Blog

スピード婚は離婚率が高い?スピード婚を成功させる秘訣とは?

最近ではスピード婚をするカップルも増え、とくに珍しいことではなくなりましたよね。人によっては「〇〇歳までに婚したい!」、「交際期間は短くて良いから早く落ち着きたい」とスピード婚を望む人も一定数存在します。一方で、スピード婚は離婚率が高いといわれており、あまり良いイメージを持たれないません。「スピード婚には憧れるけど、不安だな」と思う方も多いのではないでしょうか。この記事では、スピード婚について詳しく知りたい方や、スピード婚を成功させる秘訣が知りたい!と考えている方へ、スピード婚のメリット・デメリット、スピード婚を成功させる秘訣を解説します。ぜひ参考にしてください。

スピード婚とは


スピード婚とは、交際から結婚するまでの期間が短いことを指します。ここからは、世間が持つスピード婚のイメージや結婚までの期間、離婚率について詳しく解説していきます。

世間が持つ”スピード婚”のイメージとは

スピード婚というと「お互いの将来を真剣に考えていなさそう」「焦って結婚を決めてしまったのかな?」と、少し負のイメージを持たれます。もし仲の良い友人から、出会ったばかりの人と結婚する!と報告されたら、もう少しお互いのことを知ってからした方が良いのでは?と忠告してしまいそう。とはいえ、最近では芸能時のスピード婚が取り上げられている影響で、スピード婚に対する世間の目は意外にも温かい傾向にあります。とくに適齢期の人がスピード婚する場合は、むしろ羨望的という意見も多いようです。

スピード婚の婚活期間はどれくらい?

交際相手と付き合いを重ね、結婚にいたるまでの期間は一般的に3~4年程度かかるといわれています。たいしてスピード婚の場合は、婚活をはじめて半年~1年以内に結婚するケースが多いです。お互いの気が合えば、たとえ交際期間が極端に短くても結婚して構わないと考える人が増えており、結婚を目指して積極的に行動する人であれば、その割合はさらに高まります。また、適齢期をむかえて婚活を始める人ほど、スピード婚はおすすめともいえるでしょう。

スピード婚の離婚率ってどれくらい?

スピ―ド婚の離婚率は高いといわれています。アメリカ・エモリー大学の研究者の調査によると、交際期間が1年未満だった夫婦よりも、交際期間が1~2年の夫婦、または3年以上の交際期間がある夫婦の方が離婚率は低い傾向にあることがわかっています。3年間以上の交際を経て結婚したカップルは、交際期間1年未満で結婚したカップルと比べて、離婚する確率が39%も低いそうです。これらの結果により、結婚前の交際期間が離婚率に影響しているといえるでしょう。

スピード婚が離婚しやす理由ってなに?


では、なぜスピード婚は離婚率が高くなるのでしょうか。ここからは、スピード婚が離婚しやすい理由を見ていきましょう。

まだ相手のことを良く知れていないから

スピード婚が離婚しやすい1番の理由は、やはり相手のことを良く知れていない状態で結婚するからでしょう。スピード婚の場合、短い交際期間で同棲するのは困難。その為、一緒に住んでみて初めて相手の嫌な部分を知ることになるケースが多いです。ちょっとした性格の欠点ならまだしも、「実は相手には借金があった」「離婚歴があった」など、結婚後にわかってしまうと正直困ってしまいます。相手のことを知らない状態で結婚すると、このようなケースに陥りやすいので、離婚につながりやすいといえます。

結婚に対する責任感が弱い

スピード婚をする人は、他の人に比べて結婚に対してどこか気軽におもっている人が多いようです。結婚生活でうまくいかなければすぐに離婚すればいいと考え、うまくやっていけるように努力するといった姿勢を最初からあまり持てていません。結婚に対して、覚悟や責任感が弱いことは確かでしょう。その為、結婚後にトラブルが起きやすく、離婚にもつながっていく可能性が高くなります。

相手方の家族とうまくいかない

スピード婚は交際期間が短い為、親族とのコミュニケーションを取る時間が不十分です。また、年配のご両親であればあるほど、スピード婚に対するイメージは良くありませんよね。こうしたことから、相手方の家族と良い関係が築けず、離婚にいたるケースが多く見られます。結婚前は、「少しずつ良い関係を築いていけばいい」と思うかもしれませんが、実際には、意外にうまくはいかないパターンは多々あるでしょう。

スピード婚のメリット


スピード婚は、離婚率が高いといわれていますが、それでもスピード婚をする夫婦はたくさんいます。それはスピード婚をするメリットもあるから。ここでは考えられるメリットを紹介しますので、参考にしてみてください。

メリット①婚期を逃すことなく結婚できる

少し前までは、スピード婚に対して少なからずマイナスのイメージを持たれていました。いくら早く結婚したくても、周囲からは「まだ早いんじゃない?」と言われ、タイミングを逃すことも。しかし今は、スピード婚をする芸能人が多いことも影響して、以前よりもスピード婚に対して寛容になってきました。短期間で結婚したいと考えている人にとっては、婚期を逃さずに済みますし、とても大きなメリットといえるのではないでしょうか。

メリット②倦怠期に入る前にゴールインできる

お付き合いしていくと、必ずやってくるのが倦怠期。交際期間が長ければ長いほど新鮮な気持ちは薄れ、マンネリ化していくことも珍しくありません。これに対し、スピード婚の場合は、倦怠期に突入する前に結婚できるので、結婚後もドキドキした新鮮な気持ちで結婚生活を送ることができます。交際期間が長くなると、なかなか結婚に踏み切れないという人もいます。結婚後に相手を知ることになっても構わない人であれば、それはスピード婚のメリットになるでしょう。

メリット③お互いの欠点を知らない

長く交際していてデメリットだと感じるのは、相手に自分の欠点を知られてしまうということではないでしょうか。どれだけ自分を良く見せようとしても、長年付き合っていると必ず素の部分が出てしまいます。ありのままの姿を見せることは悪くありませんが、欠点によって結婚を考え直すことになる場合も…。その点スピード婚は、交際期間が短い為、お互いの悪い面を知らないまま結婚できます。勢いにまかせて結婚したいと考えているカップルは意外にも多いので、スピード婚のメリットといえるのではないでしょうか。

スピード婚のデメリット


上記ではスピード婚のメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。スピード婚を検討しているのであれば、メリットとデメリットの両方を理解しておきましょう。

デメリット①まわりから偏見を持たれる

スピード婚が珍しくない時代になったとはいえ、両親の世代であれば、「スピード婚なんてありえない」という考えの人もなかにはいるでしょう。また、スピード婚に否定的な考えを持つ人は両親だけとは限りません。結婚式に職場の上司などを招待すれば、「スピード婚って大丈夫なの?」と、微妙な反応をされることも。周りから色々なことを言われて、嫌な気持ちになるかもしれません。スピード婚に偏見を持つ人がいることも覚えて起き必要があります。

デメリット②価値観が合わなかったと知る

スピード婚の大きなデメリットは、相手のことを結婚前に深く知るチャンスが非常に少ないため、結婚後に価値観が合わなかったと知ることです。これから何十年も一緒に暮らす相手なのに、どんな人なのかよく知らないというのは、結婚後のトラブルにつながる原因になる可能性も。スピード婚でなくても、性格や価値観の不一致は離婚につながりやすいです。交際期間が短いと、まだ良い面しか見えていない場合もあるので注意が必要でしょう。

デメリット③結婚が目的となっていると結婚後冷めてしまう

スピード婚をする人の多くは、結婚することが目的です。「早く結婚したい」という気持ちだけが先行して結婚に踏み切る人も多いため、結婚という目標を達成した途端に相手への思いが冷めてしまったり、結婚後の生活を苦痛に感じてしまったりすることも。結婚に対する考えは人それぞれですが、相手と人生を共にすることが結婚です。結婚することだけが目的になってしまうと、結婚後につらい思いをしてしまうかもしれません。

スピード婚を成功させるために重要なことは?


離婚率が高いことなどネガティブな印象があるスピード婚。そんなスピード婚を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。以下ではスピード婚を成功させるために重要な点をまとめたの、ぜひチェックしてみてください。

コミュニケーションを取って相手のことをよく理解する

スピード婚では、相手とできる限りコミュニケーションを取ることを意識して、自分や相手の素を見せ合うことを忘れてはいけません。短期間の交際で結婚する場合、どうしてもお互いに自分を良く見せようとして、自分の本心を隠してしまうことがありますよね。すると結婚後、「思っていた人と違う…」となってしまう可能性も。交際期間が短いからこそ、会話を重ねて濃い時間を過ごすことが大切です。できるだけ多く会話をして、お互いの性格や考えている本音の部分がわかるように努めましょう。

結婚後のイメージにずれがないかを確認しておく

交際期間が短いスピード婚は、結婚することが目的な人が多い傾向もあり、結婚後の将来について深く話す機会が少ないといえます。結婚後、「お互いの考えが違った」とならないためにも、将来についての考えをすり合わせておくことが重要です。例えば子どもは何人欲しいか、マイホームを購入するのかしないのか、両親の老後の面倒はどうすのかなど。将来の生活に大きな影響を与えそうな内容はしっかり話し合っておきましょう。

結婚を条件面だけで決めず人柄も見る

結婚する決め手となるのは、やはり人柄の良さではないでしょうか。スピード婚の場合は、早く結婚したい気持ちが先に出て、相手の条件だけをみてしまいがち。いくら自分の条件に合った人でも、性格が合うとは限りません。相手の素の性格を見極めるには、素の性格が出やすい第三者への態度をみると良いでしょう。例えばレストランに行って、店員さんに対して横柄な態度をとるような相手であれば、結婚後に態度が豹変する可能性もありますよね。相手の条件面だけでなく、人柄もしっかり見ることが大切です。

結婚相談所でスピード婚がしやすい理由


結婚相談所ではスピード婚が多いです。それはいったいなぜなのか、理由は以下の2点があげられます。さっそく見ていきましょう。

結婚願望が強い利用者が多い

結婚相談所を利用して婚活をするということは、それだけ結婚願望が強く、できるだけ早く結婚したいと考えています。とくに出会いがない人や、仕事が忙しくなかなか婚活する時間を持てない人は、うまく話がまとまればトントン拍子で結婚まで進んでいくことがほとんど。また、結婚相談所は費用がかかるため、早く結婚を決めて退会したいと考えるのが普通でしょう。これらの理由から、結婚相談所でスピード婚する人は非常に多いです。

結婚相談所では、交際期間が設定されている

結婚相談所では、『お見合い→仮交際→真剣交際→成婚退会→プロポーズ』という基本的な流れがあります。交際期間は結婚相談所によって違いがあるものの、期間が設定されていれば、必然的にスピード婚になりやすいといえるでしょう。ほとんどの結婚相談所では、成婚までの活動期間は半年から1年以内。早い人なら3ヶ月で成婚に至るケースも。
あくまでも結婚を目的とした手段で結婚相談所を利用するため、交際期間も自然な出会いを経た結婚よりは短くなります。

結婚相談所を利用してスピード婚を成功させるポイント


結婚相談所を利用してスピード婚を成功させるポイントは以下の4つが挙げられます。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

積極敵に行動して会う回数を増やす

結婚相談所では、条件に合ったお相手を見つけることはできますが、性格や価値観といったその人の内面にかかわる部分までを深く知ることができません。プロフィールで理想に少しズレがあったとしても、「まずは会ってみる」というアクションを起こしましょう。積極的に行動して会う回数を増やすことによって、結果的にスピード婚に繋がるといったケースにもなります。様々な人とまずは会ってみるという行動ができる人は、スピード婚を実現しやすいでしょう。

アドバイザーの意見を聞く

アドバイザーは、多くのカップルをご成婚へ導いてきた婚活のプロです。アドバイザーを信頼し、アドバイスを聞くことができる素直な人は成長も早いです。たとえ何か問題があったとしても、すぐにアドバイスを受け入れて自分のものにできるため、成功率も高くなるでしょう。ご自身では気づきにくい点を第三者目線で助言してもらい、もらったアドバイスを参考にして婚活を進めることがスピード婚を成功させるポイントです。

条件・期間を決めて計画的に行動する

”いつまでに結婚したいのか”期間を明確にしている人は、逆算して行動していくので成婚率も高い傾向にあります。ダラダラやり過ごすよりも、「婚活する期間は1年」といった感じに、最初にゴールを決めておくのは、結婚においても人生においても大切なことかもしれません。期間を決めておくことが、スピード婚を成功させる近道ともいえるでしょう。

フィーリングを重視して合わない人はバッサリ切る

結婚相手に求める条件で、「フィーリングが合う人」と答える人は意外にも多いです。ここでいうフィーリングとは、一緒にいて居心地が良かったり、共通の趣味があったり、長時間一緒に居ても疲れない人などです。一緒にいると居心地が良く、全然疲れないのだとしたら、それは考えや価値観が近いことの現れ。逆にいえば、居心地あまり良くないなと感じるなら、条件が合う人であってもバッサリ切ってしまいましょう。結婚生活を円満に続けるためには、フィーリングがとても大切です。

スピード婚をしても円満な家庭を築く秘訣


スピード婚の離婚率は高い傾向にあるようですが、夫婦の心がけ次第では円満な家庭を築くことも十分に可能です。ここではスピード婚をしても円満な家庭を築く秘訣を紹介します。

結婚する前にしっかり相手のことを理解する

結婚してから「思ってた相手と違ってた」と後悔しないように、結婚前にしっかり相手のことを理解する必要があります。交際期間が短いと、お互い相手のこと知ることがなかなかできないかもしれません。2人で会える時間はできるだけ多くの会話をし、お互いを理解する努力を重ねましょう。また、2人で旅行に出かけるなどして、普段とは違う一面を見ておきくことも重要です。仕事やデートとは違ったオフの姿を知っておくと安心ですよね。

思いやりをもって一緒に乗り越えて行ける人を選ぶ

結婚前にデートや同棲を通してケンカや意見の不一致を経験し、共に乗り越えてきたのであれば心配いりませんが、スピード結婚ではそうもいきません。短い交際期間で結婚をするため、結婚するまで揉め事が起きるといったケースは少ないでしょう。この場合、お互いに思いやりをもって一緒に乗り越えていけるかどうかが大きな鍵となります。相手の知らない部分が多いスピード結婚であるからこそ、お互いに考えや価値観を伝え合い歩み寄ることが大切となります。

まとめ


ここまでスピード婚について詳しく解説してきました。離婚率が高いといわれるスピード婚。早く結婚したいと思っていても、どこか不安になってしまいますよね。スピード婚は交際期間が短いからこそ、お互いのことを深く知る努力が必要になってきます。本記事で紹介してきた、スピード婚を成功させるポイントをしっかり押さえて婚活していきましょう。結婚後も円満な家庭を築けるように、結婚することだけを目的にはぜず結婚後の将来もしっかり考えることが大切です。