Blog

結婚相談所のメリットを解説。結婚相談所に入るべき理由などをご紹介

結婚相談所に対して「恋愛ができないモテない人が利用するもの」と、いわゆる負け組が利用するところだと思っている人がいるようです。しかしそれは間違った考え方であり、今では素敵な出会いを求めて結婚相談所を利用する人が非常に増えてきているのです。

男性女性問わず20代30代はもちろん、40代以上の人も積極的に利用しています。会社に勤めるサラリーマンやOL、個人経営の人など、結婚相談所に訪れる人の職種も色々です。

その理由として、結婚相談所には様々なメリットがあり、普通に恋愛して結婚に至るよりも、スムーズに進めることができるからです。そこで今回は、結婚相談所の種類を知り、そこにはどんなメリットとデメリットがあるのかを詳しく解説していきたいと思います。

結婚相談所の何がいいのか?何か気にするべきことがあるのか?など、これから結婚相談所を利用される人の参考になれば嬉しいです。

結婚相談所ってどんな種類があるの?

結婚相談所には、主に「仲介型」と「データマッチング型」の2種類があります。どちらも「結婚したい人をサポートし、結婚を前提とした出会いを提供するサービス」ではありますが、成婚に至るまでのサービス内容に違いがあります。

まずは仲介型とデータマッチング型それぞれの特徴、そしてメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

仲介型

仲介型とは、専任のコンシェルジュが仲人となって、会員が望むパートナーを探してくれる結婚相談所のことです。

昔から存在する結婚相談所の基本的な形となります。

コンシェルジュへ直接理想のパートナーと結婚像を伝え、会員の人柄や価値観などを分析し、二人三脚で成婚を目指していきます。細かいところまでサポートしてもらいたい人、また理想とするパートナーのイメージが定まっていない人などにおすすめです。

・仲介型のメリット
仲介型のメリットとして、自分だけの専任コンシェルジュに成婚までを徹底サポートしてくれることが挙げられます。結婚に対する悩み事はもちろん、どうしたら自分をもっと磨けるのかなど、かなり個人的な悩みに対してのアドバイスももらえます。

またパートナーを探してくれるだけではなく、過去の恋愛経験や学歴など、そのパートナーについて聞きづらいことも直接聞けます。つまり仲介型の結婚相談所でしたら、自分が求めている理想的なパートナーとピンポイントで出会うことができるのです。

・仲介型のデメリット
仲介型のデメリットは、ズバリ料金が高くなる可能性があること、専任コンシェルジュとの相性の良し悪しに左右されるということが挙げられます。前項で解説していますが、仲介型の結婚相談所は「人と人」で成婚達成に向けて進んでいくシステムですから、どうしても人件費が必要です。

また詳しくヒアリングをして慎重にパートナーを探していくため、婚活にかける日数が長くなり、その分総費用も高くなります。

そして専任コンシェルジュとの相性が悪ければ、自分の価値観や理想像に共感してもらえず、自分にミスマッチなパートナーを紹介されてしまう可能性があります。このように仲介型の結婚相談所は、費用面と相性面でデメリットが生じることもありますので注意が必要です。

データマッチング型

データマッチング型とは、仲介型のように人がパートナーを探すのではなく、コンピュータに蓄積されているデータを使い、システムによってマッチングさせる結婚相談所のことです。データマッチング型の結婚相談所に入会したあと、自分のプロフィールや理想のパートナー像を登録し、システムがパートナーをマッチングしてくれます。

つまり仲介型は手動、データマッチング型は自動で行うという大きな違いがあります。最近流行りの婚活アプリや婚活サイトなどの多くは、このデータマッチング型の結婚相談所に概要します。

・データマッチング型のメリット
データマッチング型のメリットとして、気軽さと料金の安さ、そして条件に見合ったパートナーを確実にピックアップできるという点が挙げられます。人とコミュニケーションを取りながらパートナーを探す仲介型とは異なり、全てシステムを使いますので、人見知りの方でも気軽に使えます。

予め条件を入力することから、年齢や職業、婚姻歴など、自分の理想とするパートナーが見つかり、おすすめされる理由も明確です。そして入会金や初期費用なども比較的安く、お見合い料や成婚料もかかりませんので、総合的な費用を抑えることができます。

・データマッチング型のデメリット
データマッチング型のデメリットは、条件に見合ったパートナーを探せる一方で、相手の理想や条件に合わず、デートやお見合いを断られてしまう可能性が高いことです。

その結果、成婚まで時間がかかってしまうこともあります。また仲介型ですと、専任のコンシェルジュが二人を仲介してくれるため、成婚に至りやすいのですが、データマッチング型は利用者自身でアクションを起こさなければいけません。

安く利用できる分、仲介型よりも努力が必要なのがデメリットと言えるでしょう。

結婚相談所を利用する7つのメリット

結婚相談所を利用することで、結婚意欲の高い人と出会えて結婚への近道となりますし、複数人の条件の合う理想的な相手と付き合えるなど、様々なメリットがあります。もちろんある程度の費用は必要ですが、結婚したい方にとって結婚相談所は、頼みの綱的な存在となってくれること間違いありません。

そんな結婚相談所を利用する7つのメリットについて詳しく解説していきましょう。

身元が保証されていて結婚意欲が高い人と出会える

結婚相談所へ入会する目的は「結婚」であるため、結婚意欲が高い人と出会うことができます。結婚相談所は出会い系サイトや出会系アプリとは異なり、結婚を前提としたお付き合いや、成婚を目的としており、またある程度の費用が必要であるため、いい加減な気持ちで入会する人はいません。

そもそも結婚相談所へ入会するためには、正確な個人情報はもちろん、高い結婚意欲が求められます。偽装の個人情報では入会できませんし、結婚意欲が無い人も審査で入会を断られます。

このように、身元が保証されていて、なおかつ結婚意欲の高い人と出会えるのが、結婚相談所の大きなメリットと言えるでしょう。

日常の出会いより結婚までのスピードが早い

前項の通り、結婚相談所は結婚意欲の高い人だけが入会していますので、結婚までのスピードが早いというメリットがあります。日常の出会いから結婚までは何かと時間と労力が必要です。

社会人ともなると出会いの場所も少ないですし、運良く出会えたとしても、そこから恋の駆け引きを繰り返して恋愛へと発展します。さらに長い年月恋愛関係を続けてお互いに結婚を考えるようになり、そこからプロポーズをし、やっと結婚への扉が開かれます。

現在恋人がいなく、それでも結婚意欲が高い人からしてみれば、「出会い→駆け引き→恋愛→プロポーズ→結婚」という一連の流れは、あまりにも長過ぎます。しかし結婚相談所でしたら、これら一連の流れを大幅に短縮できるため、結婚までのスピードが早いのです。

複数人と同時に付き合いが可能

結婚相談所でしたら、通常の恋愛では許されない「複数人との同時お付き合い」が可能となっています。通常の恋愛で複数人の相手とお付き合いをするのは、全ての相手に大変失礼なことであり、「浮気者」「遊び人」のレッテルを貼られてしまいます。

しかし結婚相談所では「仮交際」の名の下、複数人とお付き合いし、結婚して本当に幸せになれる人なのかどうかの判断をする期間があります。もちろん相手も他の人と仮交際をしていますので、お互い様なのです。

複数人と同時に付き合い、最終的に決めた人と成婚することで、後になって「こんなはずじゃなかった」と後悔するが少なくなります。

希望の条件で相手から相手を選ぶことができる

結婚相談所へ入会する際、自分が希望する相手の条件を決めることができますので、理想とする出会いを実現できます。合コンや飲み会、サークル活動などで自分が求める希望通りの相手を見つけるのは正直難しいものです。

どれだけ見た目が好みだったとしても、趣味や性格の不一致だったり、私生活の環境の違いが生じることで、結婚相手としては問題がある時もあるでしょう。また結婚相手としては譲れない条件が必ずあるもので、例えば「35歳以下で離婚歴が無く、価値観が同じで、料理が上手な人と結婚したい」と思っても、その全てに該当する相手と出会うのは日常生活では至難の業です。

しかし結婚相談所でしたら、これら様々な条件に該当する相手を探すことができ、実際にお見合いという形で会うこともできるのです。

婚活のプロからのアドバイスがもらえる

結婚相談所には、婚活のやり方を熟知したプロの仲人やカウンセラーが在籍していますので、様々なアドバイスをもらうことができます。

例えば1人で婚活パーティーや婚活向けの街コンに参加し、そこから恋愛に発展したとしても、何かしらのトラブルが発生し、関係が崩れてしまうこともあるでしょう。

またお見合いを申し込み、残念ながら良い返事をもらえなかった場合、自信をうしなってしまうこともあるかと思います。

そんな時に頼りになるのが結婚相談所に在籍する婚活のプロです。客観的な立場で親身になってアドバイスをしてくれ、二人三脚で成婚を目指してくれます。

お断りは仲介して行える

結婚相談所では、仮交際やお見合いを何度か行うことになりますが、その後もしお断りをする際には、自分で伝えず仲介してもらうことができます。自分だけで婚活をする際、お見合いや交際をしたあと「やっぱりちょっとこの人は違うな」とお断りをすることもあるかと思いますが、それってやっぱり伝えづらいものです。

しかし結婚相談所でしたら、自分で伝える必要はありません。お断りする罪悪感が無くなり、ストレスを抱えること無く婚活を続けることができます。

結婚相談所を利用するデメリット

何事にもメリット・デメリットがあるもので、結婚相談所も上記の通りメリットはたくさんありますが、そこにデメリットがあることも忘れてはいけません。結婚相談所はビジネスですので、当然利用には費用がかかりますし、必ずしも理想の相手が見つかるとも限りません。

また入会にはいくつかの条件がありますので、場合によっては入会を断られてしまうこともあります。それでは結婚相談所を利用するデメリットについて、詳しく解説していきます。

利用には費用がかかる

結婚相談所は事業として運営しているため、利用するためには費用がかかってきます。
入会するための費用として100,000~150,000円前後かかり、他にも初期費用やお見合い料金、そして成婚となった場合には成婚料金を支払うところもあります。
最終的には数十万円かかることもありますが、見事結婚にありつくことができれば、金額以上の幸せを実感することでしょう。

必ず理想の相手が見つかるとは限らない

結婚相談所は成婚を保証するものではなく、また必ず自分の理想とする相手が見つかるとは限りません。
仲介型の結婚相談所でしたら、相談にのってくれたりアドバイスをくれたりなど、様々なサポート体制が整っていますが、自分自身でアクションを起こさなければ成婚は難しいです。

結婚相談所へ入会して積極的にアプローチすることで、理想の相手を見つけられる可能性が高まります。

入会には条件が設定されている場合がある

結婚相談所へ入会するためには、各社が定める一定条件を満たしている必要があります。
独身であることはもちろん、心身ともに健康であること、定職についている、安定収入があるなどです。
各結婚相談所の入会条件を満たしていなければ、入会を断られてしまうこともありますのでご注意ください。
もちろん、結婚意欲があることはどこの結婚相談所にも共通する条件です。

まとめ

今回は、結婚相談所の種類、結婚相談所を利用するメリット・デメリットについて詳しくご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? 結婚相談所には「仲介型」と「データマッチング型」があり、どちらも同じ結婚相談所ではありますが、仲介型は専任のコンシェルジュと一緒に二人三脚で成婚へ向けて進めていきます。

都度アドバイスを受けながら婚活できますので、あまり慣れていない方でも安心して婚活ができます。
そしてデータマッチング型は、システムを使って条件に見合った相手を探すことができ、仲介型よりも安く利用できるメリットがありますが、利用者自身で様々なアクションが必要です。

どちらもメリット・デメリットがありますが、結婚相談所は結婚へ向けての近道になることは間違いありません。