News | Topics

シングルファザーが再婚するきっかけとは?子どもの気持ちとタイミングが大事

シングルファザーとなり、仕事と家事と育児のバランスをとるのが大変だと思います。
しかも、再婚を考えるときは、自分だけでなく、子どもの気持ちやタイミングも考えなければいけません。子どもは、新しい母親を受け入れられるのか、実母との関係はどうなるのか、今までの生活が変わってしまうのではないかと不安に感じることがあります。また、シングルファザーは、子どものために再婚したいと思っても、子どもが反対したり、心の傷が癒えていない場合もあります。
そこでシングルファザーが再婚するきっかけとは、どのようなものなのか説明していきます。本記事を参考にしてくれると幸いです。

シングルファザーの再婚するきっかけ

再婚するきっかけには、様々な理由があります。しかし、どんな理由があっても、再婚することは、自分と子どもと新しいパートナーの幸せのために、慎重に考えて行動していくことが大切です。以下でシングルファザーの再婚するきっかけを説明しているため参考にしてください。

新しいパートナーとの出会い

シングルファザーは、子育てや仕事に忙しく、なかなか出会いの機会が少ないですよね。しかし、インターネットやSNSの発達により、オンラインで気軽に交流できるようになりました。また、シングルファザー向けの婚活サイトやイベントも増えています。そうした場で、自分と同じ境遇の人や、子どもを受け入れてくれる人と出会うことができれば、再婚へのきっかけとなります。

子どものため

子どもの母親の代わりになろうと頑張っているかもしれませんが、やはり母親の存在は大きいもので、父親が母親の代わりになることはできません。
子どもが母親に対する憧れや寂しさを感じている場合、シングルファザーは新しいパートナーと再婚することで、子どもにとっても自分にとっても、新しい家族を作ることが幸せにつながります。

生活の安定

シングルファザーは、一人で子どもを育てるという責任が重くのしかかっており、仕事と家事と育児のバランスをとるのは大変なことです。また、経済的にも不安があるかもしれません。再婚することで、新しいパートナーと協力して子育てをすることができれば、生活の負担を分けることができるため軽減します。また、新しいパートナーの収入が加われば、経済的にも余裕ができます。

恋愛感情

シングルファザーは、前妻との別れや離婚の原因によって、恋愛に対するトラウマや不信感を抱いている場合があります。しかし、それでも人間は恋愛を求める生き物です。新しいパートナーとの出会いで、恋愛の喜びや幸せを感じることができれば、再婚することを望むでしょう。また、新しいパートナーとの恋愛が、自分の心の傷を癒してくれます。

シングルファザーが再婚するタイミング

シングルファザーが再婚するタイミングは、新しいパートナーとの関係や子どもの受け入れ、経済的な安定、心理的な準備など、様々な要素が関係しています。再婚は、自分だけでなく、子どもや新しいパートナーの人生にも大きな影響を与えます。再婚に踏み切る前に、自分の気持ちや状況をよく考え、慎重に決めることが大切です。

新しいパートナーとの関係が安定したとき

再婚を考える前に、新しいパートナーとの関係が安定していることが大切です。お互いに信頼し合えることはもちろん、価値観や将来のビジョンが合っていることも重要で、新しいパートナーがシングルファザーであることを理解し、子どもを受け入れてくれることも必要です。新しいパートナーとの関係が安定していれば、再婚に向けてスムーズに話を進めることができるでしょう。

子どもが新しいパートナーを受け入れたとき

シングルファザーがの再婚には、子どもの同意が必要です。子どもが新しいパートナーを受け入れてくれなければ、再婚は難しいでしょう。子どもが新しいパートナーを受け入れるためには、シングルファザーが子どもとのコミュニケーションをしっかりととりましょう。
子どもに再婚の意思を伝えるときは、自分の気持ちを正直に伝え、子どもの気持ちを尊重することが必要です。また、新しいパートナーと子どもと仲良くなる関係づくりも欠かせません。新しいパートナーが子どもに対して優しく接し、子どもの好きなことや趣味に興味を持ってくれることで、子どもは新しいパートナーに親しみや信頼を感じます。子どもが新しいパートナーを受け入れてくれるかでシングルファザーが再婚するか決まります。

経済的な安定を得たとき

シングルファザーがは、一人で子どもを育てるという責任が重くのしかかっています。再婚することで、新しいパートナーの収入が加わることはメリットですが、同時に新しい家族のために支出も増えることも理解しておきましょう。
新しいパートナーとの間にも子どもができる可能性もあります。再婚する前に、自分の収入や貯金、借金などの経済状況を把握し、新しいパートナーとも家計の管理や貯蓄の目標などを話し合うことが大切です。経済的な安定があることで再婚するときの心配事が減ります。

心理的な準備ができたとき

シングルファザーがは、前妻との別れや離婚の原因によって、恋愛に対するトラウマや不信感、子どもに対する罪悪感や不安があるかもしれません。再婚するには、自分の心の傷を癒し、新しいパートナーとの関係に前向きになることが必要です。自分の気持ちを整理するために、友人に相談したり気分転換をすることも良いでしょう。心の準備をしておくことが再婚においては非常に重要となってきます。

シングルファザーの再婚率は高い?

結論から言いますと、シングルファザーの再婚率の調査は行われていません。
厚生労働省は、「全国ひとり親世帯等調査」という調査をしていますが、ひとり親世帯の再婚については統計をとっていません。したがって、シングルファザーの再婚率は、他の調査や予測に基づいて推定されているのが現状です。
人それぞれ再婚するにあたっての環境が違うため、シングルファザーの再婚率のデータがないから諦めようでは、せっかくのチャンスを逃してしまいます。
本記事ではシングルファザーの婚活方法を後半で紹介しているため、再婚を諦めたくない方は読み進めてください。

シングルファザーは再婚したら幸せになれる?

シングルファザーが再婚したら幸せになれるかどうかは、個人によって違います。再婚は、自分だけでなく、子どもや新しいパートナーの人生にも大きな影響を与えてしまいます。再婚することで、新しい家族との幸せな生活を送ることができるかもしれませんが、同時に新しい家族との関係に苦労するかもしれません。再婚する前に、自分の気持ちや状況をよく考え、慎重に決めることが大切です。

シングルファザー再婚するときの子どもの年齢で気をつけること

シングルファザー再婚するときの子どもが、どの年齢にせよ、子どもの気持ちを尊重して向き合う必要があります。子どもとパートナーとの関係構築ができていないのに無理に再婚する必要もありません。シングルファザーは、子どもと新しいパートナーとの関係を円滑にするために、努力する必要があります。以下で幼児期、学童期、思春期の子どもへの関わり方を説明しているので参考にしてください。

幼児期の子ども

幼児期の子どもは、新しい環境に適応しやすいため、新しいパートナーに対して素直に受け入れやすいかもしれませんが、同時に前妻に対する寂しさを感じることがあります。シングルファザーは、子どもに新しいパートナーを紹介するときは、幼児だからといって簡単に説明するのはやめましょう。子どもの気持ちを尊重することが必要です。
また、新しいパートナーも、子どもに対して優しく接し、子どもの好きなことや趣味に興味を持ってくれることで、子どもは新しいパートナーに親しみや信頼を感じるようになります。

学童期の子ども

学童期の子どもは、幼児期よりも周囲の状況を理解できるため、新しいパートナーに対して反発や拒絶をおこすことがあります。子どもは、自分の父親を奪われると感じたり、新しいパートナーに対して敵意を持つかもしれません。シングルファザーは、子どもに再婚の意思を伝える前に、子どもの意見を聞くようにしましょう。
新しいパートナーも、子どもに対して強制的に親しくなろうとせず、子どものペースに合わせて時間をかけて関係を築くことが大切です。

思春期の子ども

思春期の子どもは、新しいパートナーに対して無関心だったり無視をすることがあります。自分のアイデンティティや価値観が定まっていない時期であり、自分のことで精一杯で新しいパートナーに対して興味や関心がないかもしれません。シングルファザーは、子どもに再婚の理由や自分の気持ちを正直に伝えることが大切です。
新しいパートナーは、子どもに対して自分のことを少しでも知ってもらおうという気持ちで関わり、無理に関わることはやめて子どもから関わってくるタイミングを待ちましょう。

シングルファザーが再婚するなら子どもの気持ちを優先しよう

子どもは、シングルファザーの再婚に対して、様々な感情を抱くかもしれません。喜びや期待、不安や恐怖、拒絶や反発など、子どもの気持ちは複雑で変化しやすいものです。シングルファザーは、再婚することで子どもの気持ちに悪影響がでないようにサポートすることが大切です。以下のようなことに注意すると良いでしょう。

子どもに再婚の意思を早めに伝える

シングルファザーは、再婚の意思を子どもに早めに伝えることが大切です。子どもに突然再婚することを伝えると、子どもは混乱してしまいます。子どもに再婚の意思を伝えるときは、子どもの意見も聞き、再婚する理由を納得してもらう必要があります。

新しいパートナーと子どもとの関係を作る

シングルファザーは、新しいパートナーと子どもの関係を作るサポートをすることが大切です。新しいパートナーと子どもの関係作りは、再婚の成功にとって最も重要です。新しいパートナーが子どもと自然に関われるように、子どもの興味があることを一緒に行うなど、できるだけ子どもと接点をもてるようにサポートしていきましょう。
子どもの自立を応援する
子どもは、シングルファザーの再婚に対して、自分の居場所を失うと感じてしまいます。シングルファザーは、子どもに対して、自分はいつも味方であり、成長や幸せを願っていることを伝えることが大切です。また、子どもが自分の夢や目標に向かって努力することを応援し、子どもの自信を育てることで、子どもは再婚に対しても前向きになれるでしょう。

シングルファザーとの恋愛が疲れたと言われる原因は?

シングルファザーとの恋愛が疲れたと言われる原因は、様々なものがあります。しかし、それは決して恋愛が無理だということではありません。シングルファザーとの恋愛を成功させるためには、お互いに信頼し合い、理解し合い、協力し合うことが大切です。シングルファザーとの恋愛には、困難や挑戦があるかもしれませんが、同時に幸せや喜びもあります。以下でシングルファザーとの恋愛が疲れたと言われる原因を説明していきます。

子育ての負担

シングルファザーとの恋愛では、子どもの存在を無視することはできません。子どもがいることにより子育ての負担がパートナーにかかってしまいます。子育て未経験者の場合は協力したくても何をしたらいいか分からず、子育ての負担に耐えられずに恋愛が疲れたと言われる原因になります。

時間の不足

シングルファザーとの恋愛では、時間の不足を感じることがあります。シングルファザーは、仕事と家事と育児のバランスをとるのが大変です。そのため、恋人とのデートや連絡に時間をかけることができません。相手は連絡が思い通りにとれないことから、恋愛が疲れたと感じてしまいます。

過去のパートナーとの比較

シングルファザーは、離婚の原因によって、恋愛に対するトラウマや不信感を抱いているかもしれません。そのため、新しい恋人に対して、無意識に過去のパートナーとの比較をすることがあります。また、新しい恋人も、シングルファザーの過去のパートナーに対して、嫉妬を感じることがあるかもしれません。無意識に過去のパートナーと比較されることで恋愛が疲れたと感じてしまいます。

シングルファザーと結婚して後悔する原因

シングルファザーと結婚して後悔する原因は、様々なものがあります。しかし、それは決して結婚が失敗だということではありません。シングルファザーとの結婚を成功させるためには、お互いに信頼し合い、理解し合い、協力し合うことが大切です。以下でシングルファザーと結婚して後悔する原因を説明していきます。

自己犠牲が大きすぎる

シングルファザーと結婚すると、子育てに参加しないといけなくなるため、自分の時間や趣味を犠牲にすることが多くなるかもしれません。また、子どものために自分の収入を使うこともあり、出費が多くなります。自己犠牲が大きすぎると感じると、結婚したことを後悔してしまいます。

パートナーとの価値観の違い

シングルファザーと結婚すると、パートナーとの価値観の違いにぶつかることがあります。シングルファザーは、子どもを育てるという責任感や経験から、パートナーとは異なる考え方や判断基準を持っています。パートナーとの価値観の違いが大きすぎると、結婚したことを後悔してしまいます。

期待と現実のギャップ

シングルファザーと結婚すると、期待と現実のギャップに失望することがあります。シングルファザーは、子どものために一生懸命に働き、家事や育児もこなすというイメージを持たれがちですが、実際にはどうでしょう。
結婚した後は家事や育児を手伝わないかもしれませんし、子どもとの関係を優先して、パートナーとの関係を軽視するかもしれません。期待と現実のギャップによって、結婚したことを後悔してしまいます。

子どもとの関係

シングルファザーと結婚すると、子どもとの関係に悩むことがあります。子どもは、新しいパートナーに対して素直に受け入れられず、自分の父親を奪われると感じたり、新しいパートナーに対して嫉妬や敵意を持つかもしれません。子どもとの関係に悩むと、結婚したことを後悔してしまいます。

本気で再婚を目指すシングルファザーの婚活方法

シングルファザーが本気で再婚を目指すなら婚活サイトがオススメです。婚活サイトに登録している女性は結婚に前向きで、また相手の条件を知ったうえで出会うため、シングルファザーだということに理解がある女性と出会うことができます。
アプリなどで出会う女性は、独身の男性を好む傾向にあるため、シングルファザーの婚活には不向きです。
アプリにしても婚活サイトにしても、再婚することは、自分と子どもと新しいパートナーの人生を変えてしまいます。みんなが幸せになるように考えて行動するようにしましょう。

シングルファザーが婚活する場合の注意点

シングルファザーが婚活をする目的は何でしょうか?子どもとあなたを受け入れてくれる相手を見つけることではないでしょうか?そのため、婚活で一番してはいけないのが、子どもの存在を隠して婚活することです。その他にも注意点がいくつかありますが以下で説明しているので参考にしてください。

子どもの存在を明確に伝える

シングルファザーが婚活するときは、子どもがいることを隠して婚活するのはやめましょう。子どもを隠して婚活することは、相手に対して不誠実であり、信頼関係を損なうことになります。また、子どもを受け入れてくれる相手を探すことが、再婚の成功にとって重要なことなので、子どもがいても受け入れてくれる相手を見つけましょう。

自分のライフスタイルを理解する

シングルファザーは、仕事と家事と育児のバランスをとるのが大変なため、自分の時間や予定を把握し、相手にも伝えることが必要です。また、自分のライフスタイルに合った相手を探すことも重要です。自分のライフスタイルに合わない相手と結婚すると、生活にズレがうまれ、後々トラブルになる可能性があります。

パートナーの理解と協力を得る

シングルファザーが婚活するときは、パートナーの理解と協力を得ることが大切です。シングルファザーは、子どものために一生懸命に働き、家事や育児もこなすというイメージを持たれがちですが、実際にはそうではないです。
シングルファザーも、仕事や子育てに疲れて、家事や育児を手伝ってくれるパートナーを求めています。パートナーの理解と協力を得ることで関係を円滑にできます。

子どもとパートナーの関係を築く

シングルファザーがが婚活するときは、子どもとパートナーの信頼関係があることが大切です。子どもとパートナーの関係が良好であることが、再婚の成功にとって重要な要素であり、
ゴールなのかもしれません。子どもとパートナーの信頼関係を構築するためにあなたが2人の接点や共通点が多くなるように関わっていきましょう。

【まとめ】シングルファザーが再婚するためにおすすめの方法

シングルファザーが再婚するためにはパートナーを見つけるのが最優先ですが、子どもの気持ちの変化にも注意していきましょう。
再婚することによりパートナー、子どもの人生に影響を与えてしまうため、あなた自身が後悔のない恋愛をできるように行動していきましょう。
結婚相談所「ムスベル」は業界最大級※1の会員数※2を誇っており、成婚者の7割が交際5か月以内に成婚※3しています。

※1 日本結婚相手紹介サービス協議会(JMIC) 加盟の結婚相談所の加盟連盟を含む会員数と比較(非公開業者除く)
※2 BIU(日本ブライダル連盟)、IBJ(日本結婚相談所連盟)、JBU(全国結婚相談所連盟)、TMS(全国結婚相談事業者連盟)の各社webサイト掲載会員数。(2023年9月時点)地域により一部ご利用いただけない連盟がございます。
※3 2017-2020年成婚者の交際期間より算出


Warning: Uninitialized string offset 0 in /home/jbu/musbell.co.jp/public_html/wp-includes/class-wp-query.php on line 3714