Blog

結婚相談所のお見合いの流れをご紹介。マナーやルールを解説

結婚相談所を利用する場合、素敵な人へ出会うため”お見合い”をすることになります。お見合いと聞くと、「両親が決めた相手」「準備が大変そう」などといったイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。

実は、結婚相談所のお見合いは一般的に想像するお見合いとは異なります。会員の写真や詳細なプロフィールから、自分の好みの相手へお見合いの申し込みができます。また、自分の性格や好みを理解してくれているカウンセラーから紹介されることも。両者が「いいな」と思った相手とお見合いするのが、結婚相談所のお見合いです。

しかし、一般的なお見合いとは違うと分かっても、初めてのお見合いとなれば誰もが緊張するもの。そもそも結婚相談所のお見合いが、具体的にどのような流れで行なわれるのか不安になりますよね。この記事では、結婚相談所へ入会後、お見合いまでの具体的な流れや、お見合いするにあたり、押さえておくべきポイントなどを解説します。

結婚相談所を検討されている方、お見合いが不安な方の参考になれば幸いです。

結婚相談所のお見合いまでの流れ

結婚相談所のお見合いまでの流れは、下記の流れで進んでいくのが一般的です。

・写真、プロフィールの作成
・条件に合うお相手を結婚相談所で検索
・カウンセラーと面談
・お見合いの申し込み
・日程調整、会場予約
・お見合い当日

プロフィールの作成

結婚相談所では、はじめに写真やプロフィールを作成する必要があります。相手を選ぶ際の大事な判断材料になるので、プロフィール作成はとても重要。プロフィールの内容次第で、相手に選ばれないこともある為、「会ってみたい」と思われるようなプロフィール作成すをる事がポイントになってきます。

しかし、結婚相談所の利用が初めての方は、どのようにプロフィール作成をして良いのか悩みますよね。年収や職業、趣味など、自分が相手の情報で知りたい事は、相手も知りたい情報な場合が多いです。自分が知りたい情報をプロフィールに盛り込むことを意識することが、上手にプロフィール作成するコツになります。

相手の検索やプロのカウンセラーと面談

プロフィール作成が終わったら、自分の条件に合うお見合い相手を探します。一般的な結婚相談所ですと、会員のデーターベースから、年齢や出身地、学歴、年収といった検索項目に絞って、自分の好みに合わせたお相手を見つけます。

結婚相談所によっては、マッチングから自分と価値観や感性の合うお相手を探すこともできます。また、プロのカウンセラーとの面談が設けられており、自分で検索する以外にも、プロのカウンセラーから自分に合った相手を紹介してもらうこともあります。第三者からの意見を聞きながらお相手検索ができるので、よりよいお見合い相手を見つけることができるでしょう。

お見合いの申し込み

自分の条件に合った相手が見つかったら、お見合いの申し込みをします。申し込みをした相手から、OKの返事をもらえればお見合いの日程調整に入ります。お見合いが成立すると、必ずお見合いをしなければならないので、申し込みは慎重に行ないましょう。

お見合いが決まると、とたんに緊張や不安な気持ちが押し寄せてくるかもしれません。しかし、お見合いに関する日程調整や会場予約は、結婚相談所側が行なってくれます。お見合い当日のこと以外は考える必要がない分、不安な気持ちも少しは軽くなるはずです。お見合い当日の準備だけしっかりできれば問題はありません。

お見合い時の流れ

お見合いすることが決まったら、お見合いが本番!お見合い当日の大まかな流れは下記の通りです。

・待ち合わせ
・お見合い
・会計~お見送り
・お見合い後

待ち合わせ

お見合い当日の待ち合わせは、お互いが会話に集中できるよう、静かなホテルのラウンジやカフェなどで行なう場合が多いです。待ち合わせの際に注意しておくことは、約束の時間に遅れないこと。

お見合いに限らず、日常生活においても当たり前のことですが、その当たり前のことの積み重ねが大事といえるでしょう。たった一度の遅刻は、初めて会う相手からしたら、あなたの印象は「ルーズな人」になります。

あたなたの人柄がどんなに良くても、人は第一印象のイメージが大きくなるものです。お見合い前日には、待ち合わせ場所への交通機関をしっかり調べ、15分前には到着するよう調整をしておきましょう。

お見合い

お互いに挨拶を交わしたら、お見合いスタートです。お見合いがスタートしたと言っても、初めてお見合いする人は「何を話せば良いんだろう」と悩んでしまいますよね。まずは考える前に、相手に会えたことへの感謝を伝えてみてはどうでしょうか。

あなたやお相手の緊張も一気にほぐれ、コミュニケ―ションが取りやすくなる可能性も。しかし、具体的にどんな話をすればい良いの?と思う方もいるでしょう。そんな疑問を持つ方の為に、ここからは具体的な会話のポイントを解説していきますね。

お見合い開始時の会話

お見合い開始後、まずはお互いの自己紹介をします。プロフィールに書いてある内容を確認しておくと、会話のキャッチボール数を増やすことができます。例えば「趣味は〇〇なんですよね。私も興味がありまして..」など、プロフィールの内容を交えた話をすることで、会話をスムーズに展開できるでしょう。また、自分の話ばかりで一方通行にならないように、うまく会話のキャッチボールができているか意識することが大切です。

お見合いの時間は1時間前後

お見合いの所要時間は1時間前後。相手が長いと感じ、不快な印象を持たせないように、初回のお見合いは1時間前後に設定されているのが一般的です。お見合いでは、趣味や仕事、私生活のことなど、相手のことを知る大切な時間。相手のことを知りたくて、あれもこれも聞いていたら、あっという間に時間が過ぎてしまうこともあるでしょう。しかし、「もう少し話たいな」と余韻を残すくらいが、次の約束に繋がりやすいです。あまり長居をしないことも好印象を与えるポイントといえるでしょう。

お見合い終了の会話

お見合い終了時の会話も、丁寧な印象を持たれるような話し方にしましょう。お見合い終了時の会話は印象に残るものです。これから交際に発展させていきたいのであれば「また会いたいな」と思ってもらえるかが重要。例えば「今日は本当に楽しかったです」と一言添えるだけでも、相手が好印象を抱く可能性が高くなります。初対面の場合は、お互いに相手をよく観察していることが多いので、小さな気遣いができると好ましいです。

会計~お見送り

1時間ほど話したら、お見合いは終了になります。お見送りの際にも、相手に感謝の気持ちを伝えると好印象です。また、「お会計は割り勘なの?」と疑問に思う方もいますよね。お会計に関しては特に明確なルールがあるわけではありません。しかし、一般的には男性が支払うのが暗黙の了解といったところでしょう。もちろん、女性が全額支払うことも間違いではありませんが、男性がお支払いした方がスマートに思われます。ただし、「男性が支払って当たり前」といった態度はNG。ごちそうになったら笑顔でお礼を伝えましょう。

お見合い後について

お見合い後、まずやるべきことは、担当カウンセラーへお礼の言葉を伝えること。たとえ相手の印象が悪かったとしても、出会いのきっかけをくれたことに感謝することが大切です。それから、お見合いでの内容や相手の印象などを報告します。その後、お互いが交際希望を出した場合は交際スタートになります。交際後は、一般的なお付き合いと同じく、お互いの価値観や将来像を確認していきます。今後も一緒に歩いていくイメージができ、お互いが結婚の意思を固めたら、担当カウンセラーへその意思を報告し、ご成婚(成婚退会)となります。

お見合い時のマナーについて

結婚相談所へ入会後、お見合いからご成婚に至るまでの具体的な流れを紹介してきました。「具体的な流れは分かったけど、お見合い時のマナーや注意するべきポイントはある?」と疑問を持つ方もいると思います。実は、お見合いから交際に繋げる為には、お見合い時の印象はとても大事になってきます。ここでは、交際に繋がるような、お見合い時のマナーについて解説していきますね。

身だしなみに気を付ける

初めて会う人に、まず最初に目がいくのは身だしなみではないでしょうか。上文でもお話した通り、お見合いの場所は、静かなホテルのラウンジやカフェが多いです。そのような場所には見合わない、清潔感のない服装とボサボサの髪で相手が現れたらどうでしょう。最初から相手への印象は悪くなりますよね。お見合いの際は、会場の雰囲気に合った服装かどうかを確認する必要があります。男性の場合であればスーツ、もしくはジャケット。女性は露出が少ないベージュやネイビーといったシックなワンピースが好ましいです。男女共にTシャツやジーンズといったカジュアルな服装は避けましょう。

相手のプロフィールを確認しておこう

お見合いを成功させるためには、事前準備が重要です。事前に相手のプロフィールのをしっかり確認することを強くおすすめします。なぜなら、プロフィールには、自分との共通点を見つける為の情報が多く記載されています。プロフィールをチェックしておくことで、「〇〇が趣味なんですね」「私も○○に興味があります」といった感じで、お見合い時の会話もスムーズに進みます。また、お見合い中は、プロフィールを見ながらの会話はマナー違反ですので、お相手の顔をしっかり見ながら話せるように、お相手のプロフィールを読み込んで起きましょう。

日程取り消しは基本的にダメ

お見合いの申し込みを受けた場合には、1週間以内に返事をするのが一般的なマナーです。また、お見合いの日程が決まったら、基本的に後から日程の取り消しはNG。結婚相談所によっては、ペナルティーを設けている所もあるので注意が必要です。

お見合い当日までの日にちが遠いと、気持ちが冷めてしまう場合もあるので、なるべく近い日で調整することをおすすめします。自分本位の理由でキャンセルするのはNGですが、どうしても都合がつかなくなった場合は、結婚相談所へなるべく早めに連絡を入れましょう。

結婚相談所のお見合いに関するよくある疑問について

ここからは、結婚相談所のお見合いに関するよくある疑問について答えていきます。よくある疑問を以下の3つにまとめました。

・お見合いに料金は発生する?
・お見合い回数の理想は?
・お見合いのスケジュールや会場の予約は結婚相談所がしてくれる

お見合いに料金は発生する?

お見合い料金が発生するかは、結婚相談所によって異なります。お見合いが成立するごとに料金が発生する場合と、月額料金の中に含まれている場合の2パターンが考えられます。詳細については結婚相談時所へ問い合わせをしましょう。

お見合い回数の理想は?

お見合いの回数については、申し込み数や申し込み受け数の制限がある結婚相談所もあるので、どれくらいが理想かは人それぞれになります。1回のお見合いで、お相手とのフィーリング合い、交際に繋がるケースもありますし、逆もしかりです。

多くの結婚相談所では、4~5人に1人の割合で、相手からOKの返事をもらい、お見合いが成立すると考えられています。しかし、交際に繋がるかどうかは、やはりお見合い時のフィーリングで決まるもの。回数や頻度で決まるものではないので、無理なく自分に合った活動をしていくことをおすすめします。

お見合いのスケジュールや会場の予約は結婚相談所がしてくれる

お見合い成立後、お見合いのスケジュールや会場の予約は結婚相談所がしてくれます。担当カウンセラーに、希望の日程とエリアを伝えるだけで調整を行なってもらえるので、あなたはお見合いだけに集中することができます。ただし、担当者が双方の間に入って日程調整を行なうことが多いので、連絡が思い通りにいかない場合もあるでしょう。そんな時は、相手に返事を待たせないよう、相手を思いやる気持ちが大切です。日程調整は結婚相談所側へ任せられるといっても、なるべくスムーズに調整ができるように心がけましょう。

まとめ

結婚相談所へ入会後、お見合いまでの具体的な流れや、お見合いで押さえておくべきポイントを解説してきました。結婚相談所では、従来のお見合いのイメージとは違い、自分の条件に合ったお相手を探せます。

ここまで本記事を読み、なかには「思ったよりもやることが多くて大変そう..」と思われた方もいるかもしれません。しかし、結婚相談所のお見合いだからこそ、手厚いサポートがあり、大変な日程調整や会場予約なども請け負ってもらえます。お見合いが決まれば、後は当日の準備に専念するだけ。不安なことは、担当カウンセラーに相談することもできます。予め、お見合いまでの流れやポイントを知っておくことで、お見合い本番の緊張も少なく済むでしょう。この記事を活用し、本来の自分をアピールできるように準備して、お見合いに臨んでくださいね。