News | Topics

お見合い相手の選び方・お見合い状態・お見合いパーティーについて徹底解説

結婚を考えるとき、お見合い相手の選び方はとても重要なことです。お見合い相手は、自分の人生のパートナーになる可能性が高い人ですから、自分に合った人を見つけることが大切です。しかし、お見合い相手の選び方は、なかなか難しいことでもあります。自分の理想と現実のギャップに悩んだり、相手の条件に合わせすぎたりして、本当に自分に合った人を見逃してしまうこともあります。

そこで、この記事では、お見合い相手の選び方を工夫して、OKの返事をもらえるようにするためのポイントを紹介します。お見合いで幸せな結婚を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

お見合い相手を選ぶ際に見るべき5つのポイント

お見合い相手を探すのは、プロフィールを見て、会う人を選ぶところから始まります。ただし、お見合い相手を選ぶ時、何を基準に選んでいけばいいのかを難しいと感じる人もいるでしょう。

お見合い相手の選び方は、婚活するまでの過程でとても大切なプロセスです。今からお見合い相手を選ぶ際に見るべき5つのポイントを紹介します。自分に合ったお見合い相手を見つけるための参考にしてみてください。

自分にとって譲れない条件を満たしている

お見合い相手を選ぶ際、まずは自分にとっての結婚相手に譲れない条件を考えてみましょう。年齢や、趣味、仕事の形態、住んでいる場所など、結婚相手に最低限譲れない条件に当てはまっている人から、まずは選んでみましょう。どういった結婚生活を送りたいのかをイメージしながら、譲れない条件を考えてみてください。

ただし、あまりに譲れない条件が多すぎてしまうとお見合い相手の選択肢の幅を狭めてしまいます。結婚のチャンスを逃さないよう、最低限の条件をクリアした人にはまず会ってみるのもおすすめです。

趣味などの共通点がある

お見合い相手を選ぶ際、趣味など何か共通点がある人を選ぶのも良いでしょう。同じ共通点がある人とは、共通の話題も多く、会話も弾みやすいです。

また、共通の趣味があれば、余暇を共に過ごすとき、一緒に趣味を楽しむこともできるかもしれません。そして、相手の趣味によって、インドア派かアウトドア派かなどのタイプもわかります。

趣味は、お見合いで自分の性格に合った人を見つける手がかりにもなるので、しっかりプロフィールで見ておくのがおすすめです。

人柄が良い

お見合いで相手を選ぶ際、外見だけでなく人柄の良さも見ておきましょう。

結婚したら何十年も一緒に過ごすことになります。人柄が悪ければ、いくら外見がよくてもずっと一緒に過ごすことはできないでしょう。一緒に過ごして心地よいと思える人を選ぶことは、結婚する上で大切なポイントになります。

ただし、人柄はプロフィールだけでは見えません。写真やプロフィールから人柄が良さそうだなと思う人を選び、実際に会ってたくさん会話しながら、今後の人生を一緒に過ごせる人かを確認する必要があります。

自分を尊重してくれる

お見合い相手でどの人が良いのか選ぶ際、自分を尊重してくれるかどうかも大切なポイントです。お互いを尊重できる関係が、一緒に暮らしていく結婚生活では大切になります。自分を尊重してもらえる関係性であれば、結婚生活が充実したものになるでしょう。

仕事のことや、子供のこと、住む場所など、結婚後に思い描く自分の希望を尊重してくれそうな人を選ぶのがおすすめです。できるだけ自分と同じ価値観を持っていそうな人かどうかを考えながら選んでいきましょう。

少しでもいいなと思う部分がある

希望する条件全てに当てはまっている人でなくても、結婚相手として素晴らしい人はいるかもしれません。最初に理想としているタイプではないと感じても、実際はうまくいって幸せな結婚生活を送っている人も多いです。

お見合いでは、最低限の条件をクリアして少しでもいいなと思う部分があるのならば、積極的に会ってみるのがおすすめです。

少しでもいいなと思う部分があれば、その直感に従って、一度会ってから今後のお付き合いを決めてもよいでしょう。

お見合い相手の選び方を工夫してOKの返事をもらおう

お見合いは、結婚を前提とした真剣な出会いの場です。しかし、お見合い相手を選ぶときには、どのような基準で判断すればよいのでしょうか?自分の理想と現実のギャップに悩んだり、相手の条件に合わせすぎたりして、本当に自分に合った人を見逃してしまうこともあります。

お見合い相手の選び方を工夫して、OKの返事をもらえるようにするためには、以下のポイントに注意しましょう。

譲れない条件を決める

お見合い相手を選ぶときには、自分が絶対に譲れない条件を明確にしておくことが大切です。性格や価値観、趣味やライフスタイルなど、自分と相性が良くて一緒にいて楽しいと感じる人を探すことが重要で、結婚後の暮らし方や子どもの有無や教育方針など、将来的なビジョンについても、互いに話し合える人を選ぶことが大切です。

年齢差が1番気になる

お見合い相手を選ぶときには、年齢差も気になるポイントですよね。一般的には、男性が女性よりも年上であることが望ましいと思われていますが、実際には年齢差はそれほど重要ではありません。大切なのは、年齢ではなく、相手と自分が同じレベルで話ができるかどうかです。また、年齢差があっても、互いに尊重し合える関係であれば問題なく、年齢差はあくまでも数字であり、相手の人柄や魅力を見ることが大切です。

相手の収入を気にしよう

結婚生活には経済的な安定が大切です。収入は相手の能力や努力や社会的地位を表す指標ですが、収入だけで相手を判断することは危険です。収入が高くても、浪費癖があったり借金があったりする人もいますし、収入が低くても、貯蓄があったり将来性があったりする人もいます。収入はあくまでも参考程度にして、相手の人間性や価値観や目標などを見ることが大切です。

お見合いの選び方でルックスの重要性は関係ある?

自分の理想とするルックスの人と出会えたら最高ですよね。人は見た目に惹かれるものですが、ルックスだけで相手を判断することは危険です。ルックスが良くても、性格が悪かったり浮気癖があったりする人もいますし、ルックスが悪くても、優しくて誠実で面白い人もいます。また、ルックスは時間とともに変化するものですし、ルックスだけでは相手の魅力や愛情を感じることはできません。ルックスはあくまでも第一印象に過ぎず、相手の内面や行動を見て相性が合うか判断することが大切です。

【結婚相手を選ぶためのチェックリスト10項目】譲れない条件と妥協すべき条件とは?

気になるお見合い相手を選んだ後に取るべき行動

お見合いで気になる相手を選んだ後、実際にどういう行動を取っていけばいいのでしょうか。いざ自分がいいなと思う人がいても、相手も選ぶ立場にあるのです。

お見合い相手を選んだ後は、相手に好印象を持ってもらうための行動や、自ら行動していくことも大切になるでしょう。今から、お見合い相手を選んだ後に取るべき行動を解説します。

笑顔で話を聞く

お見合い相手と話すときは、笑顔で話を聞くことを心がけることが大切です。お見合いでは、第一印象がとても重要になります。笑顔で話を聞く姿は、相手に好印象を与えます。また、相手が答えやすいような質問をして、話を聞いてあげるのもいいでしょう。

相手の話を聞くときは、笑顔でしっかり相槌をうちながら聞くようにするといいでしょう。ただし、あまりに不自然な作り笑顔だと、相手に伝わってしまいます。あくまで自然な笑顔を心がけましょう。

良いと思う人がいたら積極的にアプローチする

お見合いは積極的に自らアプローチしていくほうが、成功につながりやすいです。積極的にアプローチしている人のほうが、成婚率も高くなる傾向になります。もし、お見合い相手でいい人がいたら、積極的にアプローチしていきましょう。

デートのお誘いや、電話など積極的に自らすることで、相手への好意も伝わりやすいです。また、相手も好意がある場合、積極的にアプローチしてもらえるほうが安心して好意を伝えられるでしょう。

結婚観についてしっかり話し合う

お見合い相手にいい人がいれば、お互いの結婚観についてしっかり話し合ってください。どんなに外見が良くて理想の条件に当てはまっても、結婚観が違えば、結婚生活はうまくいかず後々辛くなってしまうでしょう。特に、子供のことや仕事のことなど聞いておくのがおすすめです。

ただし、出会ってすぐに結婚観を一方的に話すと、印象が悪くなる場合もあります。まずはデートを楽しみ、結婚を意識できそうな人であれば徐々に結婚観を話していきましょう。また、結婚観を話す際は、自分だけが一方的に話すのではなく、相手の結婚観も否定せずに聞くことが大切です。

相手からも選ばれていることを意識する

お見合いは自分も相手を選びますが、相手からも選ばれていることを忘れないようにしましょう。相手から選ばれているという意識を持つことで、上から目線ではなく、相手に対して謙虚な気持ちで対応することができます。

また、相手の立場に立って自分を客観的に見てみるのもおすすめです。自分を客観的に見ることで、自分の条件が高望みすぎると気づくこともあるかもしれません。
お見合いは、お互いが結婚相手を選ぶ場です。謙虚な気持ちで相手に接することを心がけてください。

感謝の気持ちをもって接する

感謝の気持ちをもてる人は、婚活でも成功しやすいです。さらに、常に感謝の気持ちをもって接することで、相手の良いところに目を向けることができます。感謝の気持ちは、自然と相手に伝わっていくでしょう。

お見合いは、相手の悪いところに目がいってしまう人もいるかもしれません。しかし、いつも不満を言っている人よりも、感謝の気持ちを持っている人と一緒にいたいと思うのではないでしょうか。

少しでも興味がある相手には会ってみるのがおすすめの理由


お見合いで、条件に当てはまった人だけに会うのを絞ると、出会いの幅を狭めてしまいます。少しでも興味がある相手には、一度会ってみるのがおすすめです。

恋愛は、必ずしも条件に当てはまった人だからうまくいく訳ではありません。条件にすべて当てはまるわけではなくても、少しでも興味がある相手と恋愛が始まることはよくありますし、意外とうまくいくことも多いのです。最初は物足りなくても、会っていくうちに、相手の魅力に気づくこともあります。

お見合い相手と交際、結婚するためのポイント

お見合いは、結婚を前提とした真剣な出会いの場です。しかし、お見合い相手と交際、結婚するまでには、さまざまなハードルがあります。お見合い相手との関係を深めるためには、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?そこで、お見合い相手と交際、結婚するためのポイントをまとめました。

自己紹介で印象付ける

お見合い相手と初めて会うときには、自己紹介で相手に良い印象を与えることが大切です。自分の名前や年齢や職業などの基本的な情報はもちろんですが、それだけでは相手に覚えてもらえません。自分の性格や趣味や特技など、自分の個性を表現することで、相手に興味を持ってもらうことができます。また、自己紹介は簡潔にまとめて、話し方は明るく丁寧にすることで、相手に好印象を与えることができます。

共通の趣味や関心事を聞く

お見合い相手と会話をするときには、共通の趣味や関心事を聞くことが大切です。相手が何に興味があるかやどんなことを楽しんでいるかを知ることで、相手の人柄や価値観を理解することができます。また、共通点があれば、話題が豊富になりますし、仲良くなりやすくなります。共通の趣味や関心事を聞くときには、質問だけでなく、自分も同じような経験や感想を話すことで、話に共感することができ相手との距離を縮めることができます。

尊敬と敬意をもって接する

お見合い相手と接するときには、尊敬と敬意をもって接することが大切です。相手の意見や感情を尊重し、批判や否定をしないことが基本です。また、相手の話をしっかり聞き、目を見て話し、うなずきや笑顔で反応することで、相手に興味や関心があることが伝わります。尊敬と敬意をもって接することで、相手に信頼感や安心感を与えることができます。

コミュニケーションを意識する

お見合い相手と交際するためには、コミュニケーションを意識することが大切です。お見合い後には、メールや電話などで連絡を取り合うことで、関係を維持することができ、デートの誘いやプランの提案などで積極的に行動することで、相手に好意や関心を伝えることができます。連絡は取りすぎても相手の時間を奪うことになるため、相手の生活ペースに配慮して、連絡することが大切です。

誠実さを見極める

お見合い相手と結婚するためには、誠実さを見極めることが大切です。相手が自分に対して正直であるかどうかや、約束や責任を守るか、浮気や嘘をしないか、相手の信頼性を判断することが必要です。また、相手が自分に対して思いやりや配慮を持っているか、自分の欠点や失敗を受け入れてくれるか、自分の夢や目標を応援してくれるか、相手が自分に誠実な対応をしてくれるかも重要なポイントとなります。誠実さを見極めるためには、相手の言動や態度に注意することが大切です。

交際に時間をかける

お見合い相手と結婚するためには、交際に時間をかけることが大切です。お見合いは、一度の出会いで相手の全てを知ることはできません。相手との関係を深めるためには、何度もデートを重ねて、さまざまな場面で相手の本当の姿を見ることが必要で、交際に時間をかけることで、自分の気持ちや決意も確かめることができます。交際に時間をかけることで、相手の自分への思いに変化がないか知ることができます。

家族との関係は良好か

お見合い相手と結婚するには、家族との関係も良好であることが大切です。結婚は、相手だけでなく、相手の家族も受け入れるのです。相手の家族と仲良くなるためには、挨拶や礼儀などの基本的なマナーは必要ですが、それ以上に大切なのは相手の家族があなたを迎え入れてくれるかです。お互いの家族との関係が良好であれば、結婚生活で困ったことが起きても頼ることができ、結婚生活も円満に過ごすことができます。

お見合い相手を選ぶ基準は申込む時と申込まれた時で変えた方がいい?

お見合い相手を選ぶ基準は、申込む時と申込まれた時で変える必要はありません。自分が絶対に譲れない条件や理想のパートナー像は、どちらの場合でも同じであるべきです。

申し込む時には、自分の条件や理想に合う人を探すことが重要で、申し込まれた時には、相手の条件が理想に合うかどうかを判断することが重要です。どちらの場合でも、自分と相手の相性や適性を見極めることが大切です。

状況によって、お見合い相手を選ぶ基準を変えることは、自分にも相手にも不誠実であり、結婚後のトラブルの原因になるため、お見合い相手を選ぶ基準は、申込む時も申込まれた時も一貫しておくことが大切です。

 

お見合い場所はどう決める?選び方や待ち合わせまでにすることを紹介!

お見合いは、結婚を前提とした真剣な出会いの場です。しかし、お見合い場所をどう決めるかは、意外と悩みます。そこで、お見合い場所の決め方や選び方や待ち合わせまでにすることをまとめました。

お見合い場所の決め方

お見合い場所の決め方は、自分と相手の希望や条件に合わせて調整することが大切です。一般的には、お見合い相手と同じ地域や近くの地域であれば、中間地点を選ぶことが望ましく、遠方の場合は、どちらかが移動することになりますが、その際は交通費などの負担を考慮することが必要です。

お見合いの場所は、事前に相手や仲人と相談して決めることをオススメします。自分だけで勝手に決めることは、相手に失礼にあたりますし、相手の希望や条件を無視することになるためです。

交通アクセスでの注意点

お見合い場所を選ぶときには、交通アクセスでの注意点もあります。お見合い場所は、電車やバスなどの公共交通機関で簡単に行ける場所であることが望ましいです。車で行く場合は、駐車場があるか確認することが必要です。

お見合い場所は、周囲に目立つランドマークや目印がある場所であると分かりやすく迷子になったり、遅刻するリスクを減らすことができます。

時間帯はいつがいい?

お見合い場所を選ぶときには、時間帯も重要なポイントです。一般的には、お見合いは昼間に行いましょう。昼間の方が周囲の雰囲気も穏やかで、お茶をするだけなら最適です。夜間だと食事をすることになり、フォーマルな服装になってしまうため、お互いの緊張感も高まってしまいます。

相手を知る段階なのか、交際へと進めていくのか、お互いの現在の関係性を考慮したうえで昼間か夜間か決めるとよいでしょう。

事前準備しておくこと

お見合い場所の営業時間やメニューを確認しておきましょう。また、お店の雰囲気や評判を調べておくことで、トラブルのリスクを減らしたり、メニュー選びに時間をかけずにすむため、事前準備することで余計なトラブルが起きる可能性を減らし、お見合いに集中できるようにしましょう。

待ち合わせ時間

待ち合わせ時間は、お見合い場所の開始時間よりも少し早めに設定することが望ましいです。例えば、お見合い開始が14時からであれば、15分前に待ち合わせるといいです。

交通の遅れなどで遅刻することがないように、早め早めの行動を意識しましょう。

遅刻することで相手に不信感を与えてしまう可能性があります。

【結婚相談所が教える】お見合いの流れと大事なマナー

お見合いとお見合いパーティーの違い

結婚を前提とした出会いの方法として、お見合いやお見合いパーティーがあります。しかし、お見合いとお見合いパーティーは、どのように違うのでしょうか?お見合いとお見合いパーティーの違いを説明していきます。

個別対応してもらえる

お見合いは、結婚相談所や仲人などの第三者が、自分に合った相手を紹介してくれるサービスです。自分の希望や条件に応じて、個別に対応してもらえます。一方、お見合いパーティーは、複数の男女が集まって、自由に交流するイベントです。自分で相手を探さなければなりません。お見合いは、自分にぴったりの相手を見つけやすいですが、費用が高くなります。お見合いパーティーは、費用が安く済みますが、相手を見つけるのが難しいです。

仲人の存在がある

お見合いは、仲人の存在があることが多いです。仲人は、自分と相手の仲介役として、紹介やアドバイスやフォローや、自分と相手の信頼性や安心感を高めてくれます。一方、お見合いパーティーは、仲人の存在がないことが多く、自分と相手は直接やり取りすることになります。仲人がいないことで、自由度やプライバシーが高まりますが、信頼性や安心感が低下する可能性もあります。

相手の結婚への意識が違う

お見合いは、結婚を前提とした真剣な出会いの場です。お見合いに参加する人は、結婚への意識が高く、早く決断したいと思っています。一方、お見合いパーティーは、結婚を目的としない楽しい出会いの場です。お見合いパーティーに参加する人は、結婚への意識が低く、ゆっくり様子を見たいと思っています。

プライベートな空間で話せる

お見合いは、プライベートな空間で話せることが多く、レストランやカフェなどで二人きりで会話することができます。プライベートな空間で話せることで、相手に集中できますし、深く知ることができます。一方、お見合いパーティーは、プライベートな空間で話せないことが多いです。会場やテーブルなどで他の参加者と一緒に会話することになり、プライベートな空間で話せないことで、相手に集中できないことや、浅く知ることしかできないことがあります。

まとめ


お見合い相手を選ぶことは、結婚への第一歩。今回は、お見合い相手を選ぶ際、譲れない条件や、趣味など共通点がある人から選ぶのがおすすめと紹介しました。合わせて、人柄や自分を受け入れてくれそうな人かもチェックしていくといいでしょう。

また、お見合いは相手を選んでからの行動も、結婚するためには大切です。お見合いでは、自分自身も相手に選ばれていることを忘れず、相手に好印象を持ってもらえるように行動してください。

結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2  BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出