News | Topics

婚活をはじめるベストなタイミングはいつから?早いほうがいいって本当?

婚活をはじめるのに最適な年齢はあるのでしょうか?
結論からいうと、婚活をはじめたいとおもった今が婚活をはじめるベストなタイミングです。

人は、どの年代でも今日が一番人生で若い日です。婚活は早ければ早いほど有利な条件で婚活できるものです。

ですから、結婚を考えた今日から婚活をはじめることをオススメします。
この記事では、婚活をはじめるタイミング、早く結婚するためのコツ、婚活でオススメの方法について紹介します。

婚活をはじめるタイミングはいつから?


婚活をはじめるのに年齢は関係あるのでしょうか。答えはNOです。
ただ、その年代ごとに婚活の状況は自ずと変わってきます。
ここでは、各年代別の婚活の状況について見ていきましょう。

20代後半

結婚をしたいと考えはじめる年代は主に20代後半からです。この年代は、第一次結婚ラッシュともいわれ、友人が結婚したり親からも結婚を勧められる年代です。

また、将来子供が欲しい場合でも、20代であれば子供を産むのに最適な年齢ですし高齢出産の前に子供をもつことができるため、この時期に婚活をはじめる人は少なくありません。
20代の婚活は、まだ心に余裕があることからじっくりと時間をかけて自分の希望の人を探していくことができるタイミングです。

30代

30代の婚活は、もっともライバルが増えるタイミングです。
せっかくいい人に出会えたと思っても、20代の人に奪われてしまったり、同じ30代の中でもバトルが繰り広げられることも少なくありません。

その理由は出産年齢です。なんとか30代前半で子供が欲しいと焦る女性は多く、どうしても相手選びに焦りが生じてきます。
30代の婚活は、待っていてもあまり良いことはありません。
積極的に自分から好きな相手を見つけ、行動を起こすようにしましょう。

40代

社会的にもある程度落ち着きがでて、責任ある仕事をまかされるようになる40代。
この年代の婚活は、独身と再婚が入り乱れるタイミングです。
20代で早めに結婚して離婚をした人と、ここまでずっと独身でいた人が混在して活動しています。

子供については、ある程度諦めムードが漂う年代なので焦りはそれほどありませんが、落ち着いた大人の結婚に向かって前向きに活動する人が多いのが特徴です。

50代以降

50代の婚活は、人生を添い遂げる相手を探すことを目的にした婚活が多いようです。
また、孤独死などの不安や老後も頭をかすめる年代のため、恋愛よりも居心地のよい関係を求める人も少なくありません。

50代は、老後の問題の他にも親の介護や子供の独立といった問題もあり、慎重に結婚を考える必要がありそうです。

婚活をはじめるタイミングは早いほうがいい理由


婚活をはじめるタイミングは早ければ早いほど有利になります。
例えば、同じ条件であればすこしでも歳が若い方が結婚相手に選ばれやすいでしょう。
ここでは、婚活を早くはじめた方が良い理由について解説します。

若ければ若いほどモテる

結婚したいと思っていても、つい仕事が忙しいなどの理由をつけて婚活を先延ばしにしている人も多いでしょう。
しかし、婚活をはじめるには1日でも早いほうが良いです。

婚活市場では、年齢が上がれば上がるほど、市場価値が下がってしまいます。
特に女性の場合、出産を控えているため余計に年齢が若い女性の方が好まれます。

残酷のように聞こえるかもしれませんが、婚活は若ければ若いほど有利だということを肝に銘じておきましょう。

婚活をはじめても出会えるのはまだ先

婚活をはじめたからといってすぐに結婚できるわけではありません。
最低でも数ヶ月、長ければ数年という期間を婚活に費やすことになります。
そのため、たとえば30歳で婚活をはじめても結婚できるのはその数年後です。

つまり、婚活は結婚から逆算していく必要があり、少しでも早く婚活をはじめる方が有利だということがわかるでしょう。

早く結婚したければ婚活のイメージを明確に!


ここまで、婚活をはじめるタイミングは早ければ早いほど良いことを説明してきました。
では、早く結婚するためにはどのようなコツがあるのでしょうか。
ここでは、早く結婚するために心得ておきたい次の3つのポイントについて解説します。

・結婚相手のイメージを決める
・希望する条件を絞る
・自分自身を客観的に見直す

それでは、それぞれ詳細にみていきましょう。

結婚相手のイメージを決める

婚活をはじめ、結婚までをスムーズに進めるには、結婚相手のイメージを明確にしておく必要があります。
なんとなく、漠然と婚活をしても理想の相手と出会う確率は非常に少ないでしょう。

「自分はこういう人と結婚したい」というハッキリしたイメージを作り、その条件に合った人に積極的に会うようにすることで、結婚までの距離がグッと縮まります。

希望する条件を絞る

前項で結婚相手のイメージを明確にした方が良いという話をしましたが、これは自分が希望する条件は何かを明確にすることに他なりません。
「年収は?」「年齢は?」「仕事は?」など自分が希望する条件を明確にすることで、婚活を効率的にすすめることが可能です。

自分自身を客観的に見直す

婚活を成功させるためには、時には自分自身を客観的に見直す必要があります。
婚活中は、相手の反応によって自分のイメージが変わります。
モテている時は、自分を過大評価しすぎていることも多く、逆にうまくいかないときは自己評価が下がってしまいます。

しかし、相手の反応に一喜一憂する必要はありません。
婚活では、本来のありのままの姿で相手と向き合うことが重要です。
そのためにも、自分自身とはどんな人間なのか?自分と客観的に向き合う必要があるでしょう。

婚活でおすすめの4つの方法


では、実際に婚活をはじめるのにはどのような方法があるのでしょうか?
ここでは、一般的によく使われる4つの方法について詳しくみていきましょう。

マッチングアプリ

婚活といって真っ先に思い浮かぶのは、マッチングアプリではないでしょうか。
最近では、マッチングアプリをきっかけにお付き合いが始まり、結婚までいくカップルも増えています。

このように婚活の代名詞であるマッチングアプリですが、結婚が目的となると不安な点も数多くあります。
というのも、マッチングアプリは婚活よりも恋活を目的とした会員が多いからです。

そのため、うまくマッチングしてお付き合いに進んでも、目的としているものが違うために、うまくいかないケースが見受けられます。
最初から婚活を目的にするのであれば、マッチングアプリは避けた方がよいかもしれません。

合コン・街コン

合コンや街コンも代表的な婚活の方法です。お酒の力を借りることができるため、意気投合すれば急接近できる可能性も高いです。
しかし、マッチングアプリ同様婚活というよりは、恋人を見つけるために開催されることが多いため、内容をチェックした上で参加するようにしましょう。

婚活パーティー

婚活パーティーは結婚相談所ほど仰々しくなく、合コンほど軽々しくもないのが特徴です。

最近では、1対1で全員と会話ができるケースが増えており、人気の人に集中することはありません。また、テーマも「公務員限定」「同じ趣味の人」などバラエティに飛んでいることから、自分が好きなテーマのパーティーに参加することができ、価値観の近い人と出会えるチャンスが広がります。

結婚相談所

数ある婚活方法の中でももっとも結婚できる確率が高いのは結婚相談所です。
結婚相談所は、高額で女性でも男性と同様の金額がかかります。
それでも、入会するということは真面目に結婚に取り組んでいるからに他なりません。

結婚相談所の目的は、恋活でなく婚活ですから、早く結婚したいという人には最も適した方法だといえるでしょう。

また、結婚相談所には、「データマッチング型」「仲人型」「ハイブリッド型」などいくつかの種類があり、自分にあった結婚相談所を選ぶことも可能です。

おすすめの婚活方法はどれ?それぞれのメリット・デメリットを解説

まとめ:婚活をはじめるタイミングは早ければ早いほど良い


ここまで、婚活をはじめるベストなタイミングについてみてきました。結論からいうと、婚活をはじめるタイミングは早ければ早いほど良いといえるでしょう。

特に女性の場合は、出産が控えているため正直1日でも早く婚活をはじめたいところです。

婚活をはじめてもすぐに結婚できるわけではありません。
お付き合いをはじめて最低でも数ヶ月、人によっては数年かかって結婚までいくケースもあります。
そのため、結婚したいと思い立ったらすぐに婚活をはじめた方がよいでしょう。

また、早く結婚するためには、具体的な結婚相手のイメージを持ち、相手に何を希望すべきかの条件をいくつか絞っておく必要があるでしょう。
そうすることで、婚活をスムーズに進め、結婚までの道のりを最短にすることが可能です。

このように、婚活をはじめるタイミングは早ければ早いほど良いですが、どのような婚活方法を選べばよいでしょうか?
結論からいうと、結婚を真剣に目指すのであれば結婚相談所を選んでおくとよいでしょう。

結婚相談所には、真剣に結婚したいという積極的な会員がほとんどです。
他の婚活方法のように恋活が目的だったり、遊び目的の人は非常に稀なため、結婚までの道のりは最短距離です。

もし、あなたが1日でも早く結婚したいと思うのであれば、迷わず結婚相談所を選ぶことをオススメします。

結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。
※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2 BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714