News | Topics

親同士のお見合いとは?メリットやトラブルが起きないかなどを解説

親同士のお見合いというと聞き馴染みのない方も多いと思います。しかし、近年では親同士のお見合いが増えています。では、なぜ親同士のお見合いが増えてきたのでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率(50歳までに1度も結婚したことがない人の割合)は、1990年代以降急増し、2020年には男性28.25%、女性17.81%という結果でした。

しかし、出生動向基本調査によると、いずれは結婚するつもりと答えた18歳から34歳までの未婚者の割合は、男女ともに85%を超えています。いずれは結婚するつもりでありながら結婚を先延ばしにしている人が増えている結果となっています。親は自分が亡くなったあとの子供の将来を心配し、子供が家庭を持っていれば安心できます。そのため、親同士がお見合いをして、子供の結婚をサポートしたいというケースが増えているのです。

そこで、ここでは親同士のお見合いのメリットやデメリットについてや、婚活を上手く成功させるポイントなどを解説していきます。

親同士で行う「代理お見合い」とは?

昨今、代理お見合いが話題になっています。代理お見合いとは一般的なお見合いとは大きく異なります。代理お見合いとは、結婚を希望する本人たちではなく、その親同士が代理でお見合いをすることです。

基本的には、結婚相談所で親がお見合いする相手を探して、プロフィールを確認し、親同士がお見合いします。その後、親同士の意思を確認し合い、問題がない場合、本人同士のお見合いがスタートするという仕組みです。

代理お見合いのいくつかの種類があります。それでは、実際に代理お見合いで話す内容について具体的に見ていきましょう。

代理お見合いには3つの種類がある

代理お見合いには以下のような3つの種類があります。

・仲人が同席する形式

・お見合いパーティー形式

・その他の形式

まず、仲人が同席する形式ですが、親同士だけでお見合いを実施します。その際に、婚活のプロである仲人が同席する形式です。

次にお見合いパーティー形式は、子供をもつ複数の親がお見合いパーティーに参加し、お互いの子供のプロフィールや写真などを共有するものです。

最後に、その他の形式ですが、婚活のプロである仲人を挟まず、親同士だけでお見合いを進める形式になります。

代理お見合いで何を話すの?

代理お見合いには3つの種類があるというお話をしましたが、実際に代理お見合いで何を話すのでしょうか。代理お見合いでの会話は、一般的なお見合いとは異なります。代理お見合いで交わされる内容は主に次の4つです。

・子供の性格や人柄などの内面的なこと
・お互いの家族構成や家族との関係
・住んでいるエリアなどの住居環境
・どういった生活を過ごしているかの生活環境

親から子供に対して抱いている希望や願望、親だからこそ知っている子供の魅力についても話し合っていきます。もちろん、結婚を希望する子供のお互いの希望も共有します。

親が子供に対して抱いている希望や願望については、一般的なお見合いであまり話されない内容なので、代理お見合いならでは魅力になります。また、親だからこそ知っている子供の魅力をたくさんアピールできるので、本人では気付けなかったポイントを引き出すこともできるでしょう。このような点も、代理お見合いならではの魅力です。

代理お見合いから結婚までの流れは?

代理お見合いから結婚までの流れは、一般的なお見合いと代理お見合いとでは異なっています。ここで、代理お見合いから結婚までの流れを整理していきます。

親がお見合いの相手を見つける

結婚相談所などのサービスに登録をします。そして親がプロフィールなどを見てお見合いする相手を見つけます。代理お見合いでは親がお見合いする相手を決めることが一般的になっています。

お互いの親同士だけでのお見合いをする

お見合い相手が決まったら、最初は親同士のみでお見合いをします。実施前には子供本人に伝えて、同意を得ておきましょう。

お互いの意思を確認する

親同士のみでのお見合いが終わったら、お互いの親が意思の確認をします。お互いの意思を確認し、

子供本人同士でお見合いをする

子供本人同士がお見合いに了承をすると、ここから一般的なお見合いがスタートします。お見合いをする日時や場所などを決めて、本人同士が情報を共有します。

交際~結婚

お見合いをして、お互いがお見合いした相手に興味を持てば、交際がスタートします。そのあとは、一般的な婚活と同じようにお付き合いをして親交を深めていき、よければ結婚をします。

代理お見合いのメリット

代理お見合いとは何なのかや、代理お見合いの流れについてみてきましたが、ここでは、代理お見合いの3つのメリットについて解説します。

本人が忙しくても話が進む

代理お見合いでは、本人が忙しくても話を進められます。将来的には結婚を考えていても、今は仕事が忙しくて婚活している余裕がないということは、今の時代ではよくあることです。代理お見合いでは、親が婚活を進めることができるので、子供が忙しく婚活ができないという場合でも、将来のパートナーを見つけることができます。

また、利用者の多くは、親が婚活にかかる費用を負担します。婚活している本人である子供は、経済的な負担を少なく婚活できます。

最初から親の了承が得られている

通常のお付き合いから結婚を決めて挨拶に行ったときに、親から反対される場合も少なくありません。代理お見合いでは、婚活を始めた段階から親の了承が得られているため安心です。

また、代理お見合いでは、最初から親がお見合い相手を決めている状態なので、本人同士が了承をすれば、スムーズに結婚が可能です。全て結婚のお膳立てが整った上で話を進められます。

相性が良い相手が見つかるかも

また、代理お見合いでは相性がいい相手をすぐに見つけられる可能性もあります。子供のことを1番理解しているのは親なので、自分の子供が結婚して上手くいくかどうかは理解できるでしょう。

ですので、場合によっては本人がお見合い相手を探すよりも親に選んでもらったほうが最適な相手に出会える可能性もあります。本人同士では、つい外見や収入なども気になりますが、親の視点で相手を選んでもらうことで本人が気づかなかった性格や人柄などを重視して選んでもらえるため、結婚後の生活がスムーズに進むでしょう。

代理お見合いのデメリット

前述では、代理お見合いのメリットについて話してきましたが、代理お見合いにはデメリットもあります。ここでは、4つのデメリットについて解説します。

成婚率が高くない

代理お見合いの成婚率は高くありません。代理お見合いでは、親がどれだけ結婚を希望していても、子供の了承を得られない限りは結婚を進められないからです。代理お見合いでは、親と子供両方の合意が得られる必要があります。

そのため、一般的な結婚よりも成婚率が低くなる傾向にあります。親が子供のことを1番理解しているとは言っても、子供と意見が食い違うこともあるでしょう。場合によっては通常のお見合いよりも上手く進まないことが多く、成婚率は高くないのです。

コミュニケーション不足でトラブルも

コミュニケーション不足で親子間でトラブルになることも少なくありません。親は子供の幸せを考えて行動したつもりでも、それが一方的な行動であれば、子供にとっては受け入れられないことで逆効果になってしまう可能性があるからです。

そのため、代理お見合いでは親子間でしっかりとコミュニケーションを取ることが必要です。代理お見合いではトラブルを起こさないために、必ず事前に親子間で意思や情報の共有をしておくことが重要です。

時間がかかる

代理お見合いでは時間がかかるというデメリットもあります。代理お見合いから結婚までの流れで説明しましたが、代理お見合いでは「親のお見合いと親同士の意思の確認」というプロセスが発生します。一般的なお見合いではこのようなプロセスはないため、その分時間がかかります。効率的に婚活したいという方にとってはデメリットになる可能性があります。

多くの異性と知り合うのが難しい

一般的に親同士のお見合いでは、親同士の意思確認というプロセスがあるため、通常のお見合いに比べ時間を取られるケースが少なくありません。また、年齢的にも高齢になるためレスポンスよく活動することも期待できません。そのため、親同士のお見合いでは多くの異性と知り合うのは困難になります。多くの異性と知り合うためには自らの希望条件や婚活スタイルを詳しく親に伝えておくことが必要です。

代理お見合いの婚活を成功させるポイント

代理お見合いのメリットもあればデメリットもあることを解説してきましたが、次に代理お見合いの婚活を成功させる2つのポイントについて解説します。

子供の意見をしっかり聴く

最初のポイントは、代理お見合いの婚活を成功させるためには、子供の意見をしっかりと聴くことです。

結婚をするのは子供なので、その本人となる子供の意見を尊重することが1番大切です。どんな人と結婚したいのか、結婚に対してはどういう価値観を持っているのか、結婚後はどういう生活にしていきたいのかをヒアリングし、本人が納得できる形で代理お見合いをする必要があります。

また、結婚願望はあっても、代理お見合いに対しては抵抗がある方も多いです。本人の意思も尊重し、どういう婚活をしたいかについて子供としっかり話し合いましょう。

場合によっては、代理お見合い以外の婚活を考えた方がいいかもしれません。親の希望はあると思いますが、子供に無理に押し付け過ぎず、子供の意見を尊重しましょう。

費用や準備のサポートをする

二つ目のポイントは、代理お見合いを成功させるためには費用や準備のサポートをすることです。

結婚相談所への入会はお金がかかります。子供が入会したかったとしても、金銭面が理由で入会を諦めてしまうということもあるでしょう。

そのため、親は費用面での負担をサポートしてあげることで婚活をスムーズに進められます。子供が婚活を嫌がっている理由は結婚相談所の入会料など婚活のための費用がかかることが原因かもしれません。婚活に対して精神的なサポートだけではなく、経済面でもサポートしてあげましょう。

まとめ

親というものは、いつまでも子供の幸せを願うものです。代理お見合いが増えてきた背景にはそのような親の気持ちがあるからでしょう。

子供にとっても、自分のサポートをしてくれる親の存在はとても心強く安心して任せることができます。

ただ、結婚するのは自分自身であるということを忘れてはいけません。いくら親の眼鏡にかなった相手でも、自分がこれから共に暮らす相手となるのです。そこは、親子でコニュニケーションをしっかりとり、幸せな婚活を成功させてください。

結婚相談所ムスベルでは、このような親同士の代理婚活を応援しています。豊富な実績のあるプロの仲人が専属で担当しますので様々なご不安にたいして、最適なアドバイスをさせていただいております。無料相談も行っておりますので是非、お気軽にお問合せいただきますようお願い申し上げます。