Blog

結婚相談所の成婚率ってどのくらい?結婚できる確率などを解説

結婚相談所を利用する際、「成婚率」という言葉を見たり聞いたりすることがあるかと思います。成婚率とは「結婚相談所を利用している人が結婚に至った割合」ではありますが、実は結婚相談所によって定義は異なり、その算出方法もさまざまあります。

そのため、「成婚率が高いから良さそうだ」と、単純に成婚率だけに注目して結婚相談所を決めてしまうのは得策ではありません。

そこで今回は、結婚相談所の成婚率とは何なのかを詳しく解説し、どのようにして結婚相談所を選んだらいいのか?どんな人が結婚相談所を利用して成功しているのか?などをまとめてみました。

結婚相談所を利用したいけど成婚率の意味が気になる方、結婚相談所を選ぶ際のポイントを知りたい方などの参考にしてみてください。

成婚率とは?

成婚率とは、漢字では「結婚へ成り立つ率」をイメージをするかと思いますが、決して「結婚成立」というわけではありません。各結婚相談所によって成婚率の定義は異なりますし、算出方法もさまざまであり、また成婚率と結婚率は全く異なるものだとも知っておく必要があります。

成婚の定義は?成婚=結婚じゃない!

成婚率の定義は結婚相談所によって異なり、成婚したからと言って必ずしも結婚に至るわけではありません。例えばお互いに結婚を前提とした真剣交際をスタートした時、プロポーズでOKをもらった時などを成婚と定義するケースがあります。

主な成婚の定義としまして、

・婚約、またはプロポーズが成功した時
・結婚を前提としたお付き合いを開始した時
・結婚の意思を固めて婚活終了した時
・1年以上の真剣交際を継続している時
・同棲を開始した時
・宿泊を伴う旅行へ行った時

などが挙げられます。

このことから、成婚率が高いからと言って「成婚=結婚」じゃないことを頭に入れつつ、結婚相談所を利用することが大切です。

成婚率の算出方法もさまざま

成婚率の算出方法はさまざまあり、結婚相談所同士で決められた数式やルールがあるわけではありません。つまり、成婚率と同じで、結婚相談所によって算出方法も異なります。

例えば「(成婚の定義を満たして退会した人数)÷(在籍会員数)」、もしくは「(全退会者数)÷(成婚の定義を満たして退会した人数」などです。このように、結婚相談所により成婚率の算出方法は異なるため、成婚率だけを比較して、利用する結婚相談所を決めるのは得策ではありません。

しかし、1つの指標とはなるので、成婚率を意識して結婚相談所を探している方は「成婚率」の定義を聞いてみましょう。

成婚率と結婚率の違いは?

成婚率と結婚率の違いは、簡単に言いますと、前者は結婚へ近付いた段階のことで、後者はその名の通り、実際に結婚に至った割合を指します。つまり高い成婚率を売りにしている結婚相談所であっても、必ずしも結婚に至る確率が高いというわけではありません。

実際のところ、結婚相談所の結婚率は20%程度だと言われています。
あくまでも成婚率とは、将来のパートナーとなりえる人と前進する可能性のことを示し、実際に結婚に至った割合ではありませんのでご注意ください。

結婚相談所の成婚率は高いの?

経済産業省の委託調査によりますと、結婚相談所の成婚率は男性で8.4%、女性は10.1%という調査結果が出ています。
全体的に平均9%前後という数字が高いのか、それとも低いのかは個々の結婚相談所に対する考え方によって異なるかと思いますが、正直なところ決して高いとは言えません。

先述した通り「成婚率の算出方法はさまざま」であるため、経済産業省発表の数字と結婚相談所が公表している数値に違いが生じます。実際に大手結婚相談所の成婚率を確認してみますと、20%台が多く、中には50%や90%と公表している結婚相談所もあります。

過半数の大手結婚相談所は成婚率を非公開としていますが、それでも20%を切ることは無いと考えます。
※2018年リクルートブライダル総研調べ20.7%

「だったら少しでも成婚率が高い結婚相談所を利用したい」と考えるかもしれませんが、そこには落とし穴があります。

成婚率だけを参考にするのは危険

在籍会員数は結婚相談所によって異なるため、ただ成婚率だけを参考にして選ぶには非常に危険です。成婚率が同じ20%であったとしても、極端な話ですが、在籍会員数が100名のところと10,000名のところでは、出会える可能性は全然違います。

在籍会員数が多ければ多いほど、それだけ出会えるチャンスが多くなり、また自分の条件にぴったり合う理想的なパートナーとも出会いやすくなります。さらにサービス内容やサポート体制、もちろん料金にも大きな違いがありますので、成婚率だけを参考にして結婚相談所を選ぶのはやめましょう。

結婚相談所を選ぶ際のポイント

結婚相談所を選ぶポイントは、プランや会員数、サービス内容、料金、そして成婚者数などがきちんと明記されていることと、それらを比較することです。残念ながら結婚相談所の中には、業界のルールや法律を守らなかったり、法外な料金を請求してくる悪質な結婚相談所も存在します。

そんな悪質な結婚相談所を利用しないのが絶対条件であり、信頼できる大手結婚相談所の中から、下記のポイントの確認、比較をしましょう。

目的に合ったプランや会員数

結婚相談所のホームページには、様々なプラン内容やどれほどの会員が入会しているのかが明記されています。
プランが充実していれば、それだけ自分の理想とするパートナーと出会える可能性が広がりますし、同じプランに入会している者同士との出会いは、相性や条件も一致しやすくなります。

そして会員数にも注目してみてください。

中小の結婚相談所の場合は5,000人前後、全国展開する大手結婚相談所の中には50,000人を超えるところもあります。基本的には会員数の多い結婚相談所を選ぶことをおすすめしますが、男女比率にも違いがありますのでご注意ください。

また会員数が多ければ多いほど出会いやすくなるのは当然ですが、それが成婚に繋がるとは限りません。重要なのは「量と質」であり、コンシェルジュから「これだけ多くの会員がいるので確実に出会えますよ」と言われても、質の低い、つまり結婚意欲の少ない会員ばかりでは意味が無いのです。

自分に合ったプランがあるか、そして会員数と質を見極めて、結婚相談所を選ぶようにしましょう。

サービス内容や料金が明記されているかどうか

結婚相談所によってサービス内容や料金に多少なりとも違いがありますので、入会する前にホームページでチェックすることが大切です。結婚相談所の中には適当なサービス内容で法外な料金を請求してくるとこともあり、結局出会えないまま泣き寝入りするしか無くなります。

サービス内容と料金がホームページに明記されていない結婚相談所は利用するべきではありません。

料金には「入会金」「初期費用」「月会費」などの基本的なものと、「お見合い料」「成婚料」が必要な結婚相談所もありますのでご注意ください。
またコンシェルジュによるサポートやアドバイスなどのサービスが充実している「仲介型結婚相談所」と、システムを使ってパートナーを探す「データマッチング型結婚相談所」があります。

仲介型はサービス内容が濃く、成婚に繋がりやすい特徴がありますが、その分総合的な料金は高くなります。逆にデータマッチング型は、ある程度自分自身でアクションをする必要がありますが、お見合い料や成婚料が無料(一部有料オプション)のため、安く婚活できるメリットがあります。

これを踏まえて、サービス内容や料金の比較をすることが大切です。

成婚者数を見よう

結婚相談所のホームページには、成婚者数や成婚率が明記されていますので、どれだけの人が成婚しているのかを確認しましょう。

先述した通り、成婚率というのは各結婚相談所によって定義や算出方法が異なりますので、累計会員数と成婚者数に注目してみてください。成婚者数が多い結婚相談所を利用したいと考えるのは当然ですが、累計会員数が圧倒的に多いのに、成婚者数が他の結婚相談所と大差が無い場合には注意が必要です。

逆に累計会員数が並ほどでも、成婚者数の割合が多いのであれば、結婚に対する意欲の強い会員が多い証拠です。ただしあくまでも結婚相談所側が独自に公表している数字ですので、目安程度に成婚者数を比較すると良いでしょう。

結婚相談所を利用して成功している人の特徴

結婚相談所を利用しても、確実に成婚を達成できるわけではなく、成功している人には3つの特徴があります。それが「積極的な行動」「明確な目標やプランの設計」「相手を理解する努力」です。

つまり失敗を繰り返している人は、この成功している人とは逆の行動をしているからです。結婚相談所を利用して成功をしている人の特徴を頭に入れておくことで、きっと素敵な成婚を実現することができるはずです。それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

積極的の行動していた

結婚相談所を利用する、特に男性に言えることですが、女性の多くは受け身の姿勢ですので、男性が積極的に行動する必要があります。積極的に行動することでフラれたり、相手にされなかったりして、精神的に傷ついてしまうこともあるでしょう。

しかし結婚相談所にはたくさんのライバルがいます。いつまでも男性が受け身の状態では、それらライバルに先を越されて、成婚のチャンスを逃してしまいます。つまり女性に対して「自分は他とは違う」という他の男性との差別化を印象付けることが大切なのです。

そのためにも「直接会って好意を伝える」「連絡はマメにする」「男らしくデートに誘う」という積極的な行動が必要です。多くの女性は、自分を引っ張ってくれる積極的で堂々とした男性を好みます。

明確な目標やプランを設計していた

何事にも明確な目標やプランを設計することで成功への近道となるものですが、これは結婚相談所にも同様のことが言えます。婚活で最も大切なのが「いつまでに成婚したいか」という期間です。

期間を設定することで、ゴールを現実的に見えるようになり、それをイメージしやすくなるからです。ゴールが見えなければ、いつまでも婚活が終わらず、結局何も進展の無いまま結婚相談所を後にしてしまうことになります。

そして「どんな人と成婚したいか」「月に何回お見合いをするのか」も重要であり、結婚相談所へ入会する前に、きちんと整理しておきましょう。これら3つの目標やプランを明確にし、さらに婚活そのものを楽しむことで、成功する確率がグンッと上がること間違いありません。

相手のことを理解しようと努力した

婚活も恋愛も同じですが、相手のことを理解しなければ、いつまで経っても成婚できませんし、恋愛も続けることはできません。相手のことを理解しようと努力した人が、結婚相談所で成功を手にしているのです。

大切なのは「独りよがりにならず、相手に依存し過ぎず、お互いに成長していく関係を築くこと」です。そのためには、相手の性格を心から受け入れ、相手がどんなことを考えているのかをイメージし、相手にとって何が幸せなのかを理解し考えることです。

結婚相談所で失敗する人の多くは、相手にだけ求めがちな傾向にあります。相手に与えられる自分に生まれ変わろうと努力することで、自然と相手のことを理解しようと考えるようになるはずです。恋愛も結婚も人対人なのですから、自分の気持ちだけを前面に出すのではなく、相手の気持ちもしっかりと受け入れてあげるようにしましょう。

まとめ

今回は、結婚相談所の成婚率とは何なのか?結婚率とは違うのか?その他結婚相談所の成婚率は高いのか低いのか、結婚相談所の選び方や成婚に成功している人の特徴などを詳しくご紹介させていただきました。

成婚率とは結婚へ近付いた段階のことで、正式に結婚することになった結婚率とは異なり、各結婚相談所によって成婚率の算出方法に違いがあります。このことから、成婚率だけに注目して結婚相談所を選ぶのではなく、目的に合ったプランや会員数、サービス内容や料金なども必ず比較しましょう。

また結婚相談所を利用したからと言って、誰もが確実に成婚できるわけではなく、成功している人には様々な共通の特徴があります。結婚相談所を利用した際には、積極的に行動し、明確な目標やプランを設計、そして相手のことを理解しようと努力することが大切です。

普通に恋愛して結婚するのも楽しいですが、少しでも早く、また理想の相手と結婚したいと考えているのでしたら、是非とも結婚相談所を利用してみてください。