ブログ | Topics

女性の婚活疲れの原因と対策!なりやすい人の特徴も

婚活中の多くの人が「婚活疲れ」を経験すると言います。
真面目な人ほど陥りやすく、中には「婚活うつ」になってしまう人もいるようです。
たしかに、婚活が上手くいかないと「一体いつになったら結婚できるの?」「私のどこがダメなのだろう」といったネガティブな気持ちにもなってしまうでしょう。
「婚活疲れ」はあなたが婚活を頑張ってきた証ですが、そのままの状況で婚活を続けるのは得策ではありません。
この記事では婚活疲れの原因と対処法を紹介します。
婚活疲れになりやすい人の特徴も解説していますので、自分が当てはまっているか確認してみましょう。
「最近婚活のやる気が起きない」「もう婚活やめたい」と思っている人の参考になる内容になっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

女性がなりやすい「婚活疲れ」とは?

一言に「婚活疲れ」と言ってもその症状は千差万別です。
婚活疲れは特に女性になりやすいと言われています。
以下のような様子が見られたら、それは婚活疲れかもしれません。

・やる気が出なくて、理由もなく気分が落ち込む
・食欲がない(もしくは食べ過ぎてしまう)
・夜に中々眠れない
・自分がダメな人間に感じてしまう
・仕事も友人関係も心から楽しめない

症状はこのように様々ですが、共通するのは婚活が原因となって鬱のような状態になっている点です。
婚活疲れのままに婚活を続けても良い結果は得られませんし、婚活以外の仕事や友達との関係にも悪い影響が出てきます。
結婚して幸せな生活を夢見て始めた婚活のはずですが、婚活が思うように進まずに婚活疲れに陥る人が意外と多いのです。
「婚活疲れ」がひどくなった状態とも言える「婚活鬱」については、こちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

婚活鬱になる原因やなりやすい人の特徴は?婚活に疲れた時の対策も紹介

女性が婚活疲れを感じる瞬間や理由


「素敵な結婚を夢見て婚活を始めたけれど、全然上手くいかない」と悩む女性は多くいます。
むしろ、ほとんどの女性が1度は通る道と言ってもいいでしょう。
なかには婚活疲れが原因で結婚自体を諦めてしまう人もいます。
婚活疲れはなぜ起きてしまうのでしょうか。
ここでは、婚活疲れを感じる瞬間や理由を解説します。
婚活中の人は共感できる理由があるでしょうし、これから婚活を始める方にとってはこのような理由で婚活疲れになることを知ることで心構えができるはずなので、1つずつ確認してみましょう。

条件にこだわりすぎて出会いがない

婚活期間が長くなるほど「せっかくここまでがんばってきたのだから相手の条件には妥協したくない!」という考えになってしまいがちです。
そもそも相手に求める理想が高すぎて、条件に合った人がいない場合もあります。
そうなると、お見合いやデートどころかマッチングすらできずに出会いがない状況が続いてしまうでしょう。
そうなると相手と実際に会えないため、あなたの良さを相手に知ってもらう機会がないことになります。
お見合いやデートができないともちろん結婚はできないので、どんどん結婚は遠のいていくでしょう。
そのため、条件にこだわりすぎると婚活の最初のスタートである出会いが非常に少なくなってしまいます。

LINEや電話のやりとり

婚活において、相手とのコミュニケーションでLINEや電話でのやりとりは不可欠です。
しかもお付き合いをするまでは複数の異性と同時並行することが多いため、その負担は想像以上に大きなものでしょう。
返信の内容を考えるのに疲れますし、複数の人とのやりとりで誰とどんな話をしていたかきちんと覚えておかなくてはいけません。
普段から同時に何かをするのが苦手な人にとってはもう1つ仕事をしているような気分になります。
LINEや電話は相手との仲を深める重要な手段ですが、このやりとり自体がストレスとなり婚活疲れになることもあるようです。

 何回もデートをしたのに最終的にフラれてしまった

婚活で交際相手ができて、何回もデートを重ねて結婚が現実的になってきたと思っていたのに最終的にフラれてしまうこともあります。
傷つきますし、自分の貴重な時間が無駄になったように感じて非常にショックを受けるでしょう。
ここからまた別の人と新たに関係性を築いていかなければならないと考えると疲れを感じてしまいます。
また、「結婚したい人たちが活動しているのだから、結婚相手なんてすぐ見つかるはず」と気楽に構えていたのに、いつまでも結婚できないと心まで疲弊してしまうものです。
がんばって婚活している人ほど、どうして自分は結婚できないのかと絶望感に襲われるでしょう。
結婚できない女性の特徴の詳細はこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

結婚できない女性に共通する10の特徴|結婚するための4つのポイント

婚活について相談できる友達がいない

友達が多い人や仲の良い友達がいる人でも、友達に婚活の相談はしづらいものです。
最近では「婚活」という言葉自体は社会的にも浸透していますが、婚活をしていると宣言できる人はまだまだ少ないでしょう。
婚活をしていると言うと必死な感じがして恥ずかしさもあります。
そうなると婚活でどの人が自分にとって合っているのか、本当にこの人でいいのかなど、婚活における悩みがあっても誰にも打ち明けられずにいる人も少なくないはずです。
自分だけで悩んでいるとどんどん落ち込んできて気持ちも暗くなります。
相談できる友達がいれば、婚活疲れをおこす前に話して気持ちが楽になるかもしれません。

周囲からのプレッシャー

職場の同僚や兄弟など周りの人たちが結婚し始めると、無言のプレッシャーをかけられているような気持ちになってしまう人もいます。
親からはっきり「結婚はまだ?」「早く孫の顔が見たい」なんて言われてしまう人もいるでしょう。
こうした言葉を聞くと「自分だって好きで独身でいるわけではないのに」と一層悲しい気持ちになります。
また、婚活をしているとどうしても「女性らしくしなければ」というプレッシャーもあるものです。
婚活用のいつもと違うファッションや話し方もストレスとなる場合もあります。
こうした様々なプレッシャーが重なると婚活疲れになる可能性があるでしょう。

想像よりも時間もお金もかかっている

婚活は自分が想像しているよりも長期間にわたる可能性があります。
デートをするにしても交通費や食事代がかかりますし、有料の婚活サービスを利用している場合はそうしたサービスの利用料もかかってくるでしょう。
婚活がうまくいっていれば時間やお金をかける意味があると思えますが、中々いい人に出会えなかったり、交際が長続きしなかったりするとただ時間やお金を浪費しているだけに感じます。
好きなことをして過ごしたい休日を返上して婚活している人も多く、自分が思っているよりも婚活がうまくいかずに長期化すると、婚活疲れを引き起こす可能性があるのです。

その他婚活中によくある悩みについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、気になる方はチェックしてみてください。

みんなこんなに悩んでる!?婚活中に多い10個の悩みと対処法

婚活疲れになりやすい女性の特徴

婚活する全ての女性が婚活疲れになるのかと言うとそうではありません。
女性の多くが婚活疲れになりやすいと言われていますが、婚活疲れになる女性には共通した特徴があるのです。
ここからは、婚活疲れになりやすい女性の特徴を解説します。
自分がそうした特徴に当てはまるかどうか確認しながらご覧ください。
もし自分に当てはまる場合は、この記事の後半で紹介する「婚活疲れになった時に試すべきこと」を合わせてチェックすると良いでしょう。

まじめすぎる

まじめな人は、婚活で出会う人1人ひとりに誠実に対応しようとするため、やりとりする人数が多くなりすぎると婚活疲れを起こす可能性があります。
こうした人は自分と合わないと感じても、せっかく出会った人なのだからお断りをしては失礼なのではと考え、楽しくもないのに関係性を続けてしまいがちです。
また、真剣に婚活に取り組んでいる分、うまく進まなかった時に「自分のどこが悪いのだろうか」「あの時に変なことをしてしまったから連絡が来なくなったのか」など、必要以上にうまくいかない原因を自分にあるのではと考えてしまいます。

物事への期待値が高すぎる

婚活をすれば理想の相手に出会えるはずと期待しすぎる人は、理想にぴったり合う人に会えないことが続くと婚活疲れを起こしがちです。
こうした人は相手への条件も厳しく、1つでも希望する条件から外れているとがっかりしてしまいます。
そして、また新たな相手探しをしては同じことを繰り返し、どんどん心が疲弊していくのです。
高すぎる理想通りの相手と出会うのは中々難しいでしょう。
もし出会えたとしてもそうした人は競争率が高く、交際や結婚までいくのは非常に厳しい道のりです。
そのため、条件は1つか2つに絞って相手探しをすると格段に出会いが広がり、出会いが楽しくなってきます。

せっかちで早く結果を出したい思いが強い

せっかちな性格やすぐにでも結婚したい場合は、早めに婚活の結果が出ないと婚活疲れをおこしてしまいます。
特に周囲の友達が結婚ラッシュであったり、親からのプレッシャーがかかったりしていると余計に焦る気持ちが募るものです。
そうすると早く結果を出さなくてはと気持ちばかりが先走り、結果がついてこないため疲れてしまいます。
しかし、結婚は早ければいいものでもありませんし、急いでするものでもありません。
例え時間がかかっても、その後の人生を楽しく幸せに過ごせるパートナーを見つける気持ちで婚活に取り組むことが重要です。

婚活疲れになった時に試すべきこと


婚活疲れを起こす女性の特徴が分かりましたが、すでに婚活疲れになっている場合はどうしたら良いのでしょうか。
婚活疲れになってしまったらもう、どうしようもないわけではありません。
適切な対処をすることで、また気持ち新たに婚活を再スタートできるでしょう。
ここからは、婚活疲れになってしまった女性が試すべきことを解説します。
仕事においても息抜きは必要です。
婚活で心が疲れていると感じたら、ここで紹介することをぜひ実践して婚活疲れを癒しましょう。

ひとり旅や独身の女友達と旅行

ひとり旅はきれいな景色を見たり、おいしいご飯を食べたりすることで疲れた心を癒してくれます。
仲の良い女友達(できれば独身)と旅行に行くのも良い気分転換になるでしょう。
旅行した経験は、その後の婚活での話題にもなるのでおすすめです。
ただし、お金のかかる旅行の場合は婚活で話すと浪費家と誤解される恐れがあります。
温泉旅行や名所めぐりは気持ちも落ち着きますし、婚活の話題としても堅実な印象を与えられるでしょう。

趣味に没頭する

婚活のことは一旦忘れて趣味に没頭するのもおすすめです。
美容が趣味であれば、美容院で好きな髪型にしてもらったりエステやネイルをしたりしてもいいでしょう。
また運動が好きであればヨガやジムに行って思いっきり体を動かすのも良いリフレッシュになります。
婚活中はダイエットをして好きな食べ物を控えている人は、好きなものを好きなだけ食べるとストレス発散になるでしょう。
好きなことをすると、自然といい笑顔になりますし気持ちも穏やかになります。
婚活に疲れた時は、1度好きなことをして身も心もリセットすると新たな気持ちで婚活する力が湧いてくるかもしれません。

しばらく婚活はお休みする

日々働きながら婚活するのは、非常に大変です。
平日で疲れていても休日には婚活のためにしっかりメイクしてハイヒールを履いて出かけなくてはいけない日もあるでしょう。
もし、婚活に疲れてしまったらしばらく婚活はお休みして充電期間に充ててみてください。
一定期間、婚活から離れて生活してみると自分からまた婚活しようという気持ちになるかもしれません。
婚活は決して無理してするものではないので、お休みする選択肢を常に持っておくと気持ちに余裕が生まれます。

いつもと違うタイプの男性と会ってみる

婚活期間が長いけれど中々うまくいっていないと感じる人は、ぜひ条件を広げて出会いを求めてみましょう。
例えば「身長、年収、学歴」を条件としていても、こうした条件に当てはまらなくても共通の趣味の人に会ってみてください。
「共通の趣味の男性と会ってみたら、今までにないほど話が盛り上がってお付き合いすることになった」となるかもしれません。
婚活するメリットの1つは普段の生活では出会うことのない男性と出会えることと言えます。
せっかく色々な男性と出会うチャンスがあるにも関わらず条件に必要以上に固執し、会うことなく切り捨てるのはもったいないです。
自分の条件を大事にすることも必要ですが、婚活に疲れてしまったらこれまでと違ったタイプの男性に会ってみると新たな発見があるかもしれません。

違う婚活方法を試してみる

婚活ブームの最近では、出会いの場は多種多様です。
例えば気軽に婚活をしたければマッチングアプリや婚活サイトがあります。
仲人(カウンセラー)のサポートを受けながら婚活したい人は結婚相談所が向いているでしょう。
効率よく1度に色んな男性と話したいなら婚活パーティーや街コンなどが挙げられます。
婚活がうまくいっていなくても方法を変えれば急にうまくいくこともあるのです。
婚活がうまくいかないと感じている時こそ、自分に合った婚活スタイルを探してみるのもいいかもしれません。
結婚相談所のメリットはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

結婚相談所に入る7つのメリット。3つのデメリットもあわせて解説!

女性が婚活疲れにならないための3つのポイント

女性が婚活疲れになることは避けられないのでしょうか。
事前に婚活疲れにならないポイントを知っておけば、婚活疲れになるのを防ぐことは可能です。
ここからは、女性が婚活疲れにならないようにするためのポイントを3つ紹介します。
どれも言われてみれば納得のものばかりです。
全てではなくても、実践できるものからぜひやってみてください。
婚活疲れにならなければよりスムーズに結婚できるはずなので、1つずつチェックしていきましょう。

メリハリをつけて婚活する

婚活を始めると平日も休日も、昼も夜も関係なくがんばってしまう人は多いです。
しかし、24時間ずっと婚活のことばかり考えていると気が滅入ることも出てきます。
1日の中で婚活をするのは仕事終わりのみ、日曜日は婚活お休みといった具合に活動にメリハリをつけるのがおすすめです。
メリハリをつけることで婚活の時間には集中して取り組めますし、休憩のタイミングも作ることで心身のバランスを整えられます。
勉強や仕事もずっとやっていても成果は出ないように、婚活も適度な休みをはさみながら取り組むのが結婚への最短ルートになるのです。

小さな目標を達成することを繰り返す

婚活における大きな目標は当然「結婚する」ですが、この目標ばかりを念頭に活動すると先が長く感じて婚活疲れになってしまいます。
そのため、結婚するためにどのようなことを達成すればいいかをブレイクダウンして考えて小さな目標を立ててみましょう。
具体的には「メッセージの返信は24時間以内にする」「1ヵ月月で30人以上申し込む」「3ヵ月以内に交際相手を見つける」といったかたちです。
ポイントは短期間で達成できそうなものも盛り込むことです。
人は成功体験があるともっとがんばろうと思えます。
そのため、小さな目標を達成するのを繰り返していくことで自分に自信がつきますし、いつのまにか結婚が近づいていくのです。
気持ちも前向きに活動できるため、婚活疲れとは無縁でいられるでしょう。

婚活について相談できる人を見つける

婚活は最終的には自分自身ががんばらないことには結婚できません。
しかし、その過程では誰かに相談したり頼ったりしても良いのです。
友達でも会社の同僚、家族でも良いので婚活について相談できる人がいると困った時に心強いでしょう。
人は悩みがある時にそれについて話を聞いてもらえるだけでも心が軽くなります。
誰にも話せないままですと気持ちがどんどんネガティブになり、婚活疲れを起こしてしまうのです。
同じように婚活中の人であれば一層心強いですが、既婚者でも独身でもあなたが話しやすいことが大事になります。
1人でいいので何でも話せる相手がいると婚活疲れになる可能性は低くなるでしょう。

女性の婚活疲れのサポートは結婚相談所「ムスベル」にお任せください!

この記事では女性が婚活疲れを引き起こす原因やなった場合の対策、ならないための方法を解説してきました。
婚活をしていると「どうして私は選ばれないの?」「なぜ次のデートまでいけないのだろう」など悩みは尽きません。
そうした時に自分自身を振り返ることも大切ですが、あまり深刻に悩みすぎてしまうとネガティブ思考になり、婚活疲れに陥ってしまいます。
もし自分が婚活疲れになってしまったと感じたら、この記事で紹介した対策を試してみてください。
これから婚活を始める人は、記事内で解説した婚活疲れにならないポイントを頭に入れておくのがおすすめです。
また、婚活疲れはプロのサポートを受けてみても良いでしょう。
結婚相談所では仲人(カウンセラー)が婚活疲れにならないように支援してくれますし、もし婚活疲れになっても親身に相談に乗ってくれます。
そのため、自分が婚活疲れになりそうと感じている女性には結婚相談所での活動がおすすめです。
結婚相談所での活動を検討する場合は、ぜひ「ムスベル」へご相談ください。
「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2 日本結婚相談所連盟、日本ブライダル連盟、全国結婚相談所連盟、良縁ネットのwebサイト掲載会員数より、2021年3月当社調べ。地域によって例外がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


婚活を成功させるたった一つの方法リンクバナー