News | Topics

出会いが多い仕事と特徴!気を付けることや出会いを広げる方法も

社会人になると仕事をする時間が生活の大部分となります。そのため、仕事で出会いを期待する人は多いのではないでしょうか。仕事での出会いを求めている場合、どんな仕事でも出会いがあるのか、何か気を付けることがあるのかなども気になるところです。

この記事では、異性との出会いが多い仕事や業界について解説します。出会いが多い仕事には共通した特徴があるため、その点についても紹介する内容となっています。また、仕事での出会いで気を付けるべきことや出会いを広げるためにすべきことについても触れていますので、最後までご覧ください。

仕事での出会いを求めている人や転職を考えている人にとって最適な内容となっていますので、当てはまる人はぜひ1つずつ確認していきましょう。

異性との出会いが多い仕事や業界7選!


就職するタイミングの人や転職を考えている人は、これから働く仕事や業界ではどのくらい出会いがあるのか気になるかと思います。実は、異性との出会いが多い仕事や業界はあるのです。

ここでは、代表的な7つの仕事や業界について解説していきます。人との交流が多い仕事から、社内恋愛が多い仕事などその仕事内容や業界は様々です。気になる仕事や業界があれば、ぜひ内容をチェックしてみてください。出会いだけを目的にしてはいけませんが、就職や転職のタイミングでは参考になるでしょう。

サービス・飲食業界

サービス業や飲食業は異性との出会いが多い業界です。こうした仕事は1人で完結するものではなく一緒に働いているメンバーと協力しながら仕事をしていくことが多いため、人とのコミュニケーションが生まれやすいと言えます。毎日一緒に働いていくことで、信頼関係がうまれて交際に発展することもあるのです。同僚だけでなく、お客さんとの出会いもあるかもしれません。

また、サービス業や飲食業は男女比のバランスがとれており、様々な年代が働いているためどの年代の人にとっても出会いが期待できるでしょう。仕事終わりに食事や飲みに行くことも多いため、仲良くなりやすい仕事と言えます。

美容・芸能・ファッション業界

美容師、メイクアップアーティスト、スタイリストなどの美容・芸能・ファッション業界も人と接する機会が多く、異性と出会える可能性が高いです。こうした仕事や業界は華やかなイメージがある方も多いのではないでしょうか。

実際、コミュニケーション能力が高く、おしゃれで恋愛上手の人が多いため、仕事関係の相手と交際する人も珍しくありません。異性と話すことに抵抗がない人が多く、モテるタイプの人が集まっている仕事と言えるため、出会いは豊富にあるでしょう。仕事関係で交際することが珍しくないため、出会いが見つかりやすいです。

マスコミ・広告業界

マスコミや広告業界の人は他の仕事に比べて圧倒的に人と出会う機会が多いです。自分で人脈を築いていくことが仕事に活きることもあり、異業種交流会や合コンが頻繁に開催されます。仕事相手が社長や有名人であることも多く、そこからさらに出会いが広がる可能性もあるでしょう。人との出会いが仕事にも良い影響を与えるので新たな出会いを楽しめるのです。

マスコミや広告業界で働く人はルックスもおしゃれで話し上手な人が多くいます。そのため、異性に一緒にいて楽しいと思わせるタイプが多くいます。常にパートナーがいて相手探しに困らない人もよくいるでしょう。

メーカー

メーカーは営業職や研究職、総務、広報など様々な部署で多くの人が働いています。仕事自体もいくつかの部署で一緒に行うので、社内だけでも多くの出会いがあるでしょう。大手のメーカーの場合は数年で異動があります。部署が変われば一緒に働く人も一新されるため、異動を機に理想の相手に出会える場合もあるのです。

メーカーでは特許をはじめとした機密事項を扱う場合もあり、同僚がパートナーだと相談できて公私共に支え合えるという理由で社内結婚が非常に多くなっています。新卒の頃から将来の有望株や良い妻になりそうな人を見定めておく人もいるのです。

商社

商社で働いている場合は、総合職でも一般職でも出会いが多くあります。総合職であれば営業の人がほとんどのため、国内外の会社の人と出会う機会があるでしょう。他の仕事に比べて海外の人との出会いがあるのが、商社の特徴と言えます。また、体育会系出身者が多く、飲み会や合コンなど様々なところに出会いがあるのです。

一般職の場合は事務職が多く、社内の人と出会う機会はあまり多くありません。しかし、総合職の人を陰ながら支える立場となるので、営業職の人と交際に発展することが多いです。同じ職場で働いていると忙しさや大変さを理解できるため、社内で出会いを探す人は多いでしょう。

金融業

銀行や保険会社といった金融業は社内で出会いが多い職業です。金融業は他の仕事に比べて定期的に研修が開催されることが多く、年齢の近い人と出会える機会が多くあります。研修内容もグループで行うものが多数あるため、気になる人と関係性を深められるのです。

また、金融業は毎月ノルマがあるため、チームみんなで目標達成に向けて力を尽くすので自然と団結する傾向があります。そして、ノルマ達成や節目ごとには飲み会が開催されるため、異性と打ち解ける機会が多いのです。チューター制度といった先輩社員が後輩社員を教える文化もあるため、日常のやりとりから交際に発展する可能性もあるでしょう。

公務員

公務員は職場内で出会いが多く、交際や結婚までいくカップルが多い仕事と言えます。数年で部署異動があるため意外と人との出会いが多くあり、また男女比が偏っておらず毎年採用されている仕事のため、様々な年代の人と出会いやすいです。

お互いが公務員ですと安心して交際できますし、結婚後も産休や育休が取りやすい雰囲気があります。そのため、結婚相手としては最適と考えている人も多いです。公務員はまじめで堅実な人が多く、同じような価値観の人と出会いたい人にとっては公務員として働けると理想の相手に出会えるかもしれません。

公務員は安定した仕事のため、公務員以外の人からも人気のある職業です。特に、結婚相談所では公務員を希望する人が一定数います。公務員というだけで有利に婚活を進められるかもしれません。

公務員の婚活についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

公務員の婚活は結婚相談所一択!モテるためにやるべき3つのこと

医療業界

医療業界の仕事場では医師、看護師、医療事務、理学療法士など様々な職種の人が働いています。大学病院や総合病院で働いている場合、シフト勤務となるため、中々他の仕事の人とスケジュールが合わないことが多いです。そのため、職場内恋愛や仕事関係で出会った人と交際や結婚に発展するケースが多いでしょう。また、人によっては患者さんと良い出会いがあり、そのまま結婚なんて人もいます。

医療業界は人の命を預かる現場のため、大きな責任感やプレッシャーを感じることもあります。そうした時に同じ医療業界の人がパートナーであれば悩みや苦労を分かってくれるので、とても心強く感じるでしょう。

その他、社会人の出会いについてはこちらの記事で詳しく解説していますので併せてご覧ください。

社会人の出会いにおすすめの6つの場所|【男女別】出会うためにすべきこと

出会いが多い仕事や業界の特徴


出会いが多い仕事や業界が分かりましたが、こうした仕事には何か特徴があるのでしょうか。

ここからは、出会いが多い仕事や業界の特徴について解説していきます。日常の仕事をするなかで自然に出会い、交際や結婚したい方は、紹介する特徴に当てはまる職業への就職や転職を検討しても良いでしょう。

今、自分が働いている仕事や興味のある業界が、異性と出会いの多い職業なのかどうか、これから紹介する特徴に当てはまるかぜひ1つずつチェックしてみてください。

中途入社が多く人の出入りが頻繁にある

中途入社が定期的にあり、人の入社や退職が頻繁にあると様々な人と出会える機会が多くあります。入社したタイミングではいいなと思う人がいなくても、新しい人が次々に入ってくる会社だと理想の人が現れる可能性はあるでしょう。こうした会社は、周囲に秘密にしながら交際しているカップルも多い傾向があります。

反対に、新卒入社の人が多い仕事の場合は何年も同じ人と過ごすことになるため、最初の数年で何もないと、そこから先も何か良い出会いは期待できないでしょう。また、新卒が多い会社では中途入社の人への対応が冷たいこともあり、素敵な人が入社してきても中々アプローチできない場合も多いです。

男女比がちょうど良い

男女比が半々くらいとちょうど良い仕事や業界は出会いが多い傾向にあります。金融業界や公務員がその代表と言えるでしょう。男女比がちょうど良いとグループで飲みに行く機会も多く、仲良くなりやすいです。こうした仕事や業界は社内恋愛や社内結婚も多く、周囲が交際や結婚を後押ししてくれる可能性もあるでしょう。

反対に、男女比に偏りがある仕事や業界で異性が少ないと、いいなと思う人がいても競争率が高くなります。また、あからさまにアプローチしすぎると同性から反感を買うので注意が必要です。ライバルが多いと交際スタートできても心配は尽きないでしょう。

年齢層のバランスが取れている

働いている人の年齢層のバランスが取れている仕事や業界は、出会いが豊富です。こうした職場は様々な年齢の人がいるため、同年代と付き合いたい人も年上・年下が好みな人もタイプの人と出会いやすいでしょう。

仕事や業界によっては新卒の入社が何年もなくて平均年齢が高い場合や、若い人ばかりの場合もあります。入社する前に大まかな年齢層はチェックしておきましょう。年功序列の会社は毎年、新卒採用をしていることが多く年齢層のバランスが取れていますが、実力主義の会社や規模の小さい会社の場合は従業員が若すぎるかベテランばかりの傾向にあります。

残業が少なく、忙しすぎない

残業があまりなく、日々忙しすぎない仕事のほうが出会いは多いです。毎日、仕事のやるべきことに追われていると出会いどころではなく、業務をこなすことで精一杯になってしまいます。お互い心に余裕がある時にしか良い出会いには気づけません。

残業が少ないと仕事帰りにみんなで飲みに行こうという雰囲気になりやすいものです。さらに、適度な忙しさの方が仕事の合間に雑談をして仲良くなりやすいでしょう。仕事の話ばかりしているとお互いの好きなことや趣味を知る機会もなく、同僚以上の関係になることは少ないです。日ごろの些細な雑談から人は好意を抱くため、忙しすぎない仕事のほうが出会いは多いと言えます。

他の部署や他社と関わる機会がある

1人で完結してしまう仕事ではなく、チームの人や他部署、他社の人と関わる機会がある仕事は出会いが多いです。プロジェクトごとにメンバーが入れ替わる場合も多いため、1年だけでも多くの人と出会えるでしょう。仕事によっては複数のプロジェクトが同時進行する場合もあるため、その場合はさらに多くの人と出会えるかもしれません。

メーカーや広告代理店などがこうした特徴に当てはまる仕事や業界の代表です。様々な人が集まって取り組む仕事の場合、一体感も生まれやすく仕事をしながら心理的距離が近づく可能性もあるでしょう。

休みが定期的にある

定期的な休みがしっかりある仕事や業界は出会いが多いです。シフト勤務の場合、職場でいいなと思う人がいても休みが合わないと中々デートをする機会がありません。職場だけの関係で関係性を発展させるのは難しく、休日に会える間柄になることが必要です。しかし、休みが合わなければデートする機会もなく、距離も縮まりません。

土日休みでなくても、全社的に共通の休みがあれば気になる人を誘いやすいです。ただし、対外的には休みが定期的でも忙しすぎて実質的に休みがほとんどない仕事もあります。そうした仕事の場合はたまの本当に休める日にはゆっくりしたい気持ちになり、デートに応じてもらえない可能性もあるでしょう。

仕事での出会いで気を付けるべきこと


仕事での出会いは自然な出会い方の1つで、誰もが憧れるでしょう。しかし、仕事での出会いには注意しなくてはいけないこともあります。間違えると信頼を失い、退職や不本意な部署へ異動となる可能性もあるのです。

ここからは、仕事での出会いで気を付けるべきことを解説します。出会いを第一優先に振る舞うと職場で居づらくなる可能性もあるのです。仕事で出会いをさがしたい人は1つずつチェックしてみてください。

仕事に支障ないようにする

仕事関係で出会いを探している人ほど、仕事そのものはしっかりやってください。出会いに夢中になるあまり、仕事に支障が出ては本末転倒です。同僚から「あの人は異性との出会いしか頭になく仕事をしない」イメージを持たれてしまいます。

そうしたイメージは噂として広まり、結果的に良い出会いもないでしょう。反対に、仕事をしっかりしていれば良い評判が同僚に広まり、あなたをいいなと思ってくれる異性が現れるかもしれません。社会人として仕事がまずは第一で出会いはその次であることは決して忘れないようにしましょう。

必要以上に人に話さない

仕事で気になる人がいたり、交際したりしている場合、必要以上に人に話さないようにしましょう。恋愛ばかりしている人と思われる可能性がありますし、片想いの場合は意中の人の耳に入ってしまうかもしれません。仕事で失敗すると、仕事に集中していないからと思われて恋も仕事もうまくいかない可能性も出てきます。

交際中の場合も結婚が決まるまでは2人だけの秘密にしておくほうが無難です。周囲が気を遣いますし、けんかしていたり別れたりした場合には、同僚も巻き込み気まずくなるでしょう。気になる人ができたり、交際相手ができたら周囲の人に話したりしたくなるものですが、仕事とは関係ない友達にだけ話すようにするのがおすすめです。

うまくいかなかった場合も想定しておく

仕事で出会いを探す場合は、うまくいかなかった場合も想定しておきましょう。気になる人とできればうまくいきたいものですが、仕事関係の人と恋愛でこじれると仕事そのものにも大きな影響をもたらします。片想いの時に失恋したくらいでは少し居づらさを感じるくらいかもしれませんが、交際したのに破局してしまうと一緒に仕事することすら辛くなります。

周囲が交際を知っていた場合は異動や退職を考えてしまう人もいるでしょう。せっかく好きな仕事ややりがいのある仕事をしていた場合は、職場で出会いを求めたばかりに打ち込んでいた仕事までも失うことになってしまうのです。そうした最悪の事態も頭に入れて行動することで、引き際を自分で設定できるようになります。

やりがいのある仕事に就く

出会いが多い仕事についても本当に良い出会いがあるかは分かりません。出会いを第一の目的にしてやりたくもない職業に就いていた場合は目標を見失ってしまいます。やる気も出ないため、あなた自身の魅力も下がり、一層出会いは遠のいてしまうでしょう。

そうならないためにも、仕事は出会いが多いことだけを理由に業界を選ぶのではなくて自分が心からやりたいことや、やりがいを感じられる仕事を選んでください。好きな仕事をしていれば、例え仕事で出会いはなくてもあなたは人として魅力的になっていくので社外で良い出会いがあるかもしれません。

仕事で出会いの確率を上げるためにすべきこと


仕事で出会うためには漫然と待っているだけではいけませんし、仕事だけをもくもくとやるだけでもいけません。仕事で出会うためには、それまでにしっかりとした準備が必要です。

そこで、ここからは仕事での出会いを広げるためにすべきことを解説します。日々できる心がけから行動まで幅広く紹介する内容となっているので、できるものから1つずつ実践してみてください。素敵な相手と出会うには日々の行いの積み重ねが重要であることをしっかりと心に留めておきましょう。

人が嫌がる仕事を積極的にする

人が嫌がる仕事ほど積極的にやるようにしましょう。クレーム対応や煩雑で退屈な仕事は、誰もがやりたくない仕事です。そうした人が避ける仕事ほど率先してやるようにしてください。そうした仕事を同僚たちはよく見ているものです。人が嫌がる仕事をしている姿はとても好感が持てます。

いい人で優しい人だとあなたを思う人がいるはずなので、その中からあなたに好意を持つ人が現れるかもしれません。多くの人が交際相手や結婚相手には優しい人や思いやりのある人を選びたいと思うでしょう。そうした人物像をあなたから感じられれば、社内での評価や好感度はアップします。

飲み会や懇親会に参加する

会社では様々な飲み会や懇親会が開催されますが、積極的に参加すると出会いが広がります。忘年会や新年会など例年恒例のものはもちろん、歓送迎会や他の部署の人も参加する懇親会は特に出会いがあるかもしれません。

今は仕事で関わりがない人も、飲み会で仲良くなっておけばゆくゆく一緒に仕事をする際にやりやすいので、仕事の面からもプラスとなります。また、通常業務では出会えない部署の人の中にあなたの理想の相手がいるかもしれません。仕事や趣味が忙しいと飲み会や懇親会への参加が面倒に感じることもありますが、ぜひ誘われたものには参加するようにしてみてください。

笑顔を忘れない

仕事で忙しい時や嫌な気持ちになった時にも笑顔を忘れないでください。朝に出社してから夜に退社する時まで基本的には笑顔でいると出会いは広がります。仕事でも異性の出会いでも仏頂面の人には話しかけにくいもので、いつも笑顔の人には声がかけやすいです。

笑顔は人の表情の中でもその人を最も魅力的にしてくれるので、あなたの魅力が最大限にあふれる笑顔を忘れないようにしましょう。いつもにこにこしている人には好感を持つ人が多く、いい人で優しいイメージも持たれやすいので、仕事だけの付き合いだけでなくパートナー候補にしたい人も現れるかもしれません。

感謝の気持ちと謝罪はすぐに伝える

感謝の気持ちや謝罪を素直に伝えられる人には出会いが多くあります。仕事では他の人から力を借りるシーンが多いですが、毎回相手の目を見て感謝の言葉を伝えましょう。仕事なのでやってもらって当然かもしれませんが、感謝をしてくれる相手にはまた何かしてあげたいと思うものなので、仕事をスムーズに行う上でも感謝を伝えることは大切です。

感謝と同じくらい謝罪を素直に伝えられることも重要となります。自分の非を中々認められない人は社会人としての資質を疑われますし、交際相手にしたいとは当然思ってもらえません。失敗しても素直に謝罪ができる人は、失敗を挽回するくらい印象が良くなります。謝れる人であれば、人生のパートナーとして魅力的に思われる可能性が上がるでしょう。

恋人がいないことを公言する

さりげなく、恋人がいないことを周囲に伝えておくこともおすすめです。いいなと思う人がいても、仕事関係の人ですと、既婚者なのか交際相手がいるかは確認しづらいでしょう。パートナーの有無が分からず関係性が発展しないのは非常にもったいないです。

しかし、まずは自分自身に恋人がいないことを公言しておけば、あなたのことを気にしてくれる異性が現れた時に迷わずアプローチしてくれるでしょう。ただし、あまりに何度も主張するのは逆効果なので、さりげなく言っておくのがおすすめです。言っておくことで、仕事関係の人から良い人を紹介してもらえる可能性もあります。

異性が多い業界に転職する

交際相手や結婚相手を仕事しながら見つけたい方は、思い切って異性が多い業界に転職を考えてみても良いでしょう。今いる仕事に同性が多い場合、仕事で理想の相手に出会える可能性は低いです。異性が多い業界であれば、それだけ出会いそのものは増えるため、その中で気になる人を見つけられるかもしれません。

転職自体、労力がかかりますし、転職したからといって必ず良い出会いがある保証はないです。しかし、興味のある仕事や業界にたまたま異性が多いのであれば、やりたい仕事に挑戦しながら出会いも探せるのは一石二鳥と言えます。

結婚したい職業ランキングはこちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

結婚したい職業人気ランキング【男女別に比較】

仕事で出会いがないと悩む方を結婚相談所「ムスベル」は応援します!


この記事では、出会いの多い仕事や業界について解説してきました。どういう仕事に出会いが多いか、特徴含めて分かったのではないでしょうか。1日の大部分を過ごす仕事で異性と出会いたい場合は、転職を考えてみてもいいかもしれません。

ただ、気を付けるべきこともあるので、仕事での出会いを求めている人は記事内で紹介した注意事項もしっかり確認しておきましょう。また、出会いを広げるためにすべきこともぜひ実践してみてください。そして、出会いだけを求めて仕事するのではなく、やりがいを感じられる仕事をした上で異性と出会うのが理想的と言えます。

結婚を希望する異性と出会いたい場合は、結婚相談所の利用がおすすめです。
結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2  BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714