Blog

結婚相談所の選び方や失敗しないためのポイントについて紹介

結婚相談所はたくさんあるため、その中からどれを選ぶと良いのか悩む人は多いです。
選び方を誤れば思うように婚活を進められず後悔します。
しかし、どんな点を意識して選べば良いかわからない人はたくさんいるはずです。そこで、この記事では選び方に焦点をあてて紹介します。
この記事を読むことで、あなたは自分に適したサービスを選び、素敵な相手と出会う可能性を高められるでしょう。
自分の予算や条件などに適した選び方ができるようになるため満足できるでしょう。
この記事を読んで相談所を選ぶ際の参考にしてください。そうすれば後悔しない選択ができるはずです。

結婚相談所選びの前に知っておきたい情報


サービスを選定するためにあらかじめ知っておくべき情報を解説します。

結婚相談所のサービスは大きく2タイプ

結婚相談所の2タイプについて簡単に解説していきます。

仲介型

仲介型はカウンセラーやアドバイザーと呼ばれるスタッフが対応する形態です。最初にカウンセリングを受けて結婚相手にも求める要素や要望などを伝えます。その後は、カウンセラーが最適な相手を紹介してくれたり、婚活のアドバイスをしてくれたりするのです。

データマッチング型

データマッチング型は、コンピュータが自動的に最適な相手を選んでくれる形態です。あなたの条件に基づいて、コンピュータが最適な相手を選び出します。コンピュータの力を借りて効率よく結婚相手を探せるのが魅力です。

大手と中小結婚相談所の違いについて

大手と中小の業者で違いがあります。

多くの人はまず大手サービスの利用を検討するでしょう。メディアで取り上げられていて、知名度の高いサービスが多いからです。大手を利用する人の中には婚活で悩んでいる人だけではなく、なんとなく興味本位で登録を考えている人もいます。そのため、大手にはさまざまなタイプの人が集まりやすく、その中には異性にモテてきた人も多く含まれているのです。恋愛に慣れている人がたくさんいて、希望を高く設定している人もいます。そのような人達と争って勝ち抜いていく必要があるのです。

a結婚相談所はたくさんあるため、その中からどれを選ぶと良いのか悩む人は多いです。
選び方を誤れば思うように婚活を進められず後悔します。
しかし、どんな点を意識して選べば良いかわからない人はたくさんいるはずです。そこで、この記事では選び方に焦点をあてて紹介します。
この記事を読むことで、あなたは自分に適したサービスを選び、素敵な相手と出会う可能性を高められるでしょう。
自分の予算や条件などに適した選び方ができるようになるため満足できるでしょう。
この記事を読んで相談所を選ぶ際の参考にしてください。そうすれば後悔しない選択ができるはずです。

結婚相談所の賢い選び方について


次に、サービスの賢い選び方をみていきましょう。

まずは結婚相談所の種類を把握

それぞれの種類について、特徴や違いを把握しましょう。サービスの形態で分けると仲介型とデータマッチング型があります。業者の規模で分ける場合は、大手と中小の違いも重要です。それぞれ会員の傾向やサポートなどが違います。目的に合わせて自分に適したものを選びましょう。

会員数の多い所を選ぼう

できる限り会員数の多いサービスを選びましょう。会員数が多ければ、その分だけ出会いの幅が広がり、自分の希望通りの相手を見つけやすくなります。どんなにきめ細かなサービスでも、肝心の会員の数が少ないと意味がありません。

希望の条件からサービスを絞り込む

結婚相手に望む条件には年齢や収入、学歴といったものがあります。自分がどのような条件を特に重視するのかをよく考えましょう。そして、その条件を満たす会員がたくさんいるサービスを見つけます。たとえば、高年収の人を対象としたサービスからシニア向けのサービスまでさまざまです。その中から条件を基にして絞り込みましょう。

婚活に費やす時間を計算しておく

あらかじめこれから婚活に使える時間を計算しておくことは大切です。その際には、カウンセリングを受ける時間やデートをする時間なども考慮しましょう。月に婚活に使える時間をあらかじめ見積もることで、月に何人の人とデートができるか、月に何回カウンセリングを受けられるかがわかります。そうすれば、より自分に向いているサービスを探しやすくなるのです。

値段・サービスを比較する

値段やサービスを比較してみましょう。予算が限られているならば、値段を気にすることは重要です。また、サービス内容が自分の望む要素を満たしていることも意識しましょう。

結婚相談所の各種サービスの特等や利点について


結婚相談所の各種サービスについて特徴や利点などをまとめました。

仲介型の特徴

担当者がいて徹底したサポートを受けられるのが特徴です。ヒアリングをして希望や悩みなどを聞き出し、ふさわしい会員を見つけ出してくれます。それだけではなく、お見合いやデートのセッティングから立ち会い、さらには婚活の悩み相談にまで対応しているのです。

たとえば、デートでどのような服装をすれば良いのか、どのような話題を選べば良いのかプロからアドバイスを受けることができます。最初の出会いから結婚に至るまでしっかりとサポートを受けられるのが魅力です。そのため、自信がない人でも安心して利用できます。

仲介型にかかる費用

仲介型は充実したサポートが特徴のため、費用は高くなります。ただし、入会金や月会費はそれほど高く設定されてはおらず、お見合い料や成婚料などが高く設定されているケースが多いです。婚活を成功に導ける可能性が高いため、成功報酬をしっかりと請求します。

費用相場は下記の通りです。

メリット

メリットは下記の通りです。

  • 婚活のプロのサポートを受けられる
  • 恋愛経験の少ない人も適切なアドバイスを受けられる
  • ヒアリングをして本人の人柄を見た上で相性の良い相手を選んでくれる
  • 婚活のプロから徹底したサポートを受けられます。これまで多くの会員を成婚に導いてきたプロによるサポートにより、結婚できる可能性が高まるのがメリットです。

    たとえ、これまでの恋愛経験が少なかったとしても、適切なアドバイスを受けることができるため安心できます。身だしなみの整え方や話し方など基本的な点からフォローしてくれるからです。

    本人としっかりヒアリングをして人柄や希望などを把握した上で相性の良い人を選んでくれるのもメリットといえます。単にデータを参照するだけではなく、カウンセラーが顔を合わせて本人の性格や人柄などを確認するため、より精度の高いマッチングが可能です。

    デメリット

    デメリットは下記の通りです。

  • 担当者の技量や経験によって差が生じる
  • 定期的に担当者とコミュニケーションを取る必要がある
  • 費用が高くなりやすい
  • 担当するスタッフの力量によってサービスの質に大きな差が生じます。それぞれの担当者ごとにこれまでの経験や技量などは異なっているからです。そのため、場合によっては頼りにならない担当者のせいで失敗するケースもあります。ただし、後で変更できるところも多いです。

    また、定期的に面談することを前提としています。きめ細かなサポートを受けるためには、担当者と密にコミュニケーションを取る必要があるのです。そのため、仕事などで忙しくてなかなか担当者と話ができない場合はメリットを活かすことができません。

    充実したサポートが魅力なのですが、そのために費用が高くなりやすいのがデメリットです。

    仲介型が向いているのはどんな人?

    下記のような人に適しています。

  • 異性に慣れていない
  • きめ細かなサポートを受けたい
  • 定期的に面談をすることができる
  • 予算に余裕がある
  • それぞれの人柄などを把握してよりふさわしい会員を紹介してくれます。恋愛経験の少ない人へのサポートもしっかりと行ってくれるでしょう。定期的に面談を受ける必要があるため、その点は注意してください。結婚相談所を利用するための予算に余裕がある人にも向いています。

    データマッチング型の特徴

    データマッチング型はコンピュータが選んでくれるのが特徴です。登録者の多い業者がよく採用しています。

    データマッチング型にかかる費用

    下記のような費用が発生します。

    人件費がかからず、サポート内容も薄いため、費用が安くなっています。

    メリット

    下記のようなメリットがあります。

  • 効率よく多くの会員をチェックできる
  • 忙しい人でも利用しやすい
  • 気軽に始められる
  • コンピュータが次々と会員を紹介してくれるのが特徴です。カウンセリングを受けることなく、登録したデータに基づいてコンピュータが自動的にマッチングします。そのため、効率よく多くの会員をチェックすることができ、その中から気になる相手を見つけられるため、スムーズに結婚相手を探せます。

    また、基本的にオンラインのみで利用できるサービスです。カウンセラーに会いに行くために結婚相談所まで足を運ぶ必要はありません。そのため、仕事や家事などで忙しい人でも利用しやすいです。

    利用するハードルが低いのもメリットといえます。出会い系サイトと同じようなシステムであり、データを登録して画面上に表示される写真やプロフィールを参照しながら希望する相手を探してコンタクトを取るという流れです。カジュアルなサービスであり、気軽に始められるでしょう。

    デメリット

    デメリットは下記の通りです。

  • 手厚いサポートを受けられない
  • デートやお見合いを断られるケースが多い
  • 条件を絞らないとマッチングしにくい
  • このタイプでは、スタッフからのサポートを受けることができません。そのため、基本的にすべてを自分で考えて行動する必要があります。経験の薄い人や積極性に欠けている人には不向きなサービスといえるのです。

    気になる会員を見つけてアプローチしてもデートやお見合いを断られるケースはよくあります。気軽にいろいろな会員にアプローチができるのが利点ですが、相手も多くの会員からアプローチを受けているのです。そのため、気になる相手以外からの誘いは簡単に断ります。

    条件を絞り込まないと相手を探しにくいのもデメリットです。多くの条件をつけて高望みをするとマッチングしにくいでしょう。そのため、自分である程度条件を絞る必要があります。

    データマッチング型が向いているのはどんな人?

    下記のような人に適しています。

  • 忙しい人
  • 費用を抑えたい人
  • 積極性があり具体的な希望条件が定まっている人
  • こちらは忙しい人に向いています。オンライン上でデータの登録をすればすぐに相手を紹介してもらえるからです。また、費用を抑えたい人にもおすすめします。仲介型と比較すれば費用は安いからです。積極性があり、具体的な希望条件が明確に定まっている人にも適しています。希望条件に合った会員にアプローチをして気軽にデートへ誘えるような人であれば便利なサービスです。

    仲介型・データマッチング型で値段比較はできる?


    仲介型とデータマッチング型はそれぞれ料金相場が異なっています。サポート内容が異なっているからです。仲介型は担当するスタッフがいて、定期的に面談を行い、最適なアドバイスをしてくれます。他にも、婚活を上手く進めるためのさまざまな手厚いフォローを提供するのが特徴です。このようなサービスを実行するためには人件費がかかるため、仲介型は費用が高く設定されています。

    データマッチング型の場合は最低限のサービスのみが用意されています。そのため、人件費はあまりかからず、料金も安いです。ただし、最低限のサポートのみのため、その点は気をつけましょう。

    仲介型・データマッチング型ではサポート内容が異なる

    仲介型とデータマッチング型はサポート内容が異なっているため料金相場が違います。自分がどのようなサポートを受けたいのかよく考えてみて、目的に合ったサービスを選んでください。

    自分に合った結婚相談所の選び方


    自分に適したサービスの選び方を解説しましょう。

    仕事帰りに寄れる立地

    定期的に面談する必要があり、平日に面談をしたいのであれば仕事を終えてからになります。そのため、仕事帰りに立ち寄りやすい場所に立地していることが大切です。たとえば、普段利用している駅の近くで営業している相談所であれば通いやすいでしょう。遠方でアクセスの悪い場所にある相談所を選んでしまうと通うのが大変であり大きな負担がかかります。

    カウンセラーの人柄や相談所内の雰囲気を見よう

    相談所を選ぶ際にはカウンセラーの人柄や相談所の中の雰囲気についてチェックしましょう。カウンセラーが誠実で話しやすい人柄をしているのであれば、これからも気持ち良く利用することができます。また、相談所内の雰囲気も大切であり、和やかな雰囲気の相談所であれば緊張せずに利用できるでしょう。実際に結婚相談所へ足を運んで、細かな点までチェックしてください。

    仲介型を選ぶポイント

    下記のポイントを意識しましょう。

  • 毎月紹介を受けられる人数
  • お見合いの申込みが可能な人数
  • お見合い料金が料金プランに含まれているかどうか
  • 婚活サポートの内容
  • 実際に会うときのスタイル
  • 仲介型は毎月カウンセラーから直に紹介を受けることができます。ただし、料金プラン内で紹介できる人数やお見合いできる人数に制限があることが多いです。人数の上限に注目しましょう。

    また、お見合い料金が料金プランに含まれているかどうかも確認してください。結婚相談所によっては、お見合い料金が別途請求される場合もあるからです。

    婚活サポートの中身にも注目してください。仲介型でも最低限の対応しかしない場合もあります。

    実際に希望する会員と出会う際のスタイルの違いにも注意しましょう。主にデート形式とお見合い形式があります。

    データマッチング型を選ぶポイント

    下記のポイントに注目してください。

  • マッチングシステムの詳細
  • 毎月紹介を受けられる人数
  • 毎月コンタクト申し込みができる人数
  • 担当者同席のお見合いが可能かどうか
  • データマッチング型の相談所では、それぞれ異なるマッチングシステムを採用しています。そのため、どのようなシステムを用意しているのかあらかじめ確認しましょう。たとえば、どのようにして相手候補が絞り込まれるのかチェックすることは大切です。

    また、毎月紹介を受けられる人数やコンタクト申し込みができる人数を確認してください。これらはできるだけ多くの人数に対応している方がお得です。お見合いでスタッフの同席できるかどうかもチェックしましょう。相談所によっては同席はなしで自分たちで二人きりで会わなければいけないケースもあります。

    結婚相談所選びの注意点について


    これから結婚相談所を選ぶ際の注意点について紹介しましょう。

    成婚率を決め手にしない

    多くの結婚相談所は成婚率をアピールしているのですが、その数字のみを鵜呑みにしてはいけません。成婚率はそれぞれの結婚相談所ごとに算出方法が異なるからです。同じ計算方法の数字を比較しないと意味がありません。成婚の定義もそれぞれの相談所ごとに違うのです。

    たとえば、成婚の定義には主に下記のパターンがあります。

  • 結婚を前提として付き合う
  • 結婚を決めて婚活を終了する
  • 婚約する
  • 計算方法についてもバラバラです。成婚率はあまり意味のない数字と考えましょう。成婚率が一見低く見えても、それで劣っているとは限りません。

    入会金0円/月会費0円には注意!

    入会金や月会費を0円に設定している相談所には注意しましょう。相談所は営利的に運営されていて、どこかで利益を確保する必要があります。入会金や月会費が0円ということは、別の部分で多くの費用を請求される可能性があるのです。たとえば、お見合いが成立するごとに料金を請求する相談所もあります。

    料金プランの説明は十分にされているか

    料金プランのきちんとした説明を求めましょう。トータルでどのくらいの料金がかかるのか把握しやすい料金システムであれば安心です。料金プランが不明瞭なサービスは詳しい説明を求めるべきであり、きちんと説明してくれない場合は避けた方が良いでしょう。

    ホームページに料金の記載がないところは怪しい

    ホームページに十分な説明や記載のないところは怪しいです。特に料金システムについて詳しい言及がない場合は気をつけましょう。具体的な数字や条件の記載がない相談所は利用しない方が良いです。

    結婚相談所を安く利用する技


    これからお得にサービスを利用する方法について紹介します。

    20代なら割引プランを活用

    20代限定の割引プランを用意しているところは多いです。20代はまだまだ収入が高くなく、あまり予算的に余裕のない人はたくさんいます。そのような人のための割引プランをがあれば、安い費用で利用できるでしょう。

    地域限定割引を活用

    あまり所得の高くない地域や会員数の少ない地域については、多くの会員を集めるために地域限定の割引プランが用意されていることがあります。お住まいの地域限定の割引プランを用意しているところがないか探してみましょう。

    結婚相談所選びは無料体験を活用しよう

    体験サービスを利用することで、その結婚相談所の雰囲気やスタッフの態度、サービスの充実さなどを確認できるのです。そうすれば参考になる情報を得られます。

    ただし、体験内容にはそれぞれ差があるため注意しましょう。診断テストやコンサルティング、会員のプロフィール紹介など充実した内容であれば利用価値があります。

    まとめ

    たくさんの結婚相談所があるため、その中からどのサービスを利用するのか選ぶのは大変なことです。それぞれの種類の違いや費用、サービス内容などを総合的に考慮して選びましょう。この記事の内容を参考にして自分に適した結婚相談所を選べば、素敵な結婚相手を見つけられます。

    一方、中小の業者には、大手で失敗した人が集まりやすい傾向にあります。大手では思うように婚活を進めることができず、中小のサービスに乗り換えるのです。中小は地域に密着したサービスを展開しているのが特徴であり、地域によっては大手と遜色のない会員が在籍している場合もあります。また、中小に登録している人は大手と比較すると落ち着いた人が多く、真剣に結婚を考えていて現実的な条件を希望している人がたくさんいるのが特徴です。

    このように大手と中小では登録している会員の傾向に違いがあります。