを利用するために余計に時間がかかってしまいます。たとえば、それぞれのサービスから相手を紹介されるため、紹介してもらえる人数が増えるのですが、相手のプロフィールをチェックするだけでも一苦労です。複数の相手と同時に交際することも可能なのですが、この場合は連絡やデート、スケジュール調整などで大きな負担がかかります。

特に仲人型の相談所を利用する場合は専任のカウンセラーと定期的に連絡を取る必要があるため注意しましょう。異性と出会って交際している際にもアドバイスを求めて連絡をするケースはよくあります。連絡を取り、自分の希望や不安などを伝えてアドバイスやサポートを受けることを前提としたサービスだからです。仲人型のサービスと別のタイプのサービスを掛け持ちしていると、費やす時間が多くなります。

それぞれのサービスからの連絡を確認するだけでも時間がかかるため、あまり利用するサービスの数を増やしすぎない方が良いでしょう。

結婚相談所を掛け持ちする際の注意点

結婚相談所を掛け持ちする際に注意してもらいたいポイントについてまとめました。

掛け持ちが本当に必要なのかを考える

そもそも結婚相談所の掛け持ちが自分にとって本当に必要なものか考えることは大切です。1つの相談所しか利用しなくても婚活に成功している人はたくさんいます。必ずしも掛け持ちが有効とは限らないのです。それぞれの状況や希望などによって、掛け持ちが適しているかどうかは変わります。

それでは、掛け持ちが本当に必要なのか考える際に重要なポイントを説明しましょう。

掛け持ちにかかる費用や時間が取れるかを確認

掛け持ちをするためにはより多くの費用と時間が必要なため、これらを負担できるかどうか確認することが大切です。費用については、これから掛け持ちしたいと考えている相談所の初期費用から月会費まで正確に調べておきましょう。相談所ごとに料金システムが異なっていて、勘違いするケースがあるため注意してください。入会金からシステム登録料、月会費、オプション料金などそれぞれの項目について正確な数字を確認しましょう。

複数の相談所を利用する場合は、それぞれにどのくらいの時間を取られてしまうのかも考えると良いです。特に仲人型の場合は定期的にカウンセラーと対面して相談をする必要があります。相談所の施設までアクセスして話をする時間も考慮して、十分な時間を確保することができるか考えましょう。場合によっては複数の人と同時に交際するケースもあります。そうなったとしても、それぞれの交際に支障が出ないだけの時間的な余裕があることを確認しましょう。

十分な費用と時間があることを確認できたのであれば、掛け持ちをしても問題ないです。上記の点について曖昧な状態で掛け持ちをしようとしても失敗します。

アドバイサーが問題なら担当変更を申し出よう

もし、現在利用している相談所のアドバイザーとの相性が悪いため掛け持ちを検討しているならば、担当変更を申し出ると良いです。多くの結婚相談所では、担当者の変更に対応してくれます。相性の悪いアドバイザーと我慢をしてまで付き合い続ける必要はないのです。どんなにアドバイザーが経験豊富で真剣に仕事をしていたとしても、あなたとの相性が悪いケースは出てきます。そのため、担当変更するのは悪いことではなく、遠慮せずに申し出てみると良いでしょう。

掛け持ちをするのは費用も時間もかかってしまい、しかもそれが良い結果を招くとは限りません。アドバイザーに問題があるのであれば、まずは担当者を変えてもらう方が簡単です。それで相性の良いアドバイザーを見つけることができたのであれば、掛け持ちをする必要がなくなります。

ただし、すべての相談所が担当変更に対応しているとは限りません。そのため、これから相談所に入会する際には担当者の変更が可能かどうか事前に確認することをおすすめします。

同じ連盟の結婚相談所は避けよう

実は結婚相談所にはさまざまな連盟や協会が存在しているため、同じ連盟の相談所を重複して利用するのは避けた方が良いです。同じ連盟の場合は会員情報を共有しているため、併用する意味があまりありません。同じ連盟のサービスに登録しても、探すことができる異性は同じため、別の連盟に属する相談所に登録した方が良いでしょう。

基本的に大手の相談所の場合は特定の協会や連盟に属していないケースが多いです。これから利用したいサービスが特定の連盟や協会に属しているかどうか調べておきましょう。サイトをチェックすれば、属している協会について説明されているはずです。

会員情報を共有していないサービスに登録することによって、より幅広い異性と出会えるチャンスが生まれます。

掛け持ちすることは結婚相談所に伝えておこう

これから結婚相談所の掛け持ちをするつもりならば、事前に掛け持ちすることを伝えておきましょう。掛け持ちであることを伝えた方が、事情をよく理解してもらい配慮したサービスを提供してくれるからです。また、掛け持ちしていることを伝えれば、より真剣にサポートしてくれます。他の相談所で成婚されてしまうと成婚料を請求できなくなるためです。他の相談所と比較されていることを意識してもらうことで、カウンセラーは本気でサービスを提供するようになります。何も伝えないよりも手厚いサポートを期待できるのです。

掛け持ちはこんな人におすすめ

結婚相談所の掛け持ちをおすすめするのは下記のようなタイプの人です。

・お金や時間に余裕がある
・結婚相手の条件にとことんこだわりたい人
・真剣に婚活に取り組んでいる人

お金や時間に余裕のある人は結婚相談所の掛け持ちに成功しやすいです。あまり婚活に時間も費用もかけられない人は掛け持ちに向いていません。

結婚相手の希望条件が明確に定まっている人も掛け持ちには向いています。希望条件が明確であれば、異性の候補が増えたとしてもそこから条件に合った異性を絞りやすいからです。

真剣に婚活に取り組んでいる人も掛け持ちに向いています。複数の相談所を使い分けるのは大変ですが、真面目に婚活に取り組んでいる人であれば、きっと上手く活用できるはずです。

まとめ

結婚相談所の掛け持ちをすることによって、選べる異性の候補が増えて、出会いの幅が広がるといったメリットがあります。ただし、複数の相談所を利用するのは費用や時間に余裕がないとできないことです。この記事を参考にして自分に掛け持ちが適しているかどうか検討しましょう。