Blog

バツイチ子持ち男性が再婚するためには?再婚率や成功の秘訣を紹介

近年、離婚率は高くなっており、バツイチ子持ちの男性も多くいます。そして、離婚率も高いですが、同時に再婚率も増えてきました。
しかし、バツイチ子持ち男性が再婚するのは難しいのではと考える人も多いようです。もちろんバツイチ子持ちであることでハードルは高くなりますが、バツイチ子持ち男性も再婚できます。
そこで、今回はバツイチ子持ち男性が再婚をするための方法や上手くいくコツを紹介します。
また、バツイチ子持ち男性のメリットもまとめました。逆に、バツイチ子持ち男性が付き合えない理由も紹介しています。
そして、再婚を決める前に確認しておきたいこともまとめているので、ぜひ参考にしてください。

バツイチ子持ち男性の再婚率はどれくらい?

近年、離婚が増えている分、再婚も増えています。そのため、バツイチ同士の再婚や、バツイチと初婚などさまざまなケースがあります。
では、バツイチ子持ち男性の再婚はどのくらいの割合なのでしょうか。
厚生労働省が発表している「平成28年度 人口動態統計特殊報告」の「婚姻に関する統計」から考察します。こちらの統計によると、平成27年度の婚姻は、夫が再婚で妻が初婚の場合が全体の10パーセント、また、夫婦共に再婚の場合が全体の9.7パーセントになっています。
つまり、バツイチ男性の再婚率は全体の約20パーセントを占めます。バツイチ男性の5人に1人は再婚をしているということになります。

バツイチ子持ち男性のメリットは?


今は昔と違って、バツイチ子持ち男性との再婚は難しいというイメージを持っている人は減りつつあります。バツイチ子持ち男性は、独身男性にないよさがあります。そして、離婚を経験し、失敗から学んで、新しく幸せな家庭を作っている人も少なくありません。
そこで、バツイチ子持ち男性のメリットを具体的に紹介します。

子育てや家事が出来る

バツイチ子持ち男性は、子育てや家事を1人でやってきた経験があります。そのため、女性よりも子育てや家事が得意という方も多いです。
また、離婚を経験していることもあり、子育てや家事を相手に任せっきりにせずに話し合いをして分担することができます。
独身男性に比べて、子育てや家事ができるバツイチ子持ち男性の方が頼りになると思う女性は多いのではないでしょうか。

相手が子持ちでも理解がある

バツイチ同士で、さらにお互いに子連れの再婚の割合も高いです。
バツイチ子持ち男性は離婚して1人で子供を育ててきた経験があるので、1人で子供を育てる苦労を理解しています。そして、子供の扱いには慣れています。バツイチ子持ち男性は包容力がある方が多いと思うので、新しい父親と連れ子の関係が上手くいかないというような失敗は少ないことも考えられます。

バツイチ子持ち男性が付き合えない理由は?


近年、再婚率は高いですが、バツイチ子持ち男性と付き合うにはやはりハードルがあります。
そのため、お互いに理解をして、努力し合ってバツイチ子持ち男性と付き合う必要があります。
ここで、バツイチ子持ち男性が付き合えない理由を3つ具体的に紹介します。

子供と打ち解けられるか不安

バツイチ子持ち男性とお付き合いするということは、子供とも仲良くなる必要があります。そのため、子供と打ち解けられるか不安な女性も多いです。結婚をすることになれば、2人の生活ではなく、子供も一緒の新婚生活になります。なので、結婚後すぐに、子供の面倒もみなくてはなりません。

価値観の違いが心配

バツイチ子持ち男性は、独身女性との恋愛観などの価値観が違う可能性があります。女性とのいい出会いがあっても、価値観が違えばなかなか上手く行きません。
バツイチ子持ち男性は、子供との家庭もあり、毎日の仕事もあります。そのため、女性のことよりもまず、家庭や子供のことを優先すると思います。恋愛だけに集中できないという状況であることを理解してもらう必要があります。

親が反対する

初婚の女性が相手の場合は、バツイチ子持ち男性との結婚は親が反対する可能性が高いです。結婚を1度失敗しているということと、子供がいるという状況は、将来子供が苦労したり、後悔することになってしまうと考える親は少なくありません。結婚を考えてお付き合いしているのであれば、早めに相手の親に挨拶に行くことをおすすめします。また、前の結婚についてや養育費などについて話したほうがいい場合もあります。

バツイチ子持ち男性の恋愛心理


バツイチ子持ち男性は次の恋愛に対して、どう考えている人が多いのでしょうか。
再婚をして、また幸せな結婚生活を送りたいと思いつつ、さまざまな感情を抱いている人が多いようです。
そこで、バツイチ子持ち男性の恋愛心理を4つ紹介します。

離婚&子持ちの経歴にコンプレックスがある

結婚に失敗をしたことや、子持ちであることが自分のマイナスな部分と感じて、コンプレックスになっているバツイチ子持ち男性は多いです。バツイチで子持ちの男性はモテないと思っていたり、離婚をして自信をなくしていたりして恋愛に消極的です。人によっては再婚は難しいと諦めている人もいます。

出会いがないため女性への気持ちが向かない

バツイチ子持ち男性は、家事や育児に仕事と忙しい毎日を送っています。そのため、女性との出会いの機会もなかなかなく、再婚についてまだ考えられない人もいます。子供が大きくなって、自分の手を離れてくると、結婚や恋愛に対して考えられるようになっていきます。

幸せになるために結婚相手は欲しいと思っている

幸せになるために再婚をしたいと前向きに考えているバツイチ子持ち男性もいます。子供が再婚に賛成していれば、積極的に婚活を行っているでしょう。
今度こそは幸せな結婚をしたいと考えている男性は、離婚をしてしまった経験から学んで、努力するので良好な結婚生活を送れることが多いです。

独り身のほうが楽だとも考えてる

独り身のほうが楽だと考えているバツイチ子持ち男性もいます。独り身になってすぐは寂しさを感じていた人も多いと思います。しかし、時間が経って独り身に慣れてくると、その生活が自由だと感じています。
離婚をしてから時間が経てば経つほど、独り身のほうが楽だと感じる人は多いようです。

バツイチ子持ちでも前向きな再婚をするためには

バツイチ子持ち男性が前向きな再婚をするためには、気の持ち方や子供に対しての接し方、考え方など、いくつか気をつけておきたいポイントがあります。
そこで、バツイチ子持ちでも前向きな結婚をするためのコツを4つご紹介します。

離婚歴&子持ちであることを気にしない

離婚歴や子持ちであることを気にするのはやめましょう。離婚を経験して、失敗から学び、次の結婚では幸せな家庭を築きたいと思っている人が大半だと思います。なので、次の結婚では相手や子供との関係をよくしていこうと前向きに考えましょう。
また、再婚するときに養育費についていくらかかるのか、2人の間で子供を作るかどうかも話し合っておくと良いです。事前に話し合っておけば、あとから困ったことにならずにすみます。

コミュニケーションをよく取って相手のことをよく理解する

何でも話せる信頼関係をつくりましょう。不満に思っていることも抱え込まずに話し合うことをおすすめします。良いことも悪いことも何でも話せるような関係は、深い絆を築くことができます。
離婚を経験したことで、女性を信じることができなかったり、自分に自信がなくネガティブになっている方もいるかもしれません。しかし、だからこそお互いにコミュニケーションをまめにとることが大切です。

相手と子供が関わる時間を徐々に増やす

再婚を前向きに考えているのであれば、相手と子供が関わる時間も大切です。付き合うことになれば、子供の様子を見ながら、相手と子供を会わせましょう。最初から無理に仲良くなる必要はありません。少しずつコミュニケーションをとって距離を縮めましょう。相手と子供も一緒にご飯に行ったり、出掛けたりすると良いです。

前妻と比較しない

再婚を考えているのであれば、お付き合いする人と前妻を比較しないことをおすすめします。
自分も相手も嫌な思いをすることになるかもしれません。
また、逆に前妻の悪口を言うこともやめましょう。前妻の悪口を言う人は、問題が起きたときに相手のせいにして、自分の行動を改めない人だと思われてしまう可能性が高いです。

初婚女性がバツイチ子持ち男性と結婚するメリット

バツイチで子育てもしている男性は、独身男性にはないよさがあります。
そこで、初婚女性がバツイチ子持ちの男性と結婚をするメリットを紹介します。

メリット

家庭的で生活も安定感がある

バツイチ子持ち男性は、自分でも家事をして子育てもしているので、家庭的であると言えます。また、1度結婚に失敗した経験があるので、結婚したあとも、子育てや家事に協力的で理解がある人が多いです。

女性への接し方がなれている

結婚生活を経験したことのあるバツイチ子持ち男性は、独身男性に比べて、女性の変化に気付きやすく、接し方にも慣れています。結婚をして女性と一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、女性の気持ちが分かるようになります。

経験値の多さから包容力がある

バツイチ子持ち男性は、結婚や離婚、子育てなど、さまざまな経験をしてきています。そのため、独身男性に比べて、バツイチ子持ち男性は、経験値の多さから安心感があり、包容力もあります。

デメリット

前妻との比較をされる場合がある

結婚生活をする中で、前妻と比較されてしまう場合があります。例えば、バツイチ子持ち男性が前妻との生活がベースになっていれば、生活リズムや料理の味付けの仕方など、小さなことでも比較されていると感じてしまうこともあるかもしれません。バツイチ子持ち男性に悪気はないかもしれませんが、比較されて嫌な気分になることもあります。

恋愛に対して消極的な場合がある

バツイチ子持ち男性は、離婚を経験する過程で、すべての女性に対して警戒心を持つこともあります。それは、離婚に至るまでに、話し合いをして、傷付いたことが多かったことが原因です。そのため、女性との恋愛に慎重で消極的になってしまっている場合があります。

子供中心で振り回される

バツイチ子持ち男性はまず子供のことを一番に考えます。そのため、デートの約束をしていても、子供の用事で急にキャンセルになったりすることもあります。また、デートはいつも子供も一緒にすることになります。仕方のないことではありますが、子供中心で嫌になってしまうかもしれません。

再婚する前に確認しておきたいポイント

ほとんどのバツイチ子持ち男性は、再婚をして、次は幸せな結婚生活を送りたいと思っているとんじゃないでしょうか。
勢いで再婚をして、失敗してしまった、なんていうことがないようにしたいですよね。
そこで、再婚をする前に確認しておきたいポイントを7つ紹介します。

離婚理由を隠さず話す

離婚した理由は、隠さずに正直に話しましょう。相手も過去の離婚原因は何だったのか、知っておいたほうが良いです。
離婚原因が気になっている女性がほとんどなので、自分から伝えるようにしましょう。再婚をしてからトラブルになることを防ぐことができます。

子供の親権や戸籍を確認する

再婚をすれば、子供のことは相手にも関わることです。そのため、子供の親権や戸籍がどうなっているのか事前にきちんと把握しておく必要があります。
離婚した夫婦によってさまざまなので、勝手な憶測で判断しないようにしましょう。

養育費の金額を確認しておく

養育費はいくらなのか、明確な金額を共有しておくことも大切です。再婚をすれば、養育費はお互いの生活にも関わってくることになります。いまいくら払っているのか、今後の動向も含めて話し合いましょう。

再婚に対しての価値観を確認しておく

再婚に対する価値観は、再婚をする前に確認をしておきましょう。
具体的には、結婚式は挙げるか、子供は欲しいかなどです。再婚を考えるのであれば、大事なポイントになります。再婚後に意見が食い違って、トラブルにならないようにしましょう。

元妻との連絡頻度について話す

あとからトラブルになることを防ぐために、事前に元妻との連絡頻度についても話し合いましょう。今連絡をとっているのであれば、連絡をとる理由、会うこともあるのか、今後はどうするのか決めておく必要があります。

将来子供が欲しいのかを確認しておく

再婚をする前に、将来子供が欲しいのかはよく話し合いましょう。バツイチ子持ち男性であれば、前妻との子供のこともあるので、今後子供は作らないと考えているかもしれません。しかし、相手は子供が欲しいと思っているかもしれません。なので、将来の子供のことはお互いに確認しておく必要があります。

親の反対があった場合の対応を考える

バツイチ子持ち男性との結婚は、どちらの親にも反対される可能性が高いです。
バツイチ子持ち男性の両親は、再婚してもまた結婚に失敗してしまったら、と心配していることもあります。また、初婚の女性の親は、娘は幸せになれるのか心配しています。
なので、親に反対されたときはどうするか事前に考えておくことをおすすめします。

まとめ

バツイチ子持ち男性との結婚は難しいと思っている人もいますが、バツイチ子持ち男性だからこそのよさがあります。
実際にバツイチ男性の5人に1人は再婚をしています。バツイチ子持ち男性は、1人で家事や育児を経験しているからこそ、結婚してからの生活に安心感があります。また、離婚を経験して、相手を思いやる気持ちも増しているはずです。
子持ちであることもあって、再婚は2人の問題ではないので、しっかりと向き合う必要があります。しかし、再婚をする前に確認しておくポイントは決まっています。事前にしておくべきことを把握して、ぜひ幸せな再婚をしてください。