Blog

バツイチ男の再婚はやっぱり難しい?いい人を見つけるためには?

男性でバツイチだと女性の場合と比較して再婚は難しいのではないかと考える人は多いでしょう。この記事ではバツイチ男の再婚が難しい理由から解決策、再婚後のポイントまでまとめています。この記事を参考にすることでバツイチ男が再婚に成功して、再婚後は幸せな生活を送れるようになるでしょう。

どうしてバツイチ男のイメージが悪いのか、その理由からきちんと分析しています。女性から信頼されるバツイチ男の特徴や再婚後の生活で気をつけるべき点についてまでまとめているのです。自分の状況と照らし合わせて、これから何をすれば良いのか考えるための参考にしてください。

それではバツイチ男がいい人を見つけて再婚して幸せな家庭を築くためのポイントについて解説しましょう。

バツイチ男性の印象について


バツイチ男性が世間からどういった印象を持たれているのか見ていきましょう。

バツイチ男性の再婚は大変?

バツイチ男性といえば、再婚が大変というイメージを持たれていることが多いです。世間的にバツイチ男性はあまり良い印象を持たれていません。そのため、これから再婚しようと考えても、なかなか相手を見つけることができず再婚できないでいるのです。

たとえ素敵な恋人を見つけることができても、今度は恋人の両親に難色を示されるケースがあります。バツイチ男性はいくつものハードルを超えないと再婚にまでたどり着けないのです。このようにいろいろと困難な要素があるためにバツイチ男性の再婚は大変というイメージが形成されています。

バツイチ男性が婚活を始めた際の傾向について


バツイチ男性が実際に婚活を始めたとしてどのような結果になるのか、具体的な傾向について見ていきましょう。

バツイチ男性の成婚率は意外と高い

バツイチ男性はイメージとは違って実際の成婚率は意外と高いというデータがあります。たとえば、2018年において婚姻者のうち再婚者が含まれる割合は26.7%でした。この中には当然バツイチ男性も含まれているのです。そのため、イメージよりもバツイチ男性は結婚しているといえるでしょう。バツイチの男女が再婚するというケースもあります。お互いがバツイチという事情をよく理解して共感できるからです。

実際にバツイチ男性が成婚した事例はたくさんあるため、けっして諦める必要はありません。

バツイチ男性の再婚が難しいとされる理由について


どうしてバツイチ男性の再婚が難しいとされているのか、その理由を見ていきましょう。

バツイチの世間的イメージはどうしても良くない

そもそも男女を問わずバツイチは世間的なイメージが良くありません。何か欠点があったから離婚したと思われるからです。離婚している人の割合は昔と比較するとかなり増加しているのですが、今でも離婚をしないことが普通のことだとされています。離婚するのは、どこか問題を抱えていたからと邪推されてしまうのです。特に年配の人はバツイチに悪いイメージを抱きやすいため、再婚しようとしても相手の両親に嫌がられるケースが出てきます。

好印象を与えるための努力をするべき

たとえ相手がバツイチに悪い印象を持っていたとしても、それはあくまでも一般論です。バツイチに対しての個別の印象は、その人の振る舞いや態度などに左右されます。そのため、できる限り好印象を与える努力をすれば、バツイチのマイナスイメージを払拭することは可能です。

再婚に向けて自身がない

これから再婚したいと考えても自信がないという人がいます。バツイチはマイナスイメージを持たれやすく、いい人を見つけることが困難であり、再婚ができないと考えるのです。一度離婚したことがトラウマとなっていて、自分には魅力がないと考えてネガティブになる人もいます。

離婚した原因を改善する

過去に離婚した原因を分析しましょう。そうすれば自分に欠けている点が見つかるはずです。後は、駄目な部分を改善するための努力をします。その結果、自分に自信を持てるようになるでしょう。

子供の問題

バツイチなだけではなく子供がいるために再婚が難しくなるケースは多いです。相手にとっては、自分と血の繋がりのない子供がいる人と結婚するのは不安になります。子供が上手く懐いてくれないのではないか、他人の子供を育てるのに心理的な抵抗が生じるのではないかなど不安になる要素は多いです。

相手のプレッシャーを取り除いてあげる

バツイチ子持ちならば、再婚しようとしても相手が精神的なプレッシャーを感じることがあります。そこで、相手にあまり責任感や使命感などを感じさせないようにしましょう。子供のいる人と再婚すれば、子供を可愛がることができ楽しい家庭を築くことができるとプラスのイメージを持たせると良いです。

元妻の問題

元妻の存在が気になって相手が再婚に抵抗を感じるケースがあります。特に子供がいる場合は、再婚後も元妻との関係性は継続するでしょう。本当に元妻との関係が切れているのか疑問に感じる人もいます。慰謝料などの問題について気になる人も多く、マイナスなイメージを持たれやすいのです。

元妻との関係を明確にする

元妻と現在どういった関係にあるのか明確にすれば相手は安心してくれます。けっして隠し事をするのは避けましょう。たとえば、慰謝料や養育費をいくら支払っているのか、子供とどの程度のペースで会っているのか、会ったときの相手はどうだったかなどです。相手から質問されたことにもすべて誠実に答えましょう。

仕事の問題

再婚したあとの仕事の問題が生じることがあります。たとえば、金銭面の分担をどうするのか、子供の世話や家事をどうするのかなどです。専業主婦になることを強いられるのか、それとも共働きしても良いのかなど、仕事に関連して決めるべきことはたくさんあります。その点に不安を感じて相手が再婚を嫌がるケースがあるのです。

お互いが協力する

バツイチの場合は慰謝料や養育費の負担を男性がするケースが多く、金銭的に余裕がない場合があります。そのような事情をきちんと女性に伝えて、お互いが協力をして支え合う関係を構築すると良いでしょう。きちんと話し合いをして、仕事についてどうするか相手の意見を尊重して協力する姿勢を見せれば、女性は不安を感じません。

そもそも出会いがない

男性が再婚しようと考えてもそもそも出会いがなくて困る人は多いです。たとえば、バツイチで子持ちの場合はこどもの面倒を優先する必要があり、婚活をする余裕がなくなります。いつ恋愛すればいいのか、どこで出会いを見つければいいのかわからず悩むのです。

とにかく行動する

バツイチ男性が結婚したいならば、とにかく行動することが大切です。受身の姿勢で誰か良い女性が現れてくれないかと待っていたのでは再婚できません。たとえ子供がいたとしても、1日誰かに預けて空いた時間を利用して婚活イベントに出かけることもできます。積極的に行動することで再婚の難しさを解決できるでしょう。

相手の親の理解度

バツイチ男性が再婚してくれそうな女性を見つけられたとしても、相手の両親が理解してくれないケースがあります。両親の反対を押し切って結婚してくれる女性はなかなかいないでしょう。どのようにして相手の親に理解してもらい信頼を勝ち取ることができるのか苦労するバツイチ男性は多いです。

少しずつ信頼関係を築く

バツイチ男性は相手の親によく思われようとして焦るケースがあります。しかし、必死にアピールしても相手からの信頼をすぐ得ることは難しいです。焦りは禁物であり、長い時間をかけて少しずつ信頼関係を築いていきましょう。そうすれば、バツイチというマイナスイメージを払拭するチャンスが生まれます。

大事にしてくれる・信頼されるバツイチ男性の特徴

女性を大事にする、信頼できると思われるバツイチ男性の特徴を紹介していきます。

元妻との比較をしない

元妻と比較されることを女性はとても嫌がります。どんな些細なことでも元妻と比較しないことを心がけましょう。元妻と一切比較してこない男性はとても信頼されます。女性が嫌がることを理解している男性であると思われるでしょう。

過去のことはしっかりと話す

過去の結婚のことについては、きちんと話すことが大切です。離婚の原因や元妻のことなどを質問されたならば、誠実に答えることを心がけましょう。隠し事をされると女性は不安になります。何かやましいことがあるのではないかと思うからです。再婚する前にきちんと過去のことを打ち明けることで、女性は安心します。

元妻と無駄なやり取りをしない

これから再婚するのであれば、元妻とは必要なとき以外は一切やり取りしないことが大切です。そのような態度を心がけてくれる男性は信頼されるでしょう。特に用事があるわけではないのに元妻とやり取りを続けている男性は、まだ未練があるのではないかと思われるでしょう。女性にとっては、しっかりと過去の関係を断ち切ってから再婚して欲しいのです。再婚相手に余計な不安を与えないことが大切です。

新しい人との生活を優先できる

再婚相手との生活を優先してくれる男性は女性に信頼されやすいでしょう。いつまでも過去のことにこだわっている男性は、新しい人との生活をおろそかにしがちです。そのような男性と結婚したい女性はいないでしょう。今目の前にいる女性を大切にしていて、本当に愛していることをアピールするためにも、新しい人との生活を優先することが重要です。

結婚の意欲があることを伝える

バツイチ男性の中にはそもそも再婚する気持ちのない人もいます。そのような男性は女性と付き合ったとしても、あくまでも遊びであり、相手の体を目当てにしている人も多いです。女性からするとバツイチ男性が結婚の話を切り出してくれないのはとても不安になります。そこで、しっかりと結婚の意欲があることを伝えることが重要です。バツイチ男性が再婚の意思があるとアピールすれば、女性は安心して付き合うことができ、結婚に前向きになれます。

バツイチ男性が再婚後、上手くための方法


バツイチ男性が再婚して上手くいくための方法について紹介しましょう。

子供の有無を確認する

バツイチ男性がこれから再婚するならば、事前に子供の有無を伝えましょう。再婚してから子供がいることを相手に伝えるとトラブルの原因になります。たとえば、別れた妻のところに子供がいる場合は、自分から再婚相手に子供の有無を伝えないと相手は何もわからないのです。バツイチ男性に子供がいる場合は、再婚後にも元妻と連絡を取り、子供とも面会する可能性があります。このような事情を再婚後に女性が知るのは、とても嫌なものであり不安になるのです。事前に子供の有無をきちんと伝えましょう。

金銭的負担があるのかを確認しておく

再婚してから問題になることが多いのは金銭面です。たとえば、バツイチ男性が別れた妻に養育費や慰謝料を支払っているケースがあります。どのくらいの支払いがあるのか再婚相手にきちんと説明しておくことが大切です。そうしないと将来設計にまで影響します。事前に金銭的負担について理解してもらえば、再婚後の将来設計をきちんと行うことができ、幸せな再婚生活に一歩近づくのです。

離婚の原因を隠さず話しておく

どうして離婚してしまったのか、原因を包み隠さず話しておきましょう。きちんと伝えておかないと女性は再婚後も不安になります。特に離婚原因がバツイチ男性にある場合は、再婚後にそれが発覚すると女性は後悔する可能性もあるのです。事前にしっかりと離婚原因を話しておき、不安の種を取り除いておきましょう。

まとめ


バツイチ男性の再婚は難しいというイメージがあります。実際に苦労している人もいるのですが、けっして再婚するのは不可能ではありません。この記事を参考にしていい人を見つけて、なおかつ再婚後のトラブルを防ぐための対策を取っておくことで、幸せな再婚生活を実現できるでしょう。