News | Topics

シングルマザーと初婚男性の相性はどうなのか?実態についてご紹介!

みなさんはシングルマザーと聞いてどのような印象を浮かべますか?一般的には精神的に自立をしており、自分の子供に対して責任感をもって接しているイメージがあるかと思います。ただ男性としては、自分の子供を持ちたいと考えている方が多く、結婚対象として見られない傾向があるようです。

現在社会において多様性のある結婚は許容されており、シングルマザーと初婚男性による結婚の組み合わせは決して珍しいわけではありません。そんなシングルマザーと初婚男性の結婚生活での相性は実際どうなのか、気になる方は多いのではないでしょうか。
この記事では、シングルマザーと初婚男性の相性とその実態について紹介していきます。

シングルマザーの特徴とは?

ここでは、シングルマザーが主にどのような特徴を持っているのかを紹介していきます。シングルマザーは未婚女性とは異なり、子供の面倒も見ないといけないので私生活においてさまざま制約があります。これから紹介する内容を踏まえ、自分がふさわしいパートナーとなれるのか参考にしてくれれば幸いです。

自分より子供を優先しがち

まず先ほども簡単に紹介した通り、シングルマザーは自分よりも子供の育児を優先しがちです。子供からすれば面倒を見てくれるのは母親だけなので、母親が何もしなければ子供は生きていけないからです。そのため、自然と子供に対して責任感をもって育児をする気持ちが芽生えていきます。

特に子供が小さいうちは突然体調を崩すケースが多く、相手とデートする約束をしていたとしても急遽予定がキャンセルとなる可能性があります。男性は、相手側の事情もきちんと理解したうえで、今後一緒に過ごしていけるのか判断する必要があります。

経済的な不安を持つ

シングルマザーは、未婚の女性と比べて経済的に不安な特徴があります。令和2年の厚生労働省の調査によれば、シングルマザーの平均年収は272万円となっており、これは平均世帯年収と比べて約100万円少ないです。

そもそも子供を一人で育てる必要があるため、自分の生活費と合わせて子供の育児費も発生します。普段の家計のために必死で働いていたとしても、子供が成長して学校に行くようになれば教育費も発生するため、学校に通わせるためにある程度の貯金も必要です。
少ない資金の中で、いかにやりくりしながら生活すべきかを考える習慣が身につくため、お金の管理スキルは高い傾向にあります。

メンタルが強い

シングルマザーは子供を一人で育てていることもあり、精神的に強い特徴があります。特に乳児の場合は、おむつの取り換えなどの世話が定期的に発生するほか、夜泣きなどの対応をすることもしばしばです。そのため心身ともに疲れやすく、ストレスがたまりやすいです。

また、親にこれ以上迷惑をかけたくない気持ちから、一人で全てを抱えこむ傾向があります。本来であれば親とも協力して育児をしていきたいですが、親元を離れて仕事をしている場合にはそうもいきません。そのため責任感が強く、これまでの逆境から立ち直れるほどの強い気持ちを持っています。

男性がシングルマザーとの交際に悩む理由

悩み

シングルマザーは子供に対してやさしく、生活能力も高い傾向にあります。ですが、なぜ男性はシングルマザーとの再婚に悩むのでしょうか。ここでは、その主な理由について紹介していきます。

そもそも離婚歴のある女性が恋愛対象とならない

1つ目は、男性は恋愛対象として未婚の方を選ぶ傾向が高いためです。人口動態調査の結果によれば、2021年の全体の結婚のうち、約16%が離婚歴のある女性を選んでいます。そこには子供を持たない女性も含まれるため、シングルマザーの割合はさらに低くなります。そのため、そもそもシングルマザーが選ばれる可能性が低いのが現実です。

また、バツイチぐらいであれば問題ないと考える方もいますが、それ以上に離婚回数が増えると、男性側も何か人間的に問題があるのではと疑ってしまうようです。

自分の子供が欲しい

2つ目は、男性も結婚したら自分の子供を欲しいと思う傾向にあるためです。結婚したらその後自分の子供が欲しいのかを調べたところ、約6割の方が子供が欲しいと回答しています。男性は生物学上、本能的に自分の子孫を残そうとします。やはり今後パートナーと一緒に暮らしていくとなった場合には、自分の子供とともに幸せな家庭を築きたいと考えるようです。

また、男性は本能上好きな女性を自分のものとしたい気持ちを持っています。その中で好きな女性が自分の子供を作るとなれば、男性は愛情を持って子供の世話に協力してくれるでしょう。

周囲からの目線が気になる

3つ目は、周囲からの目線が気になってしまうためです。たとえ自分が良くても、親戚や友達からどう思われるのかを気にしてしまう人もいます。結婚した後も、周りから陰口を言われるのはストレスもたまるので、それを気にしないぐらい肝が座っていれば問題ないかと思います。ただし、そのような男性は残念ながらあまり多くないのが現実です。

最近はネット社会なので、結婚したタイミングでSNSを通して報告をする方がいます。実際におめでたいことなので大半の方はお祝いメッセージを送られるかと思います。ただ中には心ない方もいますので、周りの反応が気になる方はSNSの取り扱いに十分な配慮が必要です。

相性が悪ければ再度離婚するリスクがある

最後の4つ目は、パートナーと相性次第で再度離婚のリスクがあるためです。一度結婚して子供を作り、離婚をしている以上同じような場面になる可能性は大いに考えられます。

厚生労働省の調査によれば、再婚してから再度離婚する男女の比率は何と約3割もあるそうです。そのことからも、離婚するリスクを冒してまでシングルマザーと結婚しようと考える人は少ないといえます。

特に安定した結婚生活を送りたいと考えている男性は、今の世の中では多い傾向にあります。そのためには段階的に交際をしたうえで結婚を決めていくので、生活のためにすぐにでも結婚が必要なシングルマザーと価値観が合わない可能性があります。

シングルマザーと相性が良い男性の特徴

ここまで男性がシングルマザーとの結婚に悩む理由を紹介してきました。それでも、仕事や育児で常に忙しい生活を少しでも解消するためにも、互いに協力していける男性を見つけたいですよね。ここでは、シングルマザーと相性が良い男性の特徴を紹介していきます。

中々思うようなパートナーが見つからないと悩んでいたら、ぜひ参考にしてみてください。

同じく離婚経験がある

まず1つ目は、同じく離婚経験のある男性と出会うことです。何人かの男性と出会うと、いつか同じく離婚歴のある男性と出会うことが可能です。男性も同じ辛い経験をしているので、女性の気持ちを理解してくれる可能性は高いです。

また、男性が前のパートナーと同棲や育児の経験があるならば、今後の生活においても大いに助けてくれるはずです。おむつの取り替えや夜泣きの対応など、突然起こる不測の事態にも臨機応変に動けるだけの経験を持つ強みがあります。

誠実で責任感が強い

2つ目は、誠実で責任感のある男性と出会うことです。常に女性が好む男性のタイプとして挙げられますが、シングルマザーも同じです。責任感が強く仕事に対しても熱心に取り組む性格なので、周りからも高い信頼を得ています。

恋愛においても「真面目で夜遊びをしない」、「嘘をつかない」などの特徴をもつので、女性も男性に対して身を委ねることが可能です。ただ責任感が強い分、辛いことや大変なことがあっても自分で全てを解決しようとし、結果的にストレスをためてしまいがちです。そうならないよう、女性の方から積極的に悩みを聞き、感謝の気持ちを込めてサポートしてあげる行動が大切です。

自分の子供でなくても良いと考えている

3つ目は、自分の子供でなくても良い価値観の男性と出会うことです。基本的に男性は、自分の子供を持ちたいと思う生き物です。なぜなら、本能的に男性は自分の遺伝子を後世まで残したいと思うからです。ただし、男性の中にも自分の子供が欲しくないと思う方もたくさんいます。

例えば、30代もしくは40代の男性がシングルマザーと結婚するとなった場合、体力的な衰えもあって自分の子供を作りたくないと考える方がいます。心理的には自分の子供を新たに作りたいと思っても、体が思うようについてこないことで断念せざるをえない状況もあるようです。

経済的に自立している

最後の4つ目は、社会人として経済的に自立している男性と出会うことです。日本では20代で稼げる方はごくわずかなので、30代および40代の男性が基本的には対象となります。

特に30代および40代の中でも、キャリアを上手く歩んでいれば、仕事も思うように進められる状態です。そのため金銭的にも余裕が生まれつつ、自分のペースで仕事とプライベートを切り分けられるため、日々充実した生活を送ることが可能です。
特に子供の教育に力を入れたいと考えていれば、これほど頼りになる男性は滅多にいないです。

初婚男性がシングルマザーと付き合いたいと思う理由

これまで結婚したことがない男性でも、シングルマザーを魅力的と感じる場合があります。ここでは、実際にシングルマザーと付き合いたいと思う理由についていくつか紹介していきます。理想的な男性を探すうえでぜひ参考にしてみてください。

精神的に自立している

まず、シングルマザーは精神的に自立している方が多いためです。周りに流されず、自分はどうありたいのかを明確に主張できるので、とても頼もしく見られます。

また、数々の困難を乗り越えてきているので失敗に対して寛容的です。そのため、よほどのことがない限り不安になることはありません。たとえ男性側で仕事が上手くいかなかったとしても、その懐の深さで悩みを真摯に聞いてくれますし、結果的に男性の心の支えとなってくれるはずです。

生活スキルが高い

次に、一人の大人として生活するうえでのスキルが高いためです。シングルマザーは基本的に一通りの家事スキルを身につけています。

特に料理に関しては、子供のために健康的な料理を作る必要があることに加え、食材を上手くやりくりしながら作る必要があります。そのため、冷凍食品やお惣菜の購入など時間を有効活用しながらの料理が得意です。そうすることで、他の作業に時間を充てられるよう工夫できるので、生活していくうえでの管理能力は高いといえます。

優しくて包容力がある

最後に、子供を育てる母親としての優しさや包容力であふれているためです。先ほども紹介した通り、シングルマザーは自分よりも子供を優先する傾向があります。愛情をもって子供に接している姿は、男性からすればとても魅力的に見えます。

一緒に生活していくうえで様々な問題やすれ違いがあるかと思います。その時に自分は正しいと価値観を強く押し付けず、男性側の意見も尊重したうえで一緒に乗り越えてくれるような女性を、男性はより魅力的に感じるはずです。

シングルマザーと結婚してくれる初婚男性と出会うには?

ここまで、シングルマザーと付き合いたいと思う男性の特徴を紹介してきました。では、実際にそのような男性と出会うためにはどうしたら良いのか、その方法について紹介していきます。

今の世の中では男性と様々な形で出会うことは可能です。ですが、ある特定の条件を満たせば理想的な男性と出会う確率は高くなるので、ぜひ参考にしてください。

知り合いから紹介してもらう

1つ目は、知り合いから直接紹介してもらうことです。例えば高校や大学の同期から紹介してもらえれば、無駄にお金もかけずに出会えるだけでなく、少なくとも見知らぬ人からの紹介と比べてより信頼性の高い出会いが実現可能です。

また、知り合いから紹介してもらうと、自然と会話ができるまでのハードルが低くなります。変に身構える必要がなくなるため、自分のありのままを素直に伝えられ、男性からの印象も良くなるはずです。

婚活パーティに参加する

2つ目は、婚活パーティに参加することです。婚活パーティの場合、男女ともに結婚を目的とした活動をしているため、とても積極性が高いです。ラウンド形式でトークするイベントが多く、様々な男性と話せる魅力があります。

中には、30代限定や離婚歴のある方限定など、対象を絞ったイベントを実施している場合があります。そうすれば必然的に理想的な男性と出会う確率が高まるので、無駄に話をして終わる悲劇は少なくなります。

マッチングアプリや結婚相談所を活用する

3つ目は、マッチングアプリや結婚相談所を活用することです。実は近年、異性との出会い方として、マッチングアプリでの出会いが一番多い傾向にあります。写真やプロフィールを見ながら出会えるため、趣味や価値観で一致する確率が高く、付き合った後の大きなギャップは発生しにくいです。

また、結婚相談所ではより結婚願望の強い男性がいます。自分の魅力を伝えれば、きっと振り向いてくれるはずです。

シングルマザーと初婚男性が結婚するために注意すべきこと

婚活 悩み

ここまで、初婚の男性と出会う方法について紹介してきました。ただし、上手く出会えたとしてもその後の付き合い方次第で関係性が大いに崩れるリスクがあります。

ここでは、初婚男性と結婚にいたるまでに注意すべきことを紹介していきます。何事も順風満帆に進められるわけではないので、結婚までに何を意識すべきかを理解していただければと思います。

相手選びは慎重に行う

まず、相手選びは慎重に行うようにしてください。当たり前だと感じる方がいるかもしれませんが、意外と直感的にこの人しかいないと思い込み、勢いのまま結婚に走る人がいます。それは、運命の人だと感じて行動しても、少しでも価値観が違えば恋愛対象から外れてしまうリスクがある危険な考え方です。

最終的には、男性側の人間性が高いかどうかが結婚するうえでの見定めるべきポイントです。自分に対して真剣に向き合ってくれるかどうか、何回かのデートを通じてぜひ見極めることをおすすめします。

自分に自信をもって婚活をする

次に、婚活する際には自分に自信をもって行動することです。結婚相手を探すうえで初めに見るところは相手の外見です。特に第一印象は大切で、それが今後の婚活において次につながるかどうかが決まってしまいます。清潔感はもちろんですが、自分には美しさがあると自信をもって婚活すれば、相手から好印象間違いなしです。

また、相手を探す際には決してお金目的ではなく、自分の外見や中身を売りにするよう心がけてください。少なくともシングルマザーの場合、これまで育児や私生活で大変な経験をしてきているので、それを乗り越えてきた出来事を糧に自信をもてるはずです。

子供の年齢は再婚するうえで重要であることを認識しておく

次に、再婚するとなった場合には子供の年齢も重要であることです。たとえば乳児のような物心がついていない時期であれば問題かもしれません。ですが子供がある程度成長してくると、勘が良ければ新しく父となった男性に嫌悪感を示す可能性があります。特に子供が女性で思春期であればなおさらです。

いくらパートナー同士での相性は良くても、子供との関係性が悪化してしまえば良い家族関係を作ることは難しいです。以下の記事で、シングルマザーの再婚率が子供の年齢や性別に影響してくるのかを解説しています。ぜひ参考にしていただければと思います。

シングルマザーの再婚率は2割以下!子供の年齢や性別によって変わるのか解説

結婚前に相手と子供との相性を確認しておく

最後に、女性側の子供と男性との相性が良いかどうかを確認しておくことです。子供との相性が悪ければ、たとえ女性との相性が良くても結婚生活が長く続く保証はありません。むしろ、関係性の悪化により、幸せな生活を送ることは難しくなります。

子供と仲良く接しているのか見極めるためにも、同居した時の男性の姿を確認しておくのがおすすめです。子供に対して強くあたっていないか、もしくは塩対応していないかを見ることで、将来的に一緒に暮らして問題ないかを判断することが可能です。

ここまで再婚に向けて注意すべきことを紹介してきました。以下の記事では、シングルマザーが幸せに結婚するための方法をより詳しく紹介しています。ぜひ参考にしていただければと思います。

シングルマザーの再婚で成功する人の特徴とは?

まとめ

ここまで、初婚男性とシングルマザーの相性は良いのか、無事に成功するためにはどのようなことに注意すべきかを紹介してきました。シングルマザーの特徴は初婚男性にとっても魅力的に映ることがお分かりになったかと思います。そのような男性を見つけて再婚したい場合は、結婚相談所を活用するのも良いでしょう。特に結婚相談所であれば「ムスベル」がおすすめです。

結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇り、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。少人数の仲人が担当するため、初めて結婚相談所を利用する方もしっかりサポートいたします。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2  BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714