Blog

親同士のお見合いとは?メリットやトラブルが起きないかなどを解説

親同士のお見合いとはどういうものなのでしょうか。聞き馴染みのない方も多いんじゃないかと思います。しかし近年では、親同士のお見合いが増えているようです。なぜ親同士のお見合いが増えてきたのでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所によると、生涯未婚率(50歳までに1度も結婚したことがない人の割合)は、1990年代以降急増し、2015年には男性23.37%、女性14.06%になったそうです。

しかし、出生動向基本調査によると、いずれは結婚するつもりと答えた18歳から34歳までの未婚者の割合は、男女ともに85%を超えていたそうです。いずれは結婚するつもりでありながら結婚していない人が多くなったということではないでしょうか。親は自分が亡くなったあとの子供の将来を心配します。子供が家庭を持っていれば安心できると思います。そのため、親同士のお見合いをして、子供の結婚をサポートしたいという人が増えています。

そこで、ここでは親同士のお見合いのメリットやデメリットについてや、婚活を上手く成功させるポイントについて解説していきます。
親同士のお見合いに興味があった方や、現在実際に行われている方も、とても役に立つ情報になっていますので、ぜひしっかり読んで正しい知識を身につけましょう。

親同士で行う「代理お見合い」とは?

昨今、代理お見合いが話題になっています。代理お見合いとは一般的なお見合いとは大きく異なります。代理お見合いとは、結婚を希望する本人たちではなく、その親同士が代理でお見合いをすることです。

基本的には、結婚相談所などで、まず親がお見合いする相手を探して、プロフィールなどを確認し、親同士がお見合いします。そのあと、親同士の意思を確認し合い、問題がなかった場合、本人同士のお見合いがスタートします。

代理お見合いの種類もいろいろあります。そして実際に代理お見合いで話す内容について具体的に見ていきましょう。

代理お見合いには3つの種類がある

代理お見合いには3つの種類があります。

1つ目は、仲人が同席する形式です。親同士だけでお見合いを実施します。その際に、婚活のプロである仲人が同席します。

2つ目は、お見合いパーティー形式です。子供をもつ複数の親がお見合いパーティーに参加します。そこで、お互いの子供のプロフィールや写真などを共有し合います。

3つ目は、その他の形式です。婚活のプロである仲人をはさまず、親同士だけでお見合いを進めるパターンなどです。

代理お見合いで何を話すの?

代理お見合いには3つの種類があるというお話をしましたが、実際に代理お見合いで何を話すのでしょうか。代理お見合いでの会話は、一般的なお見合いとは異なっています。代理お見合いでされる会話は、子供の性格や人柄などの内面的なことや、お互いの家族構成や家族との関係、住んでいるエリアなどの住居環境やどういった生活を過ごしているかの生活環境などを話します。

さらに、親から子供に対していだいている希望や願望についても話します。親だからこそ知っている子供の魅力なんかについても話します。お互いの親が参加するお見合いだからこそ話せる内容があります。もちろん、結婚を希望する子供のお互いのスペックも共有します。

親が子供に対して抱いている希望や願望についてや、家族構成について深く話し会えるのは一般的なお見合いではないことなので、代理お見合いならでは魅力ではないでしょうか。また、親だからこそ知っている子供の魅力をたくさんアピールすることができるので、本人では気付けなかったポイントを引き出すことができます。その点も、代理お見合いならではの魅力です。

代理お見合いから結婚までの流れは?

代理お見合いから結婚までの流れは、一般的なお見合いと代理お見合いとでは異なっています。ここで、代理お見合いから結婚までの流れを整理していきます。

親がお見合いの相手を見つける

結婚相談所などのサービスに登録をします。そして親がプロフィールなどを見てお見合いする相手を見つけます。代理お見合いでは親がお見合いする相手を決めることが一般的になっています。

お互いの親同士だけでのお見合いをする

お見合い相手が決まったら、最初は親同士のみでお見合いをします。

お互いの意思を確認する

親同士のみでのお見合いが終わったら、お互いの親が意思の確認をします。お互いの意思を確認し、問題なさそうかどうか判断します。問題がなければ、ここで代理お見合いを行ったことや、相手の情報について子供である本人に伝えます。

子供本人同士でお見合いをする

子供本人同士がお見合いに了承をすると、ここから一般的なお見合いがスタートします。お見合いをする日時や場所などを決めて、本人同士が情報を共有します。

交際~結婚

お見合いをして、お互いがお見合いした相手に興味を持てば、交際がスタートします。そのあとは、一般的な婚活と同じようにお付き合いをして親交を深めていき、よければ結婚をします。

代理お見合いのメリット

代理お見合いとは何なのかということと代理お見合いの流れについてお話してきましたが、ここで、代理お見合いのメリットについて解説します。大きく分けて3つのメリットがあるので、ひとつひとつみていきましょう。

本人が忙しくても話が進む

代理お見合いでは、本人が忙しくても話を進められることができます。将来的には結婚を考えていても、今は仕事が忙しくて婚活している余裕がないということは、今の時代ではよくあることです。代理お見合いでは、親が婚活を進めることができるので、子供が仕事が忙しく婚活ができないという場合でも、将来のパートナーを見つけることができます。

また、利用者の多くは、親が婚活にかかる費用を負担します。婚活している本人である子供は、経済的な負担を少なく婚活をすることができます。

最初から親の了承が得られている

代理お見合いでは、婚活を始めた段階から親の了承が得られています。一般的なお付き合いから結婚を決めて挨拶に行ったときに、親から反対されたということも周りで聞いたことがある方も多いんじゃないでしょうか。

代理お見合いで、最初から親がお見合い相手を決めている状態であれば、本人同士が了承をすれば、すぐに結婚をすることができます。相手の親への挨拶で心配をする必要がないため、お互いに安心した気持ちで結婚を進めることができます。

相性が良い相手が見つかるかも

代理お見合いでは相性がいい相手をすぐに見つけられる可能性もあります。子供のことを1番理解しているのは親だと思います。代理お見合いでは、子供のことを理解している親が探してくれます。どんな相手と結婚すると上手くいくかということを親の方がよく理解しているケースも多くあります。

なので、お見合い相手から親に選んでもらったほうが相性がいい相手に出会えるかもしれません。外見や収入なども気になるところですが、これから長い結婚生活を幸せなものにするためには、相性がいい相手と出会うことが必要です。そのため、相性がいい結婚相手と出会うために親に結婚する相手を選んでもらうのは効果的です。

代理お見合いのデメリット

前述では、代理お見合いのメリットについて話してきましたが、代理お見合いのデメリットもあります。デメリットを理解しておかないと、困った事態になってしまうこともあるかもしれません。3つのデメリットについて分けて解説していくので、ぜひ押さえていきましょう。

成婚率が高くない

代理お見合いでは成婚率は高くありません。代理お見合いでは、親がどれだけ結婚を希望していても、子供の了承を得られない限りは、結婚を進めることができません。親と子供両方の合意が得られる必要があります。

一般的な結婚よりも代理お見合いの方が、親同士の了承が難しいケースがあるので、成婚率が低くなっている傾向にあります。親が子供のことを1番理解しているとは言っても、子供と意見が食い違うこともあります。結婚に対して、親の希望する条件と子供の希望する条件では合わないこともあると思います。そのため、お見合いが上手く進まないことも多く、成婚率は高くはないのです。

コミュニケーション不足でトラブルも

コミュニケーション不足で親子間でトラブルになってしまうこともあります。親は子供の幸せを考えて行動したつもりでも、それが一方的な行動であれば、子供にとっては受け入れられないことで逆効果になってしまう可能性があります。

代理お見合いでは親子間でしっかりとコミュニケーションをとることが必要です。コミュニケーション不足だと、意見が合わず、親子での信頼関係が崩れたり、本人が望まない結婚をしてしまうこともあるかもしれません。代理お見合いではトラブルを起こさないために、事前に親子間で意思の共有や情報の共有をしておくことが重要です。

時間がかかる

代理お見合いでは時間がかかるというデメリットもあります。代理お見合いから結婚までの流れで説明しましたが、代理お見合いでは、親のお見合いと親同士の意思の確認というプロセスが発生します。一般的なお見合いではこのようなプロセスはないのでその分、時間がかかってしまいます。効率的に婚活したいという方にとってはデメリットになってしまう可能性もあります。

代理お見合いの婚活を成功させるポイント

代理お見合いのメリットもあればデメリットもあることを解説してきましたが、次に代理お見合いの婚活を成功させるポイントについてお話していきます。
2つのポイントがあるので、このポイントに気をつけて代理お見合いの婚活を成功させましょう。

子供の意見をしっかり聴く

代理お見合いの婚活を成功させるためには、子供の意見をしっかりと聴くことです。結婚をするのは子供なので、その本人となる子供の意見を尊重することが1番大切です。どんな人と結婚したいのかや、結婚に対してはどういう価値観を持っているのか、結婚後はどういう生活にしていきたいのかなどを聴き、子供自身が納得できる形で代理お見合いをする必要があります。

また、結婚願望はあっても、代理お見合いに対しては抵抗がある方も多いです。デメリットのコミュニケーション不足でトラブルが起こる可能性があると解説したところでも述べましたが、どういう婚活をしたいかについて子供としっかり確認しましょう。場合によっては、代理お見合い以外の婚活を考えた方がいいかもしれません。親の希望はあると思いますが、子供に無理に押し付け過ぎず、子供の意見を尊重しましょう。

費用や準備のサポートをする

代理お見合いを成功させるために、費用や準備のサポートをすることも大切です。結婚相談所への入会はお金がかかります。子供が入会したかったとしても、お金が理由で入会を諦めてしまうということもあります。

そのため、親は費用面での負担をサポートしてあげることで婚活をスムーズに進めることができます。子供が婚活を嫌がっている理由は結婚相談所の入会料など婚活のための費用がかかることが原因かもしれません。婚活に対して精神的なサポートだけではなく、経済的なサポートしてあげましょう。

代理お見合いでは、費用や準備のサポートをすることが婚活を上手くいかせるポイントです。

まとめ

親はいつまでも子供に幸せになって欲しいと願っています。そして子供になにかしてあげられることがあればしてあげたいと思っています。代理お見合いが増えてきたのもこのような親の気持ちがあるからだと思います。

そして子供にとってもサポートしてくれる親がいるということは、不安な婚活も安心して進められることができ、心強いはずです。代理お見合いのメリットとしては、結婚する本人である子供自身が忙しかったとしても婚活を進めることができ、親からの了承を得た状態で相手と会うのでとてもスムーズに結婚まで進めることができます。

さらに、親の目を借りるこごで相性のいい相手と会える可能性も高くなります。しかし、気をつけてもらいたいこともあります。結婚をするのは親ではなく子供です。親の方が一生懸命になることも多いと思いますが、本人である子供の意見を大事にしましょう。親子でのコミュニケーションをしっかりととって、幸せな結婚ができるように婚活を成功させてください。