Blog

仲介型の結婚相談所の特徴とは。メリット・デメリットも合わせて紹介

結婚相談所には大きく分けて「仲介型」「データマッチング型」「ハイブリッド型」の3種類があります。
種類は異なりますが最終的な目的は結婚であり、理想のパートナーを紹介してもらい、交際を得てゴールインというプロセスを進めていきます。
結婚相談所は、理想的なパートナーと出会って結婚したい!という方が利用していますが、その中でも本気度が高い方の多くは仲介型の結婚相談所を利用しています。

ではどうして本気で結婚を考えている方は仲介型の結婚相談所を利用するのでしょうか?
そこで今回の記事では、仲介型の結婚相談所とは何なのかを解説し、仲介型のメリット・デメリットも詳しくご紹介していきます。
また仲介型が向いている人と向いていない人も解説していきますので、これから結婚相談所の利用を検討している方の参考になれば嬉しいです。

結婚相談所でよく聞く「仲介型」ってなに?


結婚相談所の仲介型とは、専門のコンシェルジュからアドバイスをもらい、成婚に向けて進めていく結婚相談所です。
システムを使ってパートナーを見つけるデータマッチング型とは全く異なる種類の結婚相談所であり、また両者の良いとこ取りのハイブリッド型とも違います。

人と人がしっかり向き合って婚活する仲介型の結婚相談所だからこそ成婚確率が高く、本気で結婚したい方におすすめなのです。
そこでまずは、仲介型の特長をご説明し、仲介人とは何なのか?コンシェルジュとアドバイザーとの違いについて一つづつ詳しく解説していきます。

仲介型の特徴

結婚相談所の仲介型の特長は、会員一人ひとりに専任のコンシェルジュやアドバイザーがつき、理想のパートナー探しやその他婚活に関する様々なサポートを受けられることです。
データマッチング型など、他の結婚相談所と比べて多少料金は割高となっていますが、受けられるサービスは高レベルです。

本気で結婚を考えている方が結婚相談所を利用していますが、仲介型の会員は、その中でも本気度が非常に高い傾向にあります。
本気度の高い男女が集まって来ているため、仲介型を利用することで、結婚に向けて大きく前進すること間違いありません。

結婚相談所の仲介人とは?

結婚相談所の仲介人とは、コンシェルジュやアドバイザーのことを指し、その名の通り、結婚したい男女の仲介に入る人のことです。
まさに婚活を極めたプロの人ですので、安心してサポートを任せることができます。

特に初めて結婚相談所を利用される方は、何からしたら良いのかわからないことも多くあるかと思いますので、仲介人からのアドバイスは非常に心強く感じることでしょう。

コンシェルジェやアドバイサーとの違いは?

仲介型の結婚相談所では、コンシェルジュやアドバイザーという呼称が使われていますが、基本的には同じ意味だと考えて問題ございません。
一昔前まで、結婚相談所の受付や案内、紹介などを担当するのがコンシェルジュで、実際に会員と二人三脚で婚活をサポートするのがアドバイザーと呼ばれていました。

しかし現在では、その定義は曖昧となってきており、コンシェルジュもアドバイザーも同じ意味合いを持ちます。
結婚相談所によって呼称が異なる程度と覚えておけば大丈夫です。

仲介型を利用するメリット


仲介型の結婚相談所を利用するメリットとして、手堅いサポートや理想の人と出会いやすい、聞きづらいことを質問できる、相手の特長を基に紹介してもらえる、などがあります。
これら様々なメリットにより、仲介型の結婚相談所を利用することで、素敵な出会いと幸せな将来を手に入れられる可能性が広がるのです。

それぞれのメリットを詳しく解説していきます。

親身になってサポートしてくれる

婚活する上で最も重要と言えるのが第三者によるサポートであり、仲介型の結婚相談所では、親身になってサポートしてくれます。
どうやって交際へ発展させれば良いのか、第一印象を良くするためにはどうしたらいいのか、など細かなところまでしっかりアドバイスをしてくれます。

決して他人事と考えること無く、会員の立場になって物事を考えてくれ、会員一人ひとりの性格や考え方を分析し、的確に相談に乗ってくれることでしょう。

自分の理想の人と出会いやすい

仲介型の結婚相談所では、専任のコンシェルジュと話をしながら、紹介してくれる相手を決めていくため、自分の理想とする人と出会いやすいです。
どんなにコンピューターが発達し、人の考えていることや理想を分析できるようになってきたと言いましても、所詮コンピューターであり、人の心を掴むことはできません。

コンシェルジュは会員の細かな部分までしっかり分析してくれ、その会員が理想とする人を厳選し紹介してくれます。
その結果、出会いから構成、そして成婚と、スムーズに進めていくことができます。

相手に聞きづらい質問も聞いてもらえる

日常生活やお見合いをきっかけで出会った場合、どうしても相手に聞きづらい質問も出てくるかと思います。
例えば「年収はいくらですか?」「過去に離婚歴はありますか?」、他にも「整形をしたことはありますか?」「犯罪歴はありますか?」なども当然聞きづらいことでしょう。

仲介型の結婚相談所では、会員に代わってコンシェルジュがあらゆる質問に対する答えを聞いてくれるため、会員が直接質問する必要はありません。
生涯を共にする以上、気になることは予めはっきりさせておかなければいけません。
そのような聞きづらい質問も聞いてもらえるのが、仲介型の結婚相談所の大きなメリットと言えるでしょう。

データではわからない相手の特徴を基に紹介してくれる

最近ではシステムだけを使ったデータマッチング型の結婚相談所が増えてきていますが、データだけではわからない相手の特長は数多くあります。
「システムがマッチングしてくれたから間違いないだろう」と思ってしまうかもしれませんが、システムはあくまでもコンピューターです。

莫大なデータを分析する能力は持っていますが、データに入力されていない隠れた特長を引き出すのは不可能です。
仲介型の結婚相談所では、コンシェルジュが相手の特長を基にして紹介してくれますので、データではわからない良いところや悪いところもしっかりと分析してくれます。

仲介型のデメリット


仲介型の結婚相談所にはたくさんのメリットがあることをご理解いただけたかと思いますが、デメリットに背を向けてはいけません。
世の中にある全ての物事にはメリットとデメリットがあるもので、仲介型の結婚相談所にも同様のことが言えます。

そこでここでは、仲介型の結婚相談所のデメリットについていくつか解説していきますので、メリットと同様に頭に入れておくようにしましょう。

他のタイプと比較して費用がやや高い

仲介型の結婚相談所は、アドバイザーやコンシェルジュなどの「人」が動いてくれるため、当然のことながら、そこには人件費が発生します。
データマッチング型の場合、ほぼ全てをシステムによって完結しているため、初期費用こそ掛かりますが、その後の人件費は安く抑えることができます。

仲介型の結婚相談所の場合、人件費が必要なことから、どうしても他のタイプの結婚相談所と比較して費用が高く設定されています。
お見合い一回で5,000~10,000円、さらに成婚料金として200,000円ほど必要な結婚相談所もあります。
もちろんその分、手堅いサポートを受けられ、データマッチング型よりも成婚率が高いため、仲介型の結婚相談所の費用が高いのは仕方の無いことです。

仲介人と相性が悪いと婚活が進まない

仲介型の結婚相談所でキーパーソンとなるのが仲介人であり、この仲介人との相性によって婚活の進み具合が大きく違ってきます。
相性が良ければ、理想的な相手をスムーズに紹介してもらえ、交際から結婚までもトントン拍子で進めていくことも十分に可能です。

しかし仲介人との相性が悪いと、条件とかけ離れた相手を紹介されたり、結婚に対する価値観の押し付け、レスポンスの悪さなど、様々な弊害が発生します。
結婚相談所の中には、仲介人の交代を異議申し立て可能なところもありますので、事前に確認しておくことが大切です。

自分のペースで婚活がしづらい

年中通して多くの会員が登録しているデータマッチング型とは異なり、仲介型の結婚相談所は、時期によって紹介人数が上下することもあります。
つまり、「いつまでに結婚したい」という目標を持っていたとしても、状況によっては自分のペースで婚活がしづらくなる時期も出てきます。

その結果、ズルズルと婚活期間が長期に渡ってしまい、ただ月額費用を支払っているだけで、結婚が遠退いていく… なんてことも起きる可能性があります。

こんな人は仲介型が向いている!


結婚相談所にはいくつかの種類がありますが、仲介型は手堅いサポートを受けたい人や理想の結婚相手を上手に思い描けていない人などに向いています。
また自分から積極的に行動できない口下手で内面的な人、自分の容姿や性格などの条件的にあまりモテない人にもおすすめです。

つまりこれらの全て逆に当てはまる人は、仲介型よりもデータマッチング型やハイブリッド型の結婚相談所を利用した方が良いかもしれません。
それでは具体的に、仲介型の結婚相談所に向いている人について詳しく解説していきましょう。

料金は高くてもしっかりサポートがほしい人

仲介型の結婚相談所というのは、専任のコンシェルジュが婚活をサポートしてくれるため、その分料金が割高になります。
コンシェルジュという人件費がかかるのですから当然のことです。
しかし婚活にとってコンシェルジュによるサポートは非常に重要であり、大切な相談相手でもあります。
このことから、料金が高くてもしっかりとサポートがほしい人に、仲介型の結婚相談所が向いています。

理想の結婚相手を上手く思い描けていない人

「結婚したいけど理想の結婚相手がわからない」という人に、仲介型の結婚相談所が向いています。
人生を共にする結婚相手ですので、簡単に理想像をはっきりさせることは難しいものです。
しかし仲介型の結婚相談所では、婚活のプロであるコンシェルジュが付きますので、カウンセリングによって理想の結婚相手を導き出してくれます。

口下手で内向的な人

交際や結婚をするためには、そのきっかけとなるアプローチが必要であるため、口下手で内向的な人が自分自身で行動しても、上手く行かない可能性があります。
しかし仲介型の結婚相談所では、会員に代わってコンシェルジュが相手との交際やお見合いをサポートしてくれるため、口下手で内向的な人におすすめです。

自分の条件的にモテない人

自分の容姿や性格などの条件的に、日常生活の中であまりモテない人にとって、仲介型の結婚相談所は向いています。
結婚相談所に入会している人は多種多彩であるため、日常生活でモテていなくても、理想の相手と出会える可能性は十分にあります。

しかもコンシェルジュのサポートにより、最大限自分の良さを引き出してくれますので、結婚相手が見つけやすくなります。

仲介型が向いていない人の特徴は?


仲介型の結婚相談所は、コンシェルジュと二人三脚で婚活を進めていくことから、料金が多少割高となっているため、向いていない人もいます。
向いていない人が仲介型を利用してしまうと、場合によっては「こんなハズじゃなかった」と後悔する可能性もありますのでご注意ください。

それでは具体的に、仲介型が向いていない人の特長を解説していきます。

自分のペースで婚活をしたい人

仲介型の結婚相談所は、コンシェルジュと二人三脚で行動しますので、自分のペースで婚活をしたい人には向いていません。
確かにコンシェルジュの存在は、婚活を有利に進めることができますが、そのためにはある程度アドバイス通りに行動する必要があります。
人に指図されるのが嫌で、自分のペースで婚活をしたい人は、データマッチング型の結婚相談所がおすすめです。

料金は抑えたい人

いくつかある結婚相談所の種類の中で、最も割高なのが仲介型です。
コンシェルジュの手堅いサポートを受けられる分、人件費が発生しますので、どうしても料金が高くなってしまうのは仕方ありません。
ですので、少しでも料金を抑えたい人は、仲介型の結婚相談所には向いていないかもしれません。

まとめ


今回は、仲介型の結婚相談所の特徴と、メリット・デメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
仲介型とは、コンシェルジュやアドバイザーなどと呼ばれる仲介人からのサポートを受けて婚活していく結婚相談所で、その分データマッチング型と比べて多少割高となっています。

しかしコンシェルジュは、親身になってサポートしてくれますし、自分の理想の人と出会いやすく、相手に聞きづらい質問も聞いてもらえるなど様々なメリットがあります。
またデータではわからない相手の特徴を基に紹介してくれますので、データマッチング型よりも成婚率が高いのが特長です。
逆に自分のペースで婚活をしたい人や、少しでも料金を抑えたい人には不向きかもしれませんのでご注意ください。