Blog

バツイチ子持ちでも再婚できる?幸せな再婚生活を送るために大事なことは?

バツイチや子持ちの人でも再婚したいと考えている人はいるでしょう。この記事はそのような人の不安や悩みを解決するための情報を提供します。この記事を読むことでバツイチ子持ちが再婚できるのか、幸せな再婚を実現するために何に注意すれば良いのか理解できるようになるでしょう。

この記事ではバツイチ子持ちの再婚を応援するためにさまざまな有用な情報を網羅しています。たとえば、バツイチ子持ちが再婚を反対される理由から再婚相手に選んではいけない男性の特徴なども解説しているのです。再婚する際の子供との向き合い方にまで言及しています。実際に再婚する場合にとても役立つ情報を得られるでしょう。

それではバツイチ子持ちの再婚のために大事なことを説明します。これからバツイチ子持ちで再婚を検討している人はぜひとも参考にしてください。

再婚相手がバツイチ子持だと両親から反対される?理由は?


バツイチ子持ちだと再婚相手の両親が難色を示すのではないかと不安になる人は多いでしょう。再婚相手の両親に反対される理由について説明します。

また何かあると離婚するのではないかという不安

バツイチの人は一度離婚を経験しているため、再び離婚するのではないかと相手に不安を与えやすいです。離婚をそれほど重い選択であると考えていないと思われてしまいます。何かあれば、ちょっとしたことでも離婚するのではないかと、再婚相手の両親を心配させるのです。相手の両親からすると、離婚する可能性のある相手と自分の子供が結婚するのはやめさせたいと考えます。そのため、バツイチだと再婚相手の両親に反対されるケースも珍しくありません。

子供との関係構築が不安

子持の相手との結婚は、子供との関係を構築する必要があるため、再婚相手やその両親は不安を抱きやすいです。その子供とは血がつながっておらず、あくまでも義理の関係になります。再婚相手の両親にとっては、義理の孫ができることになり、自分たちに懐いてくれるのか、何の気兼ねなく接することができるか不安になるのです。また、自分たちの子供が、義理の子供と上手く関係を構築できるのかも不安視されます。義理の子供との関係が上手くいかないケースは多いからです。

金銭面の不安

バツイチでさらに子持ちの場合は、金銭面でも負担が大きくなるため、その点で不安視されるケースがあります。子供が将来高校や大学を卒業するまでたくさんのお金がかかるため、果たして幸せな結婚ができるのか不安になるのです。

また、自分たちの子供が義理の子供に対して大きなお金を費やすことになり、その点で複雑な気持ちを抱くこともあります。場合によっては再婚相手の両親が、義理の孫のためにお金を出すケースもあるでしょう。血のつながっていない義理の孫へ金銭的な負担を強いられることに納得できない人もいるのです。

バツイチ子持ちでも再婚後の生活を幸せに過ごすには?


これからバツイチ子持ちが再婚したとしてどうすれば幸せな生活を送れるのでしょうか。幸せな再婚生活を実現するためのコツを紹介しましょう。

過去のことを隠さず話す

これから再婚するにあたって自分の過去のことはすべてしっかりと伝えておくことが大切です。過去のことについて何らかの秘密を抱えたまま再婚すると後でトラブルに発展する可能性があります。バツイチで子持ちであることは、いつかはバレてしまうものです。それならば、できるだけ早い段階で伝えておいた方がしこりが残らないでしょう。

仮に再婚の直前までバツイチ子持ちであることを秘密にしていたとすると、そのまま結婚できたとしても、相手はあなたに嘘をつかれていたと感じます。それが最終的に信頼関係を損なう原因となり、再び離婚することにつながることもあるのです。

時間をかけてお互いのことを知る

バツイチ子持ちは再婚したいために焦って結婚話を進めがちです。そのままお互いのことをよく知らない状態で再婚するケースがあります。しかし、このような再婚の仕方をしたのでは、再婚後にトラブルに発展することが多いでしょう。信頼関係をきちんと気づかずに結婚することになるからです。

そこで、バツイチ子持ちの人は、これから幸せな再婚生活を実現するためにも、相手とじっくり時間をかけて付き合うことを心がけましょう。さまざまな話をしてお互いのことを理解し合うのです。相手の価値観や考え方を理解すれば、再婚後の生活をイメージできるようになります。そうすれば、再婚後に幸せな家庭を築けるかどうか判断できるでしょう。

別れた相手のことを悪く言わない

バツイチ子持ちの中には、再婚相手に気に入ってもらうために以前の相手を悪く言うケースがあります。しかし、これは逆効果となり、相手に不安を感じさせるでしょう。以前の配偶者を悪く言うと、相手はいつか自分も同じように思われるのではないかと考えるからです。

あくまでも別れた相手には問題がなかったけれども、さまざまな歯車が狂い仕方なく別れたということにしましょう。別れた相手をあえて褒めることも大切です。そうすれば、ポジティブに物事を考えることができる人間であるとアピールできます。

自分磨きを怠らない

バツイチ子持ちはそれだけでマイナスな印象を与えやすいため、自分磨きをしっかりと行いましょう。バツイチで子持ちであると感じさせないように自分の魅力を高めることが大切です。見た目に気を使い、清潔感を整えて、異性としての魅力をアピールします。

ただし、自分磨きも度が過ぎると今度は家庭を大事にせず別の異性に走るのではないかと不安にさせるでしょう。そのため、あくまでも好印象を与えられる範囲で自分磨きに取り組むと良いです。誠実なイメージを高められるような自分磨きをしましょう。

相手に役割を押し付けたりしない

バツイチ子持ちが再婚する場合は、相手に親としての役割を求めがちです。もちろん、子持ちと再婚する相手は、いきなり親としての立場になるため、それなりの覚悟をしています。しかし、あなたの方から親としての覚悟や役割をしつこく要求するのは避けるべきです。それでは相手があなたに嫌気をさす可能性があります。

あくまでも自然と家族に愛情を感じてもらい、親としての役割を自覚してもらうように仕向けましょう。自身の役割は他人に押し付けられるものではなく、自分で気がつくべきものです。相手が自分の役割を自覚できるようにそれとなく促してみましょう。

生活が安定してから再婚をする

幸せな再婚生活を送りたいのであれば、何よりも金銭面での安定を優先することが大切です。バツイチ子持ちの再婚は、いきなり子供がいる状態で生活が始まります。子供がいない新婚生活とは状況が大きく異なることを理解しましょう。これから再婚したいのであれば、金銭的に生活が安定していて、余裕のある状態を整えることが大切です。

また、お金の面だけではなく時間的な面においても安定しているときが再婚するベストなタイミングとなります。たとえば、子供がまだ小さくていろいろと手のかかる時期や仕事で忙しい時期などに再婚すると、慌ただしい中で新たな生活に突入するでしょう。これでは、再婚相手との信頼関係を築くのに支障が出てしまい、すぐにトラブルが生じる恐れがあります。

金銭面でも時間面でも安定した状態を作ってから、再婚を検討しましょう。

バツイチ子持ち女性はモテる?


バツイチで子持ちの女性がモテると聞いたことのある人がいるかもしれません。これは正しいことなのか詳しくみていきましょう。

家事や料理が得意で家庭的なイメージ

バツイチでも子持ちであれば、これまで子育てをしてきたため、家事や料理をしっかりとできるというイメージがあります。今でも男性は女性に家庭的なイメージを求める傾向にあるため、バツイチ子持ちがモテるケースはあるのです。

ただし、バツイチ子持ちでも必ずしも家事や料理が得意であるとは限りません。家事や料理ができないことが原因で離婚したというケースもあります。そのため、家庭的なイメージを崩さないようにあらかじめ家事や料理をしっかりできるようにしておくことは大切です。

明るく生き生き生活している

バツイチ子持ちでシングルマザーの女性は明るくて生き生きと生活しているイメージを持たれるケースがあります。シングルマザーになってもネガティブにならずに常にポジティブに明るく生活している印象を与えやすいのです。最近は芸能人でもシングルマザーとして生き生きとした姿を見せる人がたくさんいます。昔のようにシングルマザー=苦労人というイメージがなくなってきて、肯定的に捉える人も増えているのです。そのため、バツイチ子持ちに明るさや元気さといったプラスのイメージを持っている人はたくさんいます。

責任感や芯の強い

バツイチ子持ちは頼れる人がいない状態で自分一人で子育てをしてきた実績があります。そのことから、責任感や芯の強さといった印象を抱く人は多いです。親としての役割をきちんと果たして子供を育てながら生活してきた経験は、プラスの印象を与えます。そのような女性とならば、再婚してもきちんと家庭を切り盛りしてくれそうだと思えるでしょう。再婚を前向きに考える材料となるのです。

バツイチ子持ち女性が再婚相手に選んではいけない男性の特徴について


これからバツイチ子持ちの女性が再婚する際に選んではいけないタイプの男性が存在します。それでは一体どういったタイプの男性を避けるべきなのか、そのような男性の特徴を紹介しましょう。

相手が子持ち女性との恋愛を希望していない

そもそも相手の男性が子持ち女性との恋愛に乗り気でなければ、相手と再婚できる可能性はかなり低いでしょう。世の中の男性の半数以上は子持ち女性との恋愛や結婚を望んでいないです。そのような男性と恋愛したとしても、自分が子持ちであると伝えると音信不通になるケースは珍しくありません。そのため、子持ち女性に理解のない男性との恋愛は時間の無駄といえます。

結婚意欲がない・弱い

子持ち女性に偏見を持っていなかったとしても、結婚する意欲がない、あるいは意欲が弱いという人はいます。このような男性と付き合っても再婚に発展する可能性は低いため注意しましょう。

たとえば、単に体だけの関係を求めているため、子持ち女性との恋愛も受け入れている男性はいます。また、結婚するつもりはないけれども恋愛はしたいという考え方の男性もいるのです。

再婚したいのであれば、結婚の意識を強く持っている男性を探しましょう。くれぐれも体の関係のみを希望する男性は避けるべきです。

子供優先の考え方を受け入れてくれない

基本的にバツイチ子持ちが再婚するならば、その後の生活は子供を優先することになります。子供がきちんと成人するまでは、子供を最優先して考えるのが当然と考える子持ち女性は多いでしょう。しかし、男性の方が子供優先という考えを受け入れないケースがあります。

たとえば、常に子供よりも自分を優先して欲しいと考える男性がいるのです。育児の都合でデートの約束をキャンセルしても許してくれないケースがあります。子育てが大変だと愚痴をこぼしても賛同してくれず、そんなつまらない話をするなという態度を取る男性もいるのです。

このような男性と再婚しても幸せな生活は望めないため避けましょう。

毎回のデート費が高い・割り勘が多い

デートをする際にデート費が高い、あるいは割り勘が多い男性は避けた方が良いでしょう。毎回デート費用が高いのは金銭的な計画性がない可能性があります。子持ちの状態でそのような男性と再婚すると結婚後に苦労するかもしれません。

また、割り勘が多い男性にも注意しましょう。バツイチ子持ちは金銭的に苦労しているケースが多いのにもかかわらず割り勘を要求するのはとてもケチです。そのような男性は結婚後に家庭のためにお金を使ってくれない可能性があります。子供のためにさまざまなお金がかかるのに、男性がお金を使ってくれないと困るでしょう。

デートをしてみてお金に対する価値観を確認することは大切です。

バツイチ子持ち同士の再婚が良い理由


バツイチ子持ち同士が再婚するケースは珍しくありません。これにはさまざまなメリットがあるからです。

まず、お互いが同じ境遇にいるため互いの事情を理解しやすいでしょう。他の人にはわからない苦労を理解し合って共感できるため、再婚後も上手くいきやすいのです。

また、どちらも子育てを経験しています。そのため、再婚したあとも子供を最優先に考えやすいでしょう。その点でも安心して再婚できる相手といえるのです。

バツイチ子持ちが再婚する上で確認しておきたいこと


これからバツイチ子持ちが再婚する際に確認しておきたい点について説明しましょう。

養子縁組について

バツイチ子持ちの再婚では子供の養子縁組をするのが普通です。自分の子供と再婚相手の養子にする手続きを行います。そうすることで法的にも再婚相手の子供であるとみなすことができるのです。もし養子縁組をしないと再婚相手には子供の扶養義務が生じません。これではいろいろと不都合なことが起きるため、養子縁組を検討しましょう。

実際に養子縁組をするためには婚姻届を提出してから養子縁組届を提出するという流れです。養子縁組届には2人の証人が必要なためあらかじめ準備しておきましょう。婚姻届にも2人の証人が必要なため、同じ証人に養子縁組届にもサインしてもらうと楽です。

養育費について

バツイチ子持ちの場合は別れた夫から養育費をもらっているケースがあります。この場合、子供が再婚相手の養子になった場合には、養育費の減免を求められる可能性があるのです。再婚相手が子供の扶養義務を負うことになるため、養育費の減免請求は認められることがよくあります。

ただし、再婚相手の養子になっていない場合は引き続き同額の養育費を受け取れるでしょう。養子でなければ再婚相手には扶養義務が発生しないためです。たとえば、再婚しても再婚相手と家計を別々にするというケースもあります。

このように養育費の問題はややこしいため、事前に話し合いをしておきましょう。

再婚を成功させるために必要な子供との向き合い方について


バツイチ子持ちが再婚を成功させるためには子供と上手く向き合っていくことが必要です。そこで、子供との向き合い方について説明しましょう。

子供と関わる時間を徐々に増やす

再婚するとなると再婚相手と一緒に時間を過ごすケースが増えるでしょうが、そのような時期だからこそ子供との時間も大切にするべきです。子供をほったらかしにして再婚相手との付き合いを優先させると、子供が不安を抱きます。子供はあなたを再婚相手に取られてしまうと感じるかもしれません。それでは再婚後に子供が再婚相手に上手くなつかないケースも出てきます。再婚するにあたって、子供との時間を徐々に増やしておくことが大切です。

家族で一緒にいる時間を設ける

再婚するのであれば、再婚相手を含めて家族で一緒にいる時間を設定しましょう。一緒にいる時間が増えれば増えるほど、子供は新しい家庭に馴染めるようになるからです。自然と再婚相手の存在に慣れるようになり、安心感を得られるようになります。そうすれば、家族として一体感が生まれて、絆を深めていくことができるのです。仕事や家事などでみんなが一緒になる時間はどうしても限られるケースが多いのですが、できるだけ同じ空間にいられる時間を設けましょう。

子供のことについてよく話し合っておく

再婚するまえに子供のことについてしっかりと話し合っておくことは大切です。これからどのようにして子供と向き合っていくのか、決めなければいけないことはたくさんあります。お互いが確認しておくべきことも多く、話し合いをしておかないとトラブルの原因となるため注意しましょう。本音で話し合いをして、お互いの気持ちを確認して、お互いに相手への配慮を忘れないようにしてください。

再婚後に生まれた子供に対して接し方は変えない

再婚した後に子供が生まれるケースがあります。そのときに連れ子と新しく生まれた子供に対して接し方を変えてはいけません。どちらに対しても別け隔てなく平等に愛情を注ぐことが大切です。そうすることで、子供は不安や不満を抱かなくなります。

まとめ


バツイチ子持ちが再婚するとなると相手の両親の反応や再婚後の生活についてなど不安になる点はたくさんあります。あらかじめどういった問題が生じる可能性があるのか理解しておくと正しく対処や対策を取れるでしょう。この記事を参考にして、幸せな再婚生活を実現してください。