Blog

結婚相談所の交際期間をご紹介。平均期間なども合わせて解説

結婚相談所を利用する際にはどのくらいの期間で結婚に至ることができるのか気になるでしょう。結婚相談所で出会った相手とはまず仮交際をして、その後で真剣交際をするかどうか決めることになります。仮交際の期間がどれくらいで真剣交際まで何回デートすれば良いのか、どのタイミングでプロポーズをするべきなのかなど理解しておくべき点はたくさんあるのです。

この記事では、結婚相談所を利用して仮交際や真剣交際をするまでの期間について紹介しましょう。さらに成婚に至るまでにどんな点に注意しておくべきなのかポイントについても解説します。これから結婚相談所を利用して素敵な異性と結婚したいと考えている人はぜひとも参考にしてください。それでは結婚相談所の利用期間について詳しく説明していきましょう。

結婚相談所の交際は2種類に分かれる


結婚相談所における交際には実は2種類存在します。その1つは仮交際です。これは相手を選ぶために仮に交際をしてみる期間のことです。もう1つ、仮交際で相手を選んで真剣に付き合い始めることを真剣交際といいます。

いきなり真剣交際を始めるのはリスクがあります。相手についてよく理解していないのに正式に交際を始めたとしても、ひょっとしたら相手と相性が悪いことが判明するかもしれません。実は相手が性格や私生活で何らかの問題を抱えていることがわかる場合もあるでしょう。こういった事態を避けるためにあらかじめ仮交際期間を設けておきます。そうすれば、相手のことについていろいろと探りを入れることができるのです。実際に連絡を取り合ったり、デートをしてみたりします。そこで、相手を本当に信頼できる異性であると確証できて、将来結婚しても良いと本気で思える用になったならば、真剣に交際を始めてみます。

基本的のどの結婚相談所を利用する場合でも、仮交際から始めて真剣交際に至るという流れは変わりません。

結婚相談所の交際期間はどれくらい?


結婚相談所で出会った異性との交際期間がどれくらいなのか目安を紹介しましょう。

仮交際期間の目安は?

結婚相談所で仮交際をする期間は人それぞれ異なっています。平均すると2ヶ月程度とされているのです。ただし、人によってはもっと短い期間で真剣交際に移行するケースもあれば、もっと時間をかけてじっくりと相手を見定めようとする人もいます。

また、仮交際は特定の人とのみ付き合うわけではなく、複数人と同時に交際することも可能です。これは結婚相談所も認めていることでありルール違反ではありません。そのため、良い人と出会うことができなければ、仮交際期間が長引くこともあるでしょう。逆に自分の理想の相手を見つけることができ、相手を本当に信頼できると判断できたのであれば、1ヶ月やもっと短い期間で真剣交際に移っても構わないでしょう。

仮交際していて相手との未来がないなと感じたならば、すぐに終了することをおすすめします。合わないと感じた相手といつまでも付き合い続けたとしても、それは自分にも相手にもあまり意味のないことだからです。

真剣交際までのデートの回数の目安は?

真剣交際をするまでには何度かデートを重ねることになります。
デートの回数の目安としては、3~4回程度です。このぐらいの回数のデートを重ねることで、相手について深く検討していきます。1回や2回のデートだけではなかなか相手についてよく理解することは難しいでしょう。
逆に10回もデートを重ねたのでは期間が長くなってしまいます。そのため、3~4回程度のデートをした上で、今後相手と真剣に付き合うべきかどうか検討すると良いのです。

ただし、回数はあくまでも目安であり、絶対に上記の回数を守る必要はありません。たとえば、1回や2回のデートであっても、相手のことを本気で気に入って、もっと深く知りたい、親密な付き合いをしたいと思うことがあるかもしれないです。

その場合はデートの回数が少なかったとしても、すぐに真剣交際に移ると良いでしょう。
仮交際はあくまでも相手と真剣に付き合うか考えるための期間であり、本気になれる相手を見つけることができたならば、すぐ真剣交際をしても構いません。

真剣交際からプロポーズするタイミングの目安は?

真剣交際を始めてからはデートを何度も重ねて、相手とより親密な関係を築けます。そのような深い交際を重ねていく中で、相手の私生活から仕事、性格、将来性など細かな点を含めて探っていくことになります。途中で相手への気持ちが冷めることがなく、もっと一緒にいたい、本気で結婚したいと願うようになったならば、プロポーズするべきです。

真剣交際からプロポーズをするタイミングは人それぞれ異なっています。3ヶ月や6ヶ月付き合って決めるべきという意見もあるのですが、このぐらいの期間では気持ちが固まらないという人もいるでしょう。その場合は1年や2年かけてじっくりと付き合ったとしても構わないのです。自分が本気で相手と結婚したいと考えていて、相手との結婚生活で不安要素がないと確証できれば、それがプロポーズをするタイミングといえます。

一般的な目安としては真剣交際を始めてから3ヶ月から6ヶ月程度で成婚に至るケースが多いようです。また、プロポーズについては自分の将来の人生を左右する大きな決断となるため、あまり短い期間で安易に決めるべきではないでしょう。そのため、最低でも1ヶ月か2ヶ月は真剣交際を続けてみることをおすすめします。

交際期間中は結婚相談所の規定に注意


真剣交際を始める際には結婚相談所の定める規定に注意しましょう。どのような点に気をつけるべきなのか説明します。

真剣交際時の行為はどこまでOK?

真剣交際を始める際には結婚相談所が禁止事項を設けていることに注意しましょう。基本的に多くの相談所では婚前交渉を禁止しているのです。そのため、普段の生活の中で恋人を作り付き合うのと同じように考えてはいけません。相談所が禁止する事項としてよくあるのは下記のような行為です。

・同棲
・宿泊を伴う旅行
・性交渉

上記のような行為をしていることを相談所に確認されるとペナルティを受ける可能性があります。
ただし、どこまでを婚前交渉としているのかは相談所ごとに異なっているのです。

たとえば、キスは婚前交渉ではないとする業者もあれば、成婚するまではキスさえNGにしているケースもあります。
たとえば、仮交際期間中では禁止だけれども真剣交際ではOKとされる場合もあるのです。

禁止事項を行ったとしても相談所にバレるわけがないと考える人がいるかもしれません。しかし、実際には相談所にバレてしまうケースもあるため注意しましょう。万が一のリスクを避けるためにも禁止事項を避けて真剣交際をすることをおすすめします。もし、何がNG行為として規定されているのかわからない場合には、担当者に問い合わせをしましょう。そうすれば、禁止事項について詳しいことを教えてくれます。

相談所を利用して結婚相手を探すのであれば、あくまでもルールは守っておきましょう。

真剣交際での破局は問題ない?

結婚相談所で知り合った相手と真剣交際したとしても、さまざまな理由から破局することがあります。真剣に付き合ってみた結果、自分とは合わないと感じることがあるからです。また、相手のプライベートな部分まで知ることができて、その結果として相手を信用できなくなったというケースもあるでしょう。このような理由から真剣交際している相手と破局することは、結婚相談所の利用では特に問題ありません。そもそも、真剣交際は将来の結婚を約束したものではないからです。合わない相手と無理に結婚する必要性はないため、破局したとしても特に問題視されません。

結婚相談所での真剣交際とはあくまでも結婚をするかどうか決めるための期間であると考えましょう。そのため、真剣交際しているときに、相手との結婚がないと感じたのであれば、すぐに交際を終了することをおすすめします。早く別れてしまった方が、次の相手を素早く見つけることができるでしょう。可能性がないのにいつまでも付き合い続けるのは、相手に迷惑をかけることにもなります。

真剣交際している相手との交際を終了したいならば、直接相手に伝えるか、結婚相談所に仲介してもらうかどちらかを選びましょう。自分で伝えるのが難しい場合には相談所のスタッフが代わりに伝えてくれるのです。

成婚するためのポイントについて


結婚相談所を通して出会った相手と成婚するためのポイントについて説明します。

交際期間中は相手とコミュニケーションを深めよう

交際を始めた相手とはしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。これは仮交際の場合でも真剣交際の場合でも共通しています。相手のことをより深く理解したいのであれば、コミュニケーションは欠かせません。きちんと言葉のやり取りをすることによって、相手についての理解が深まります。また、あなたの方が相手に対してアピールすることにもつながるのです。

コミュニケーションについては相手から話しかけるのを待っていてはいけません。受身の姿勢だと、あなたが真剣に婚活をする気がないと疑われてしまうでしょう。それでは相手の方があなたに愛想を尽かしてしまいます。そのような姿勢では婚活を続けていても失敗する可能性が高いです。

また、コミュニケーションする際には自分本位にならないように気をつけましょう。相手への配慮や思いやりを一番に考えて、相手と一緒に盛り上がるような話題をチョイスしてください。相手を満足させることを一番に考えたコミュニケーションを取ることで、相手に好印象を与えることができます。

担当のアドバイザーの意見を聴こう

せっかく結婚相談所を利用するならば、あなたを担当しているアドバイザーを活用しましょう。多くの相談所ではコンセルジュやアドバイザーなどを用意していて、担当制となっており、いつでも気軽に相談することができます。スタッフは婚活のプロであり、これまでに多くの人たちの婚活を成功に導いてきたのです。そのようなプロに相談すれば、あなたの悩みや不安を取り除くアドバイスをしてくれます。

アドバイザーであれば、最初のお見合いから真剣交際、プロポーズに至るまでそれぞれの段階で有効なアドバイスをくれるのです。どんなに初歩的なことであってもしっかりと回答してくれます。そのため遠慮せずにどんどん相談することをおすすめします。特にアドバイザーへの相談で追加料金がかからないサービスの場合は、相談をすることで費用負担が増えることはありません。せっかくプロに相談できるチャンスがあるのならば、それを活用しないのはもったいないです。

また、アドバイザーから忠告やアドバイスをもらったならば、それを素直に聞き入れることを心がけましょう。ひょっとしたら耳の痛い話を聞くことになるケースもあるかもしれませんが、プロからの助言と考えて素直に受け止めてください。そして、プロからのアドバイスを自分の婚活にしっかりと取り入れましょう。

デートを重ねよう

実際に交際を始めることになったならば、とにかくデートを重ねましょう。一緒にいる時間を増やすことによって、相手のいろいろな一面を見ることが大切です。デートではできるだけさまざまな場面を一緒に体験しましょう。そうすれば、相手の性格や考え方、癖などいろいろなことが見えてきます。また、相手もあなたのことを観察しているため、その点も意識しましょう。できるだけ良い印象を与えられるような振る舞いを心がけるのです。

何度もデートを重ねていくうちに、自然と二人の距離は縮まっていきます。相手と本気で結婚したいと思っているのか自分の気持ちもはっきりしてくるでしょう。また、相手があなたを気に入っているかどうかも、デートを重ねて親しくなっていくうちにわかるようになります。

デートでの振る舞いや服装、デートコースなどについて悩んだときには、気軽にアドバイザーに相談しましょう。相談所の中には洋風のコーディネートから対応してくれるところもあるのです。プロのアドバイスを受けることで、相手に好意的な印象を与える素晴らしいデートを実現できます。

まとめ


結婚相談所を利用して交際するときの期間は、仮交際が2ヶ月程度、真剣交際は3ヶ月から6ヶ月程度でしょう。ただし、どのくらいの期間だけ交際するか、何回デートしたらプロポーズするといったことに正解はありません。結婚相談所の規定を守りながら、相手とデートを重ねてアピールしましょう。相談所のアドバイスを参考にすれば素敵な異性と成婚できます。