News | Topics

結婚適齢期とは?メリット・デメリットを知って婚活しよう

結婚適齢期に結婚するメリットは、出会いや妊娠・出産・育児に関する不安が少なく、経済的にも安定していることが多いことです。一方、結婚適齢期に結婚するデメリットは、自分の時間やお金が減り、仕事やキャリアに影響が出ることがあることです。結婚適齢期は人それぞれ異なるので、自分のライフプランに合わせて決めましょう。
本記事では、結婚適齢期で結婚するメリット、デメリットについて説明しているため、参考にしてください。

結婚適齢期ってなに?

結婚適齢期とは、結婚に適した年齢のことですが、その基準は人によって異なります。法律上の婚姻年齢は、男女ともに18歳以上ですが、これはあくまで法的な制限であり、結婚適齢期とは必ずしも一致しません。

結婚適齢期の推移

結婚適齢期は、時代や地域、職業などの社会的な要因に影響されます。例えば、日本では、戦後の高度経済成長期には、男性は25歳、女性は23歳が結婚適齢期とされていましたが、2019年時点では、男性は31.2歳、女性は29.6歳が平均初婚年齢です。これは、経済的な自立や教育の機会、女性の社会進出などが影響しています。
出典:婚姻年齢の推移(厚生労働省)

結婚適齢期は時代や地域、職業によって変わる

地域によっても、結婚適齢期は異なります。例えば、都市部では、結婚に対する価値観やライフスタイルの多様化により、結婚を遅らせる傾向がありますが、地方では、伝統的な家族観や地域社会の風習により、結婚を早める傾向があります。
さらに、職業によっても、結婚適齢期は異なり、例えば、医師や弁護士などの専門職は、長い勉強期間や忙しい仕事のために、結婚を遅らせることが多いですが、公務員や教師などの安定職は、結婚を早めることが多いです。

結婚適齢期は自分のライフプランに合わせて決める

結婚適齢期は、自分のライフプランに合わせて決めることが大切です。結婚は、自分だけでなく、パートナーとの相性や価値観の一致、家族や友人との関係など、様々な要素が関係します。結婚適齢期は、社会的な平均や周囲の目に左右されるのではなく、自分の心の準備や幸せの基準に基づいて決めるべきです。結婚は、人生の一つの選択肢であり、結婚しないこともまた、人生の一つの選択肢です。結婚適齢期は、自分の人生にとって最適なタイミングで結婚を考えていきましょう。

出典:婚姻年齢の推移(厚生労働省)

女性の平均初婚年齢は?

女性の平均初婚年齢は上昇傾向で、女性の結婚に関する意識や行動は、社会的・経済的・文化的な要因によって変化しています。以下で説明しているので参考にしてください。

厚生労働省の統計による女性の平均初婚年齢

女性の結婚に関する話題として、よく取り上げられるのが「晩婚化」です。
厚生労働省の人口動態調査によると、2022年の女性の平均初婚年齢は29.7歳と、前年の29.5歳より上昇しています。この数値は、高度経済成長期の24歳前後から徐々に上昇し、近年は30歳に迫っていることを示しています。

女性が考える理想の結婚年齢と実際の差

女性の平均初婚年齢と、女性が考える理想の結婚年齢とは必ずしも一致していません。国立社会保障・人口問題研究所の出生動向基本調査によると、18〜34歳の未婚女性の平均希望結婚年齢は28.6歳となっています。また、既婚女性に何歳で結婚したか聞いてみると、理想の年齢で結婚できた人もいれば、そうでない人もいることがわかります。

出典:令和4年人口動態統計月報年計の概況(厚生労働省)
出典:国立社会保障・人口問題研究所

男性の平均初婚年齢は?

男性の初婚年齢は、経済的、社会的、人的な要因の影響を受けています。今後は、男性の結婚意欲や結婚準備の支援、妻の就業や家事・育児の分担の促進、出会いの機会や婚活の支援など、様々な施策が必要になるでしょう。

厚生労働省の統計による男性の平均初婚年齢

厚生労働省の統計によると、令和2年(2020年)の男性の平均初婚年齢は31.1歳でした。また、国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、男性が考える理想の結婚年齢は2015年時点で平均30.4歳です。
実際の平均初婚年齢よりも0.7歳低いため、理想と現実にはわずかなギャップがあるでしょう。

出典:婚姻年齢の推移(厚生労働省)
   令和4年(2022)人口動態統計月報年計(概数)の概況 (厚生労働省)

男性の初婚年齢の傾向と背景

男性の初婚年齢の傾向と背景については、以下のような要因が考えられます。

経済的な理由:就職難や非正規雇用の増加、低賃金や長時間労働などにより、結婚や子育てに必要な費用を捻出するのが困難になっている。

社会的な理由:家族手当の収入制限や税制の不利などにより、妻の就業を抑制しており、共働き世帯の増加に伴い、家事や育児の分担に対する男性の意識や行動の変化が求められている。

個人的な理由:婚活市場の縮小や出会いの機会の減少、恋愛や結婚に対する価値観の多様化や消極性などにより、結婚に至るまでの経過が難しくなっている。

出典:婚姻年齢の推移(厚生労働省)

自分の結婚適齢期を考えよう

結婚は人生の大きな決断の一つですが、いつ結婚するのがベストなのでしょうか。結婚適齢期は、社会的な平均や周囲の目に左右されるのではなく、自分の心の準備や幸せの基準に基づいて決めるべきです。自分の結婚適齢期を考えるには、どのような方法があるのでしょうか。ここでは、以下の3つのステップを紹介します。

自分のライフプランを具体的に立てる

自分のライフプランを具体的に立てることが大切です。結婚は、自分だけでなく、パートナーとの相性や価値観の一致、家族や友人との関係など、様々な要素が関係します。自分がどのような人生を送りたいか、どのような結婚をしたいか、どのようなパートナーを求めるかなど、自分の目標や希望を明確にすることが、結婚適齢期を考えるには大切です。

ライフイベントから結婚する目安の年齢を逆算する

結婚するかしないかは、自分の人生にとって最適なタイミングであり、自分の意思で決めることができるものですが、結婚には、出産や子育てなどのライフイベントが関連しています。これらのライフイベントは、自分の意思だけでなく、身体的な制約や社会的な環境などにも影響するでしょう。
例えば、女性の場合、出産には生殖能力のピークや高齢出産のリスクなどが考慮される必要があり、子育てには、仕事との両立や経済的な負担などが考慮される必要があります。これらのライフイベントを経験したい場合は、それらを実現するための目安の年齢を逆算して、結婚する目安の年齢を考えることが大切です。

結婚適齢期は定期的に見直す

結婚適齢期は定期的に見直すことが重要です。結婚適齢期は、自分のライフプランに合わせて決めるものですが、自分のライフプランは、時代や環境、経験や感情などによって変化します。自分が考えていた理想の結婚やパートナーが、現実と合わなくなることもあり、自分が考えていなかった結婚やパートナーが、想像以上に魅力的に感じることもあります。結婚適齢期は、固定的なものではなく、柔軟なものです。自分の心の声に耳を傾けて、自分の幸せを見つめ直して、結婚適齢期を見直すことが大切でしょう。

結婚はタイミングと勢い?タイミングを逃さないためにカップル必見

女性が一般的な結婚適齢期で結婚するメリット

結婚という人生の大きな決断をするとき、年齢は重要な要素のひとつです。一般的な結婚適齢期で結婚する女性は、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下で説明しているので参考にしてください。

出産や子育てに体力がある

出産や子育てに体力があるというメリットは、女性の健康や子どもの成長に大きく関わります。妊娠や出産は、女性の体に大きな負担をかけるため、年齢が高くなるほど、妊娠しにくくなったり、妊娠中や出産時のリスクが高まる可能性があります 。また、子育ては親の体力勝負とも言われており、子どもの世話や遊びに付き合うことは、疲労やストレスを感じやすいものです。一般的な結婚適齢期で結婚する女性は、出産や子育てに必要な体力を保ちやすいと言えるでしょう。

周囲からのプレッシャーがなくなる

周囲からのプレッシャーがなくなるというメリットは、女性の心の安定に関係します。結婚に対する社会的な期待は、女性にとって大きなストレスの原因となります。特に、一般的な結婚適齢期を過ぎると、親や親戚、友人などから結婚の催促や心配をされることが多くなるため、女性は焦りや不安を感じたり、自分の価値観に合わない結婚をすることのリスクが高まるでしょう。一般的な結婚適齢期で結婚する女性は、周囲からのプレッシャーを受けにくく、自分のペースで結婚を決めることが大切です。

結婚相手との価値観の合致が高い

結婚相手との価値観の合致が高いというメリットは、夫婦の幸せに直結します。結婚相手とは、生涯を共にするパートナーのため、お互いの価値観が似ていることは、結婚生活の満足度や安定度を高める要素となります。一般的な結婚適齢期で結婚する女性は、同世代の男性と出会いやすく、価値観が一致しやすいと言えるでしょう。また、結婚相手との価値観が一致することは、子育てや家庭のあり方についても意見が合いやすく、夫婦の協力や信頼を築きやすくなります。

女性が一般的な結婚適齢期で結婚するデメリット

結婚は人生の大きな節目であり、幸せな家庭を築くためには慎重に考える必要があります。周囲からの結婚のプレッシャーや、妊娠や出産のリスクなどが高まるため、結婚を急ぐ人も多いでしょう。しかし、一般的な結婚適齢期で結婚することには、デメリットも存在します。ここでは、そのデメリットを3つ紹介します。

経済的な余裕がない場合もある

経済的な余裕がない場合もあるというデメリットがあります。結婚は、結婚式や新居、家具など、多額の費用がかかるイベントのため、子どもを持つ場合は、教育費や医療費など、さらにお金が必要になります。一般的な結婚適齢期で結婚すると、まだキャリアが安定していない場合や、貯金が十分でない場合があるため、結婚後に経済的な苦労やストレスを抱える可能性が高くなるでしょう。

自分のために時間を使えなくなる

結婚すると、配偶者や子ども、義理の家族など、関わる人間が増えます。そのため、自分の趣味や健康のために時間を使うことが難しくなり、仕事と家庭の両立にも苦労することがあります。特に女性の場合は、家事や育児の負担が大きくなる傾向があり、自分のための時間がなくなると、自己実現や自己投資ができなくなり、ストレスや不満が溜まる可能性が高くなるでしょう。

結婚相手の選択肢が狭まる

一般的な結婚適齢期で結婚すると、自分の年齢に合った相手を探すことになりますが、既に結婚している人や、結婚に興味のない人も多くいます。そのため、自分の理想に合った相手を見つけることが難しくなります。また、周囲からの結婚の期待や焦りによって、相手の本質を見極めることができず、焦って結婚すると後悔することもあるでしょう。

おすすめの婚活方法はどれ?それぞれのメリット・デメリットを解説

男性が一般的な結婚適齢期で結婚するメリット

男性が一般的な結婚適齢期で結婚するメリットとは何でしょうか。 一般的な結婚適齢期とは、国や地域によって異なりますが、日本では男性の平均初婚年齢は31.0歳、女性は29.4歳です。 この年齢で結婚することには、以下のようなメリットが考えられます。

経済的な安定がある

結婚適齢期になると、多くの男性は社会人としてのキャリアを積み、収入や貯蓄が増えることが期待されます。 経済的な安定があれば、結婚生活に必要な費用や子育てにかかる費用にも余裕が持て、経済的な安定は、自分自身や家族の将来に対する不安を減らし、精神的な安定にもつながります。

結婚相手との信頼関係が深い

結婚適齢期になると、多くの男性は恋愛経験や人間関係の経験が豊富になり、自分の好みや価値観が明確になってきます。そのため、結婚相手との相性を見極める能力が高まります。結婚相手との信頼関係は、夫婦に欠かせないものであり、お互いの人格を認め、コミュニケーションを取り、困難な時期を乗り越えていけるでしょう。

子どもとのコミュニケーションが取りやすい

結婚適齢期になると、多くの男性は自分の子ども時代や青春時代を思い出しやすくなり、子どもの気持ちや考え方に寄り添いやすくなります。 子どもとのコミュニケーションは、親子の信頼関係を築く上で大切なものであり、子どもの成長を伸ばすためにも必要です。

男性が一般的な結婚適齢期で結婚するデメリット

悩み

結婚は人生の大きな決断ですが、デメリットだけでなくメリットもたくさんあります。結婚したいと思うなら、自分に合った相手を見つけるために、積極的に婚活に取り組んでみましょう。以下で説明しているので参考にしてください。

子育てに体力がない

男性が一般的な結婚適齢期で結婚すると、相手の女性も同年代かそれ以上の年齢である可能性が高くなります。男性も、出産や子育てに協力的であることが求められますが、年齢とともに体力が低下するのは避けられません。出産や子育てに体力がないと、自分や家族の健康や幸せに影響が出る可能性があります。

周囲からのプレッシャーが強い

男性が一般的な結婚適齢期で結婚すると、仕事や家庭において、さまざまな期待や要求に応えなければならない場面が増えていきます。例えば、仕事では、昇進や昇給、キャリアアップなどのチャンスや競争が激しくなり、家庭では、妻や子ども、親や親戚などの幸せや生活を支える責任が重くなります。

結婚相手の選択肢が狭まる

男性が一般的な結婚適齢期で結婚すると、相手の女性も同年代かそれ以上の年齢である可能性が高くなるため、結婚相手の選択肢は、年齢とともに減少していくことになります。例えば、35歳独身男性の未婚率は38.4%ですが、35歳独身女性の未婚率は23.1%です。つまり、35歳の男性が結婚したいと思っても、35歳以下の女性はすでに結婚している可能性が高いです。

出典:国勢調査 都道府県・市区町村別特性図 未婚率(総務省統計局)

結婚するためにできること

結婚は人生の大きな目標のひとつですが、なかなか思うように進まないと悩む人も多いでしょう。結婚するためには、どのようなことができるのでしょうか。ここでは、出会いの機会を増やす、結婚相手の条件を整理する、結婚に対する意識を高めるという3つのポイントについて説明しているので参考にしてください。

出会いの機会を増やす

結婚するためには、まずは相手と出会うことが必要です。しかし、仕事や家事に忙しくて、出会いの場に行く時間や気力がないという人もいるでしょう。そんな人は、日常生活の中で出会いのチャンスを見逃さないようにしましょう。例えば、職場や趣味のサークル、友人の紹介など、身近な人との繋がりを大切にしたり、積極的に新しいことに挑戦してみることもおすすめです。例えば、結婚相談所やマッチングアプリなど、自分に合った出会いの方法を探してみることです。出会いの機会を増やすことで、自分の理想に近い相手に出会える可能性が高まります。

結婚相手の条件を整理する

結婚するためには、自分がどのような相手と結婚したいのかを明確にすることが大切です。しかし、自分の理想を追い求めすぎて、現実とのギャップに苦しむ人もいます。そんな人は、自分の結婚相手に求める条件をできるだけ具体的に書き出してみましょう。そして、その中で、絶対に譲れないものと、妥協できるものを分けてみましょう。例えば、性格や価値観、ライフスタイルなどは、結婚生活において重要な要素です。一方、年収や容姿、学歴などは、あまり重視しなくても良いかもしれません 。結婚相手の条件を整理することで、自分に合った相手を見極める能力が高まります。

結婚に対する意識を高める

結婚するためには、自分だけでなく、相手も結婚したいと思っていることが必要です。しかし、結婚に対する考え方やタイミングは、人によって異なります。そんなときは、自分の結婚に対する意識を相手に伝えることが大切です。例えば、結婚したい理由や時期、結婚後の夢や目標などを、相手と共有してみましょう。また、相手の結婚に対する考えを聞くことで、相手の気持ちや状況を理解し、尊重することができます 。

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人の特徴

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人の特徴は、自分磨きを怠らない、理想を高くしすぎない、積極的に出会いの機会を作るという3つがあります。結婚は人生の大きな決断なので、自分の気持ちや状況をよく考えて、準備をしておくことが大切です。以下で説明しているので参考にしてください。

自分磨きを怠らない

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人は、自分の外見や内面に気を配り、常に魅力的でいる努力をしています。例えば、ファッションやメイクに気を使ったり、健康や美容に気を配ったり、趣味や勉強で自分の知識やスキルを高めたりすることです。自分磨きをすることで、自信や満足感が高まり、自分の魅力を伝えることができます。自分の魅力を伝えることで、相手に興味や好意を持ってもらうことができます。

理想を高くしすぎない

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人は、自分の結婚相手に求める条件を現実的に考えています。例えば、年収や容姿、学歴などの外的な要素よりも、性格や価値観、ライフスタイルなどの内的な要素を重視したり、相手の長所や魅力に目を向けたりすることです。理想を高くしすぎると、出会いの機会を逃してしまったり、相手に不満や不信感を抱いてしまったりすることがあるため、理想を高くしすぎないことで、自分に合った相手を見極めていきましょう。

積極的に出会いの機会を作る

結婚適齢期を過ぎても結婚できる人は、自分から行動して、さまざまな人と出会うことを楽しんでいます。例えば、職場や趣味のサークル、友人の紹介などの身近な人との繋がりを大切にしたり、結婚相談所やマッチングアプリなどの出会いの方法を探してみましょう。積極的に出会いの機会を作ることで、自分の理想に近い相手に出会える可能性が高まります。

結婚適齢期を過ぎた人が結婚するメリット

結婚適齢期を過ぎたからといって、結婚に対して諦めたり、焦ったりする必要もありません。結婚適齢期を過ぎた人でも、素敵な結婚相手と出会える可能性は十分にあります。結婚は人生の大きな決断ですから、自分の気持ちや状況をよく考えて、納得のいく結婚をしましょう。以下で説明しているので参考にしてください。

自分の価値観や人生観が確立している

結婚適齢期を過ぎた人は、若い頃よりも自分の好きなことや嫌いなこと、大切にしたいことや譲れないことをはっきりと理解しています。結婚相手との相性や価値観の合致を見極めることができ、自分の価値観や人生観を相手に伝えることで、お互いに理解し合うことができます。自分の価値観や人生観が確立していると、結婚生活においても自分らしく生きることができるでしょう。

経済的に安定している

結婚適齢期を過ぎた人は、若い頃よりも仕事やキャリアにおいて成長していることが多いです。経済的に安定していると、結婚生活においても余裕が持てます。例えば、住宅や家具、車などの購入や、旅行や趣味などの楽しみにお金を使うことができ、子どもを持つ場合にも教育費や医療費などの負担が軽減されます。経済的に安定していると、結婚生活においても安心して暮らすことができるでしょう。

結婚相手の内面を重視できる

結婚適齢期を過ぎた人は、若い頃よりも外見などの表面的な要素よりも、相手の性格や価値観、人柄などの内面的な要素を重視することが多いです。結婚相手の内面を重視できると、相手の本質や魅力を見つけることができ、相手の欠点や過去にも寛容になることができます。結婚相手の内面を重視できると、結婚生活においても深い愛情や信頼を築くことができるでしょう。

結婚適齢期を過ぎた人が結婚するためにできること

結婚適齢期を過ぎた人が結婚するためには、何ができるでしょうか。以下で説明しているので参考にしてください。

結婚相談所を利用する

結婚適齢期を過ぎた人は、出会いの機会が少なくなったり、自分の希望に合う相手が見つからなかったりすることが多いです。そんな人にとって、結婚相談所は効率的で確実な婚活の方法です。結婚相談所では、専門のカウンセラーが自分のプロフィールや希望条件に基づいて相手を紹介してくれます。また、データやアルゴリズムによって相性の高い相手をマッチングしてくれるサービスもあります。結婚相談所を利用することで、自分にぴったりの相手に出会える可能性が高まるためオススメです。

年齢や条件にとらわれない

結婚適齢期を過ぎた人は、自分の理想を追い求めすぎて、現実とのギャップに苦しむことがあります。そんな人は、自分の結婚相手に求める条件を柔軟に見直してみましょう。例えば、年齢や容姿、収入や学歴などの外的な要素よりも、性格や価値観、ライフスタイルなどの内的な要素を重視したり、相手の長所や魅力に目を向け、年齢や条件にとらわれないことで、自分に合った相手を見極めることができます。

自分の魅力や長所をアピールする

結婚適齢期を過ぎた人は、自分に自信がなくなったり、相手に興味や好意を持ってもらえないと感じたりすることがあるでしょう。そんな人は、自分の魅力や長所を相手に伝えることが大切です。例えば、自分の趣味や特技、仕事や家事の能力、人柄や性格など、自分が誇れることを話したり、見せたりすることです。自分の魅力や長所をアピールすることで、自信や満足感が高まり、相手に興味や好意を持ってもらうことができます。

結婚適齢期のメリット・デメリットのまとめ

必ずしも結婚適齢期で結婚することが大切ではなく、時間がかかっても理想の相手を出会うために、出会いの場を増やしたり、自分磨きをすることが大切です。
結婚はしたいけど、自分に自信がない、出会いの場がないという人は、結婚相談所に相談してみましょう。
結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2 BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出

「ムスベル」にはプロの仲人(カウンセラー)が存在しており、婚活全般において全面的にサポートを行っているため、初心者の人でも安心して婚活をスタートできますよ。

結婚相談所「ムスベル」での活動を通して、素敵なパートナーとの幸せな結婚を掴みましょう。


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714