Blog

結婚相談所を利用して上手く行かない人の特徴と打開策について紹介

「結婚相談所を利用しているのに全然理想のパートナーとマッチングしない」「結婚相談所でパートナーを紹介してもらったけど進展しない」など、結婚相談所を利用して上手くいかない人は意外と多くいらっしゃいます。
しかしその原因は、結婚相談所にあるのではなく、利用者本人にあるケースがほとんどです。
確かにお金だけが目的で何もサポートしてくれない悪質な結婚相談所も一部ありますが、多くの結婚相談所は利用者のことを第一に考えて様々なサポートをしてくれます。

ではどうして結婚相談所を利用して上手くいかないのでしょうか?
今回の記事では、上手くいかない人の特長から考える上手くいなかい理由を詳しく解説し、結婚相談所で上手くいかない人への打開策をご紹介していきます。
これから結婚相談所の利用を考えている方、またすでに結婚相談所を利用しているのに結婚まで辿り着けない方などの参考にして頂けたら嬉しいです。

結婚相談所を利用しても上手く行かない人の特徴は?


結婚相談所を利用しても上手くいかない人にはいくつかの理由があり、似たような特長を持っています。
その特長を予め知っておくことで、結婚相談所を利用しての成婚確率をグッと高めることができます。

そこでまずは、結婚相談所を利用しても上手くいかない理由を「マッチングしない」「交際までいかない」「「結婚までいかない」の3つに分けて解説します。
決して難しいことではありませんので、是非改めてみてください。

上手く行かない理由①|マッチングしない

パートナーに求める条件設定が細かすぎたり、プロフィール写真がよくないと、マッチングしないことがあります。
これが結婚相談所で上手くいかない大きな理由の一つであり、マッチングしないのは結婚以前の問題です。
では条件設定とプロフィール写真について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

条件設定が細かすぎる

結婚相談所では理想とするパートナーの条件を設定することができますが、これがあまりにも細かすぎると上手くいきません。
「でも妥協したくない!」と思われるかもしれませんが、将来必ず後悔することになりますので、無理して妥協してはいけません。
大切なのは条件設定を広くすることであり、妥協するのではありません。

例えば男性の場合、求める女性の条件として「年齢23~25歳」「可愛らしくてスリム」「趣味はマリンスポーツ」のように、細かすぎていませんか?
これを「年齢30歳以下」「ふくよかではない」とし、趣味についても限定せず、相手の趣味にも共感してあげることが大切です。
このように、妥協ではなく条件設定を広げることで、結婚相談所でマッチングしやすくなります。

プロフィール写真がよくない

結婚相談所では最初にプロフィールを作成しますが、そこに使用するプロフィール写真がよくないと、どれだけ頑張ってもマッチングがうまくいきません。
真顔ではありませんか?髪の毛は乱れていませんか?無精ヒゲはありませんか?
大切なのは「笑顔で清潔感を出すこと」です。

結婚相談所でマッチングする男女は、まず最初にプロフィール写真を確認しますから、これ1枚で全ての第一印象が決まると言っても過言ではありません。
結婚相談所でうまくいかない場合には、プロフィール写真を見直し、少しでも第一印象を悪くする要素がある場合には変更を検討してみてください。

上手く行かない理由②|交際までいかない

積極的に行動しなかったり、外見を気にせず思考がネガティブな状態ですと、いくら会員数の多い結婚相談所でも、交際まで辿り着きません。
交際できないということは、成婚は夢のまた夢ということになります。
では具体的に、交際までいかない理由を具体的に解説していきます。

積極的に行動していない

結婚相談所へ登録して、あとはコンシェルジュに全てお任せ!という考え方では、いつまで経っても成婚を掴み取ることはできません。
確かに専任のコンシェルジュは、会員のために様々なアドバイスをしてくれますが、あくまでもそれは婚活のサポートであり、会員自身が積極的に動かなければ進展はありません。

大切なのは「まずは会ってみる」というアクションを起こすことです。
コンシェルジュから紹介してもらった相手のプロフィールだけで判断するのではなく、実際に会って直接話をすることが、交際に向けて大切なことなのです。

外見に気を使っていない

結婚相談所にしろ普通の出会いにしろ、男女の交際が始まる時というのは、最初に外見の第一印象が最も大切です。
男女ともに重要なのが「清潔感」です。
髪の毛が整っていなかったり、顔が脂でテカっていたり、男性なら無精ヒゲ、女性ならやり残しの化粧など、とにかく外見を意識しなければ交際は難しくなります。

もちろん外見が全てではありませんが、第一印象を決めるのは外見です。
外見に気を使っていないと、第一印象を悪くするばかりか、婚活の本気度を不審に思われ、交際を断られてしまう大きな原因となります。

思考がネガティブ

世の中には、ポジティブ思考とネガティブ思考の両者がありますが、ネガティブ思考で良いことは何もありません。
結婚相談所を使った婚活も同じことで、将来を共にするパートナーを探しているわけですから、ネガティブ思考の人と結婚したいと思う男女はいません。

「どうせ自分なんかが交際できるわけがない」「この人に相応しい人間ではない」など、ネガティブ思考では結婚どころか、交際することも難しいでしょう。
常にポジティブ思考を持ち続け、自分に自信を持つことが大切なのです。

上手く行かない理由③|結婚まで行かない

頑固な姿勢で相手に寄り添わなかったり、批判的な言動をしてしまうのは、いくら結婚相談所を利用したところで、結婚まで行くことはできません。
交際までは順調に進むかもしれませんが、交際と結婚とでは性質が全く異なります。
では具体的に、結婚まで行かない理由を具体的に解説していきます。

頑固で相手に寄り添おうとしない

自分の意思を最優先し、頑固な気持ちを持ち、相手のことを何も考えずに寄り添う姿勢が無い人は、残念ながら結婚は難しいです。
もちろん自分の意思を持つことは大切ですが、結婚というのは生涯に渡って2人一緒に生活をするわけですから、お互いの意思を尊重することが大切です。

女性の中には、頑固でオラオラ系の男性を好む人もいますが、それにも限度があり、あまりにも相手に寄り添ってくれない人と結婚したい女性はいません。
交際していく中で相手の頑固さがわかると、その時点で交際が終了してしまう可能性があるのでご注意ください。

批判的な言動をしてしまう

相手にはもちろんのこと、何事に対しても批判的な言動をしてしまう人は、交際止まりで結婚まで至らなくなります。
たとえ自身の考え方が正しかったとしても、あまりにも批判ばかりしていると、2人で生活をしていく上で、不安が出てきてしまいます。
その結果、交際の時点で嫌気が差してしまい、結婚まで行かないことが多いです。

結婚相談所で上手く行かない人の打開策は?


どうしても結婚相談所で上手く行かない場合には、5つの打開策を実践してみてください。
積極的に行動し、内面と外面の両方を磨き、条件を少し緩め、コンシェルジュの意見を素直に聞き、それでもダメなら結婚相談所自体を乗り換える打開策もあります。

それでは最後に、結婚相談所で上手く行かない人の打開策を、一つづつ詳しく解説していきますので、是非参考にしてみてください。

お見合い回数を増やすなど積極的になる

結婚相談所で上手く行かない人は消極的なっている可能性がありますので、とにかく積極的にアクションを起こすことが大切です。
お見合いの回数を増やす、仮交際の相手を増やすなど、積極的になりましょう。

「お見合いや仮交際を増やすのは相手に失礼」と思われる方も多いかもしれませんが、決して失礼ではありません。
結婚相談所では、お見合いや仮交際の数をこなすのは至って普通のことであり、相手も了承済みなのです。

内面や外見磨きをしよう

内面や外見磨きをすることで、相手に好印象を与えられますので、その分結婚相談所で上手く行きやすくなります。
これは相手のためだけではなく、内面や外見が磨かれることで、自分自身に対して自信を持ち始め、その結果積極的に行動できるようになります。

条件は絶対に譲れないものだけに絞って探す

結婚相手に細かな条件を設定するのは当然のことですが、あまりにも条件が厳しすぎると、結婚相談所で上手く行かない可能性があります。
だからと言って、条件を妥協してはいけません。

生涯を共にする結婚相手なのですから、そこに妥協があると将来的に離婚という結末を迎えてしまうかもしれません。

大切なのは、絶対に譲れない条件だけに絞って相手を探すことです。
「自分よりも年下」「スリムな体型」など、誰にでも絶対に外せない条件があるかと思いますが、それらは鉄板で残し、緩和できる条件はある程度外していきましょう。

コンシェルジェの意見は素直に受け入れる

結婚相談所のコンシェルジュは婚活のプロフェッショナルであり、誰よりも婚活を熟知しています。
だからこそ、コンシェルジュの意見は素直に受け入れることが大切です。
結婚相談所を利用していると、「コンシェルジュからお見合いしましょうと言われたけど、乗り気じゃない」など、反対したい部分も出てくるかと思います。
しかしそこは婚活のプロに任せて、素直に意見を受け入れることで、結婚相談所で上手く行くかもしれません。

結婚相談所を変えてみる

どうしても今の結婚相談所で上手く行かない場合には、思い切って別の結婚相談所へ乗り換えするのも一つの手です。
結婚相談所を変えることで、新しいコンシェルジュの元、これまで出会えなかったら全く新しい相手と出会える可能性があります。

結婚相談所の乗り換えには、再び入会金や月額費用を支払わなければいけませんが、中には乗り換え割のような割引制度を導入している結婚相談所もあります。
実際に乗り換える前に、必ず料金の確認をしておきましょう。

まとめ


今回は、結婚相談所を利用して上手く行かない人の特徴と打開策について詳しくご紹介させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
結婚相談所を利用して交際まで行かない人は、「条件設定が細かすぎる」「プロフィール写真がよくない」「積極的に行動していない」「外見に気を使っていない」「思考がネガティブ」などの特長があります。
また交際はできても結婚まで行かない人は、「頑固で相手に寄り添おうとしない」「批判的な言動をしてしまう」などが大きな原因です。

これら原因を改善できない場合には、打開策を実践してみてください。
決して難しいことではありませんので、きっと結婚相談所で最高のパートナーを見つけ、結婚という夢を叶えることができるはずです。
それでも成婚にありつけなかった場合は、思い切って結婚相談所を乗り換えて、新しいコンシェルジュの元、リスタートするのも一つの打開策です。