News | Topics

結婚前の貯金がない場合どうしてる?男女のお金の理想

結婚をしたいけど貯金がなくてできないと考えている人も多いのではないのでしょうか。結婚前に貯金管理をしておくことが大切ですが、事情があり貯金ができない人もいます。
そんなあなたへ、本記事では貯金をするためのポイントや貯金がなくても結婚式を挙げる方法をお伝えしていきます。貯金がない、または、貯金ができなくて結婚を諦めているあなたにこそ見てほしいです。貯金がうまくいき幸せな結婚生活を送れるように、ぜひ参考にしてください。

結婚前の貯金管理どうしてる?

結婚前の貯金管理は、将来のパートナーとの幸せな生活のために重要です。結婚にはさまざまな費用がかかりますし、突然の出費に備える必要もあります。ここでは、結婚前の貯金管理に役立ついくつかのポイントを紹介するので参考にしてください。

突然の出費費用の確保

結婚前には、急な病気や事故、車の修理や家の修繕など、予期せぬ出費に直面する可能性があります。これらの出費に対処するためには、常に非常用の貯金を用意しておくことが大切です。一般的には、生活費の3〜6ヶ月分を非常用の貯金として確保することが推奨されます。非常用の貯金は、普段は手をつけないようにし、必要なときにすぐに引き出せるようにしておくと良いでしょう。

結婚費用の計画

結婚には、結婚式や新婚旅行、新居の購入や家具の購入など、さまざまな費用がかかります。これらの費用を賄うためには、結婚前にしっかりと計画を立てることが必要です。
まずは、自分とパートナーの収入と支出を把握し、結婚にかかる費用の見積もりを作成しましょう。次に、目標金額に達するために、毎月どれくらいの貯金をする必要があるかを計算し、貯金をするために、無駄な支出を削減したり、副業をしたり、節約の工夫をします。貯金は、目的別に分けて管理すると効果的です。

投資で長期的なお金の管理

結婚後も、夫婦で幸せに暮らすためには、長期的なお金の管理が必要です。将来の子供の教育費や老後の生活費など、必要な資金を確保するためには、貯金だけではなく、投資も検討すると良いでしょう。投資は、株式や債券、投資信託や不動産など、さまざまな選択肢があります。投資をする際には、自分とパートナーの目的や期間、リスク許容度、資産状況などを考慮し、バランスの良いポートフォリオを作成しましょう。

結婚前の理想の貯金額

結婚前の理想の貯金額は、人によって異なります。しかし、男性と女性では、結婚に対する考え方や貯金の方法に違いがあります。以下で説明しているので参考にしてください。

男性の理想

男性の場合、結婚は家庭を築くという責任を意味することが多いので、結婚前にしっかりと貯金をする傾向があります。男性は、結婚式や新居の購入など、大きな出費に備えるために、積極的に貯金を増やそうとし、結婚後も、家族のために安定した収入を得ることを重視します。そのため、男性の理想の貯金額は、女性よりも高めに設定されることが多いです。

女性の理想

女性の場合、結婚は恋愛の延長という感覚を持つことが多いので、結婚前に貯金をすることにあまりこだわらない傾向があります。女性は、結婚式や新婚旅行など、楽しいことにお金を使うことを優先するため、結婚後も、自分の好きなことや趣味にお金を使うことを楽しみます。そのため、女性の理想の貯金額は、男性よりも低めに設定されることが多いです。

結婚前の貯金がない場合の選択肢

結婚前の貯金がない場合には、どのような選択肢があるのでしょうか。以下で説明しているので参考にしてください。

結婚費用を節約する

結婚式や新婚旅行にお金がかかります。これらの費用を節約するためには、自分とパートナーの優先順位を決め、必要なものだけにお金を使うことが大切です。例えば、結婚式は親族や親しい友人だけ招待する、新婚旅行は近場やオフシーズンに行くなど工夫をして節約をしてみてください。

結婚費用を借りる

結婚費用を節約するだけでは足りない場合には、結婚費用を借りるという選択肢もあります。結婚費用を借りる方法には、親や親戚から借りる、銀行や消費者金融から借りられます。しかし、結婚費用を借りる場合には、返済期間や利息、返済能力などをしっかりと考慮する必要があるため、借りすぎると、結婚後の生活に大きな負担となります。親や親戚から借りるようにしましょう。

男性視点のお金への付き合い方

お金は、人生のさまざまな場面で必要となるものです。結婚や子育て、老後など、将来の幸せな生活のためには、お金の管理が重要です。しかし、貯金がないという状況に陥ってしまうこともあります。貯金がない場合には、どのようにお金への付き合い方を見直すべきなのか説明しているので参考にしてください。

収入を増やす

収入が少ないと、貯金ができないだけでなく、生活にも困ります。収入を増やすためには、昇給や賞与を狙う、副業や投資をする、スキルや資格を取得するなどの方法があります。収入を増やすことで、貯金を増やせるだけでなく、心に余裕ができ生活にゆとりがうまれるでしょう。

支出を減らす

支出が多いと、貯金ができないだけでなく、借金をすることになるかもしれません。支出を減らすためには、家計簿をつけて無駄な支出を削減する、節約の工夫をする、クレジットカードやローンの利用を控えるなどの方法があります。支出を減らすことで、貯金だけでなく、お金に対する安心感や自信も高まるでしょう。

目標を設定する

目標がないと、貯金にも意味やモチベーションがなくなります。目標を設定するためには、自分や家族の夢や希望を明確にする、具体的で達成可能な金額や期限を決める、進捗や成果を確認していきましょう。目標を設定することで、貯金をする楽しみを感じることができます。

女性視点のお金の付き合い方

お金は、人生のさまざまな場面で必要となるものです。結婚や子育て、老後など、将来の幸せな生活のためには、お金の管理が重要です。しかし、女性は、お金に対する考え方や感情が男性とは異なるため、説明していきます。

パートナーが経済的に安定しているか

女性は、結婚するときに、パートナーが経済的に安定しているかを気にします。経済的に安定していると、女性は、パートナーに対する信頼や安心感を覚えます。また、経済的に安定していると、女性は、自分の夢や目標にも挑戦しやすくなるため、パートナーが経済的に安定しているかを大切にしています。

夫婦間のコミュニケーション

女性は、お金に関することをパートナーと話し合うことが大切です。お金に関することとは、家計の管理や貯金の目標、投資の方法などです。夫婦間のコミュニケーションは、お金の問題を防ぐだけでなく、お金の価値観や目標を共有することができるため、お金に関することをパートナーと積極的に話し合うことが必要です

結婚に必要な費用

結婚は人生の大きなイベントですが、それに伴う費用も少なくありません。結婚式だけでなく、仲人や結納、婚約指輪や結婚指輪、引き出物や新婚旅行など、さまざまな項目があります。では、これらの費用は、どれくらいかかるのでしょうか?
今回は、ゼクシィが毎年行っている結婚トレンド調査の2022年度版の首都圏のレポートを参考にして、結婚に関する費用について見ていきます。

結婚式にかかる費用

結婚式の費用は、平均で約343万円でした。内訳は、以下のようになっています。

  • 料理・飲物:約98万円
  • 会場費:約77万円
  • 挙式費:約54万円
  • ドレス・衣装:約48万円
  • 新郎新婦の美容:約16万円
  • 引出物・引菓子:約15万円
  • 招待状・席次表・席札:約9万円
  • 花・装花:約9万円
  • 写真・ビデオ:約8万円
  • 音響・照明:約7万円
  • その他:約2万円

料理・飲物や会場費が費用の大半を占めていることがわかります。また、ドレス・衣装や新郎新婦の美容など、自分たちの見た目に関する費用もかなり高いです。

婚約指輪の費用

次に、婚約指輪の費用は、以下のようになっています。

婚約指輪:約28万円
婚約指輪は、結婚の約束をするときに男性から女性に贈る指輪です。婚約指輪には、ダイヤモンドや宝石などが付いていることが多く、価格も高く、婚約指輪の平均額は、約28万円でした。
婚約指輪は、必ずしも贈る必要はありませんが、女性の多くは婚約指輪を欲しいと思っています。婚約指輪を贈る場合は、女性の好みや予算に合わせて選ぶと良いでしょう。
以上のように、婚約指輪の費用は、約28万円となります。婚約指輪は、結婚の証として大切にされるものですが、費用が高いので、事前に相談して決めることがおすすめです。

結婚指輪の費用

続いて、結婚指輪の費用は、以下のようになっています。

結婚指輪:約13万円
結婚指輪は、結婚式や入籍のときに交換する指輪です。結婚指輪には、プラチナやゴールドなどの素材が使われることが多く、価格はさまざまです。結婚指輪の平均額は、約13万円でした。
結婚指輪は、結婚後もずっと身につけるものなので、自分たちの好みやライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。結婚指輪は、ペアで揃えることが一般的ですが、個性を出したい場合は、別々に選ぶこともできます。
以上のように、結婚指輪の費用は、約13万円となります。結婚指輪は、結婚生活のシンボルとして大切にされるものですが、費用は自分たちの予算に合わせて決めることができます。

新婚旅行の費用

最後に、新婚旅行の費用は、以下のようになっています。

新婚旅行:約50万円
新婚旅行は、結婚後に行く旅行です。新婚旅行には、国内や海外、リゾートや都市など、さまざまな目的地があります。新婚旅行の平均額は、約50万円でした。
新婚旅行は、自分たちの好きな場所や時期に行くことができます。新婚旅行の費用は、目的地や期間、交通手段や宿泊施設などによって変わります。新婚旅行の費用は、早めに計画して予約すると安くなることが多いです。

出典:ゼクシィ結婚トレンド調査 2022 首都圏

貯金がなくても結婚するための5つのポイント

結婚は人生の大きな決断ですが、貯金がないという理由で諦める必要はありません。貯金がなくても結婚するためには、以下のようなポイントを押さえると良いでしょう。

収入と支出の管理

貯金がないということは、収入と支出のバランスが悪いことが原因です。結婚すると、さらに多くの支出が発生します。そのため、収入と支出の管理をしっかりと行うことが必要です。収入と支出の管理をするためには、家計簿をつけて収入と支出を把握し、必要な支出と不必要な支出を区別する、支出を予算内に収める、収入と支出の差額を貯金するなどの方法があります。

二人三脚の覚悟

貯金がないということは、経済的な不安や困難に直面する可能性が高いです。結婚すると、不安や困難を二人で乗り越える必要があります。そのため、二人三脚の覚悟を持つことが必要です。二人三脚の覚悟を持つためには、お金の価値観や目標を共有する、お金に関することをオープンに話し合う、お金の問題を責め合わない、お金以外の幸せを見つけるなどの方法があります。

生活費の節約

貯金がないということは、生活費に余裕がないということです。結婚すると、生活費が増えるため、生活費の節約をすることが必要です。生活費の節約をするためには、食費や光熱費、通信費や交通費などの固定費を減らす、買い物や外食などを控える、節約の工夫をする、節約の成果を報酬として使うなどの方法があります。

収入の増加

貯金がないということは、収入が少ないということです。結婚すると、収入が多い方が安心なため、収入の増加を目指すことが必要です。収入の増加を目指すためには、昇給や賞与を狙う、副業や投資をする、スキルや資格を取得する、キャリアチェンジをするなどの方法があります。

結婚式の縮小

貯金がないということは、結婚式にお金をかける余裕がないです。結婚式は、人生の一大イベントですが、費用がかかります。そのため、結婚式の規模縮小を検討することが必要です。結婚式の規模やスタイル、会場や料理、衣装や写真などの項目を見直す、親族や親しい友人だけを招待する、結婚式を省略して披露宴だけにするという方法があります。

貯金がある人の5つの特徴

貯金は、将来の夢や目標を実現するために必要なものです。しかし、貯金をすることは簡単ではありません。貯金をするためには、お金の管理に関するさまざまなスキルや習慣が必要です。貯金がある人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。ここでは、貯金がある人の5つの特徴を紹介します。

計画性がある

貯金がある人は、計画性があります。計画性があるということは、自分の収入と支出を把握し、目標金額や期限を設定し、貯金の進捗や成果を確認できています。計画性がある人は、貯金に対する意識やモチベーションが高く、貯金を継続することができるため、効率的に貯金することができます。

節約意識がある

貯金がある人は、節約意識があると言えます。節約意識があるということは、必要な支出と不必要な支出を区別し、無駄な支出を削減できています。節約意識がある人は、食費や光熱費、通信費や交通費などの固定費を減らすことができるでしょう。

自己管理ができる

貯金がある人は、自己管理ができています。自己管理ができるということは、自分の欲望や感情に振り回されず、理性的に行動できます。例えば、自己管理ができる人は、目先の楽しみや安心感のために、クレジットカードやローンを使わないことができるでしょう。

積極的に貯金できる

貯金を少しでもできる人は収入が増えたときに、積極的に貯金できます。積極的に貯金できる人は、貯金をすることを苦痛や義務と感じず、自分や家族の夢や目標に近づくことを喜びと感じ、将来に向けてコツコツと家族の幸せのために行動することができるでしょう。

リスク管理の意識がある

貯金がある人は、リスク管理の意識があります。リスク管理の意識があるということは、貯金を守るために、さまざまなリスクに対処するということです。リスク管理の意識がある人は、貯金をするために、非常用の貯金や保険を用意し、貯金を増やすために、インフレや税金などに対抗するために、投資を始める人が多いです。

貯金がない人の4つの特徴

貯金は、将来の夢や目標を実現するために必要なものです。しかし、貯金をすることは簡単ではありません。貯金をしない人は、どのような特徴を持っているのでしょうか。ここでは、貯金がない人の4つの特徴を紹介します。

すぐにお金を使ってしまう

貯金がない人は、すぐにお金を使ってしまいます。すぐにお金を使ってしまうということは、自分の欲望や感情に従って、目先の楽しみや安心感のために、お金を使ってしまうということです。すぐにお金を使ってしまう人は、貯金に対する意識やモチベーションが低く、貯金を継続することができません。また、すぐにお金を使ってしまう人は、貯金の方法や金融商品にも無関心で、効率的に貯金することができません。

支出の優先度が決まってない

貯金がない人は、支出の優先度が決まってないです。支出の優先度が決まってないということは、必要な支出と不必要な支出を区別できず、無駄な支出をしてしまうということです。支出の優先度が決まってない人は、食費や光熱費、通信費や交通費などの固定費を節約できません。

貯金の計画性がない

貯金がない人は、貯金の計画性がないです。貯金の計画性がないということは、自分の収入と支出を把握せず、目標金額や期限の設定、貯金の進捗や成果を確認できていないです。貯金の計画性がない人は、貯金に対する意識やモチベーションが高まらず、貯金を継続することができません。

結婚前の貯金がない場合のまとめ

結婚するにはお金がかかるため、結婚を諦めている人もいるかもしれません。しかし、結婚前に貯金がない人も多く、工夫次第では貯金することも可能です。
結婚は人生の大きな決断であり、お金だけでなく、愛と信頼が必要です。結婚を考えている人は、この記事を参考にして、幸せな結婚生活を送れるように準備してください。
結婚したいけど出会いがない人は、結婚相談所への入会を検討してみてください。

結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2 BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714