Blog

結婚相談所の費用を解説。料金相場などをご紹介

これから結婚相談所を利用したいと考えている方は、どのくらいの費用がかかるのかが気になるものです。
さまざまな業者があり、だいたいの相場を理解しておかないと損をするかもしれません。実際に登録するサービスを選定する際には相場や目安を知っておきたいものです。また、実際にサービスを選ぶ際のポイントも知っておくと良いでしょう。

そこで、この記事では結婚相談所を活用するのに発生するコストについて説明します。請求される料金の内訳から相場、選定する際のポイントまで紹介しましょう。これから業者を選ぶ際にとても役立つ内容になっています。

それでは相談所の費用について詳しくみていきましょう。

結婚相談所にかかる費用は?相場も合わせて紹介

結婚相談所には、データマッチング型と仲人型の2種類があり、各結婚相談所の形態によって金額は大きく変わってきます。安ければ良いというものでもなく、あくまで結婚相談所いかかる費用は目安として考えるのが良いでしょう。

初期費用

業者に登録する際には最初に5万円~30万円程度のコストがかかります。業者によってかなりの幅があります。サービスに登録して、システムの利用を開始するまでの手数料のようなものと考えましょう。

月会費

月会費は約1万円から3万円程度が目安となっています。月会費はサービスの利用の有無にかかわらず発生するものです。会員としての資格を維持するために必要なランニングコストであると考えてください。

お見合い料金

業者の中には異性を紹介してもらいお見合いができるサービスを提供するところが多いです。毎回お見合いをするごとに料金が発生し、相場は5千円~1万円程度となっています。また、お見合い料金については男性と女性でそれぞれ料金が異なっていることもあるため要注意です。

成婚料

素敵な異性と出会い結ばれることができれば、成婚となり退会します。その際に成婚料が発生するケースは多いです。成功報酬のようなものであり、相場は5万円~30万円となっています。

成婚については業者ごとに定義が違うものです。両親に挨拶をしたとき、プロポーズされたとき、同棲を始めたときなどさまざまな定義があります。

中には成婚料0円のサービスもあるのですが、成婚料0円だからといって、必ずしもお得とは限りません。その他のサービスの料金が高いケースもあるからです。他の料金やサービス内容などを考慮して選びましょう。

その他オプション料

さまざまなオプションを用意している業者があります。それらオプション料金について説明しましょう。

会員限定パーティー

会員限定のパーティーや婚活イベントなどを開催している業者があります。それに参加するための費用がオプション料として発生することがあり、参加費用は5,000円程度が相場です。ただし、回数限定で参加無料のサービスを提供していることもあります。

会員限定パーティーに参加すると大きな会場に会員の男女が集まり、さまざまな出会いのチャンスがあるのです。年収や職業などを限定していることもあり、その場合はハイクラスな会員と出会えるでしょう。

セミナー参加費

婚活に関連したセミナーを開催している場合があり、それに参加するための費用としてセミナー参加費がかかります。たとえば、ファッションやメイクなどについてのセミナーが多いです。他にもコミュニケーションスキルに関するセミナーもあり、参加すれば婚活を成功に導くためのスキルや知識を身につけられるでしょう。セミナー参加費はそれぞれ異なっていて、5,000円~1万円程度のものが多いです。

カウンセリング料

婚活に関する悩みや不安を相談するためのカウンセリングを実施している業者が多いです。コンシェルジュなど婚活の専門家と相談することができ、この場合の料金相場は5千円~1万円となっています。ただし、無料で対応しているケースも少なくありません。しかし、無料の場合はあまり専門的知識のないスタッフに対応されることもあります。より専門的な意見を求めるのであれば、有料のサービスの方が満足できる可能性は高いです。

半年間利用した際の料金イメージ

相場を考慮した上で6ヶ月の利用でかかるコストの目安は下記の通りです。

・初期費用30万円
・月会費3万円(月3万円を6ヶ月)
・成婚料30万円
合計78万円

もちろん、実際にはオプションを利用することがあり、さらにコストがかかるケースがあります。詳しい料金については見積もりをもらうことで正確に把握できるでしょう。

結婚相談所の料金やサービスを比較するポイントについて

成婚までのプランが見えるか

これから婚活をして成婚するまでの具体的なプランが見えているかどうかは大切です。婚活のスケジュールについて具体的に考えておくことで、あなたに合った結婚相談所を見つけやすくなります。

たとえば、短期間だけ利用したい人と長期間の利用を想定している人とでは、適した結婚相談所は異なります。そこで、自分の婚活のプランやスケジュール、スタイルについて具体的に考えておいた方が良いのです。

どのようにして婚活を進めるつもりなのか、細かく計画を立てることをおすすめします。お見合いを積極的に行いたいか、婚活パーティーなどのイベントで出会いたいのか、検索システムで地道に相手を見つけたいのかなど希望のスタイルについて考えておきましょう。採用するスタイルによって、あなたに適したサービスは変わってくるのです。

成婚までの総額を比較

成婚に至るまでに必要な総額をチェックしましょう。初期費用や月会費のみに注目するのではなく、成婚料も話ずれずに確認しておくと良いです。それぞれの希望や計画を踏まえた上で、成婚に至るまでの総額を計算しておきましょう。それぞれの総額の計算してみることで、その内容を比較してあなたにとってお得な相談所を見つけることができます。

結婚相談所の成婚の定義を把握しておこう

それぞれのサービスごとに成婚の定義が異なっているため注意しておきましょう。何を持って成婚となるのかきちんと把握しておかないと後でトラブルになる可能性があります。結婚をする前の段階で成婚とみなされて退会しなければいけないケースもあるのです。それでは、せっかく成婚できたけれども結局結婚できなかったというケースも出てきます。無駄に成婚料を支払うことになるため、そのようなケースは避けたいものです。

成婚の定義としては下記のようなものがあります。
・結婚の意志が固まる
・プロポーズされた/した
・両親に挨拶をした
・同棲を始めた
・二人で泊りがけの旅行をした
・婚前交渉をした
・交際を始めた

たとえば、交際を始めただけで成婚とみなされてしまうと、その後に別れる可能性も出てくるのです。どの条件で成婚とみなされてしまい成婚料を支払うことになるのか事前に詳しく確認しておきましょう。

休会制度はあるか?

万が一のときのために休会制度を用意しているかどうか確認しましょう。たとえば、仕事で忙しくなった、病気になった、婚活に疲れてしまったなどの理由によって婚活を中止したいときに活用できるのが休会制度です。そんなときに休会制度を活用すると月会費を支払わなくても良くなることがあるのです。活動していないのに無駄に費用を支払うことになるのはもったいないでしょう。それを避けるためにも休会制度が用意されていると安心できます。

ただし、すべての結婚相談所で休会制度が用意されているわけではないため注意してください。また、休会制度があったとしても、利用できる条件や休会できる期間などに違いがあります。これらについて細かく調べておくことが大切です。

たとえば、一度しか休会できない、休会できる期間は3ヶ月のみ、月会費の日割り計算はできないなどの条件があります。特に日割り計算には注意しましょう。区切りの良いタイミングで休会しないと余計に請求されることがあるのです。

また、休会制度がないからといって、その業者が信用できないわけではありません。休会制度の有無だけで判断するべきではないでしょう。

返金制度はあるか?

返金制度を用意している結婚相談所があるためチェックしておきましょう。「成婚できなかった」「思っていたのと違うサービスだった」といったケースで返金される制度です。

返金制度を実施している結婚相談所はそれほど多くありません。それでも返金制度があれば、万が一相談所のサービスに満足できなかったとしてもお金を返してもらえるため安心できます。

ただし、返金制度には返金されるための条件が細かく規定されているため注意しましょう。誰でも簡単に返金を受けられるわけではなく、厳しい条件が設定されていることもあります。また、クーリングオフの制度を返金制度として紹介しているケースもあるため注意しましょう。そもそもクーリングオフの制度は法律で決められたものであり、その業者独自の制度とはいえないです。

返金制度の有無だけで業者を選定するのはやめましょう。自社のサービスに自信を持っているために返金制度を用意していない場合もあるからです。

追加で発生する料金はないか?

あらかじめどんなコストが発生するか細かく調べておくことが大切です。最初に提示された料金以外にもいろいろな名目でコストがかかることがあります。たとえば、特定の機能やサービスを利用するために追加請求を受ける場合があるのです。検索システムの利用が通常サービスに含まれないこともあります。

一見すると料金が安く設定されていても、入会したあとで後悔するケースがあります。登録してから退会するまでに発生するコストをすべて計算することが重要です。事前に見積もりをもらったとしても、そこにすべてのコストが反映されているとは限りません。

そのため、自分で細かく調べて、オプションのコストも含めた上で概算することが大切です。ホームページを見ても条件がわかりにくい場合もあります。不明点については積極的に問い合わせをして確認を取りましょう。

まとめ


結婚相談所の利用にかかる費用について解説しました。結婚相談所は上述しているように費用にかなり開きがあります。

しかし、安いところはそれなりのサービスしか提供してくれないことが多く、自分で婚活をできる方であれば問題はありませんが、結局入会しても何もサポートしてもらえず、退会して別の結婚相談所に乗り換えるなども多くあります。

費用はあくまで目安として、手厚いサポートをしてくれる結婚相談所が基本的には成婚までの近道となります。結婚相談所によっては、入会金を無料にしてくれるキャンペーンを行なっていたり、減額してくれる結婚相談所もあります。

各種キャンペーンの状況などはカウンセリングなどの際に聞いてみることをおすすめします。自分にあった結婚相談所を見つけて成婚への近道としましょう。