Blog

結婚相談所に登録する女性の特徴とは?成婚するためのポイントについて

近年、結婚相談所に登録する方が増加傾向にあります。その一方で、結婚相談所に興味はあってもどのような女性が登録しているのか分からず、登録するのがためらわれるという男性が多くいます。

誰もが自分の理想の相手との結婚を望むものです。結婚相談所に登録するからには、一生添い遂げられる自分好みの女性と出会いたいと願うのは当然のことだと言えます。

また女性としても、ライバルとなる女性にはどのような特徴があるのか気になるものはないでしょうか。
そこで今回は、結婚相談所に登録する女性の特徴や成婚するためのポイントについて分かりやすく解説します。登録者の特徴や成婚ポイントを知ることで、効率的に結婚につなげることができます。

はじめに|結婚相談所に美人はいないは間違い


結婚相談所に美人がいないという考えは間違いです。

結婚相談所に登録している女性の中には、容姿端麗の女性が数多くいます。男性が放っておかないくらい魅力的な容姿であっても、結婚相手と巡り合えない環境にいたり、恋愛に奥手で交際に発展しづらかったりするなど、男性との接点がなければ結婚への道のりは遠くなるものです。

多くの人は、美人は引く手あまたなので結婚相談所に登録しなくても結婚相手と自然に出会えるのではないかと思いがちです。逆を言えば、結婚相談所に登録する女性は、容姿が優れていないという考えを持つ人がいます。

ですが、結婚相談所は結婚相手との出会いを求める場所です。真剣に結婚を望んでいるのであれば、美人も結婚相談所に登録するという選択肢になるのです。

美人が結婚相談所を利用する理由

美人が結婚相談所を利用する理由はいくつかあります。

まず一つ目は、職場での出会いが望めない場合です。例えば、保育士や客室乗務員など、女性の割合が多い職種では男性と出会う機会が少なくなります。看護師や介護職など夜勤が多い職種も、生活リズムが合わず出会うことが難しくなるでしょう。

また、男性の割合が多く職種であっても既婚者の割合が多ければ、やはり結婚相手と出会うチャンスは減るものです。

社会人になると、仕事と家の往復という生活をおくる人が増えます。男性との出会いが望めない職種である場合、結婚相談所に登録して相手を探すという選択肢になりやすいのです。

美人が結婚相談所に登録する二つ目の理由は、恋愛が苦手という場合です。恋愛に奥手だったり、癖のある男性とばかり付き合ってしまい破局を迎えることが多かったり、恋愛がうまくいかずに悩む女性も結婚相談所に登録することがあります。

恋愛が苦手だとしても、結婚願望はあるものです。結婚相談所を利用すると、相手の経歴や年収など必要な情報は事前に得ることができます。また、登録している男性は真剣に結婚相手を求めていると考えるので、恋愛が苦手であっても安心して探しができるのです。

結婚相談所を利用している女性の特徴


次に、結婚相談所を利用している女性の特徴について見ていきます。どのようなタイプの人が利用しているのか分かると、結婚相談所への登録を前向きに検討できるのではないでしょうか。女性にとってもライバルの傾向を知っておいた方が得です。

結婚願望が強い人

結婚相談所は、当然ながら結婚願望が強い女性が登録しています。
登録者は始めから結婚を目的としてお相手探しをするので、交際から結婚まで進展しやすいからです。

交際相手がいても相手に結婚願望がなければ結婚は叶いません。ですが、結婚相談所に登録している人の目指すところは同じなので、相性次第では出会って半年という短い期間で結婚するというケースも珍しくないのです。

また、お相手の情報を事前に得ることができるという点も結婚願望が強い女性にとって大きなメリットです。
結婚相談所を利用するとお相手の生年月日や経歴、家族構成、年収など、初対面では聞きにくい情報を知ることができます。通常、これらの情報は交際していくうちに知るものなので、事前に知ることができれば、より早く成婚に向けて行動することができます。

身分証明がしっかりされている結婚相談所は結婚願望が強く、効率的に結婚したい女性にとって理想の婚活と言えます。

収入や年齢については様々

結婚相談所に登録している女性の収入や年齢に、極端な偏りはありません。
周囲が結婚し始める20代後半から30代の登録者が多いものの、20代前半から40代、50代、60代というように幅広い年齢層の方が登録しています。

収入に関しても女性によってさまざまです。社会経験が少ない世代の女性もいれば、キャリアを積んだ女性が次のライフステージを考え、結婚相談所に登録するケースもあります。
年齢や職種によって収入にはバラつきがあるので、一概にはいえません。

男性と出会う機会が少ない

男性と出会う機会が少ない環境にいる女性も、結婚相談所を利用する傾向にあります。
例えば保育士や看護師、化粧品やアパレル関係など、女性が活躍する職種の場合、男性との出会いが少なくなりがちです。

男性が多い職場であっても既婚者ばかりだったり、結婚を意識しにくい若い世代の男性ばかりだったりすると、お相手探しが難しくなります。

他にも、夜勤が多い場合や休みが不定期である場合も合コンや街コン、婚活パーティーなどといった男性との出会いの場に参加できず、出会いのチャンスを逃してしまいがちです。

このような環境にいる女性は結婚相談所を利用し、積極的にお相手探しをする傾向にあります。

自分だけでは婚活が不安でアドバイザーを求めている

婚活に不安を覚え、アドバイザーを求めて結婚相談所を利用している女性も多くいます。
アドバイザーは、いわば婚活のプロです。客観的に分析し、成婚に向けて的確なアドバイスをくれます。
また、婚活を始めた当初は意欲的でしたが失敗を繰り返すうちに自信がなくなり、婚活に対してネガティブな印象を持つ人にとってもアドバイザーの存在は大きくなります。

アドバイザーは、婚活に対する不安を取り除くための精神的な支えという役割も担うのです。

結婚相手に求める条件を持っている

理想の相手と出会いたいという女性も、結婚相談所には多くいます。結婚相談所を利用する時はプロフィールや希望条件の登録が必要です。年齢や収入など、お相手に求める条件に合わせて探せるのは結婚相談所ならではです。

自分の希望条件に合った人だけと出会うことができるのは、早く成婚したい人もとっても魅力的なポイントです。

結婚相談所で成婚する女性の特徴


今度は、結婚相談所で成婚する女性にはどのような特徴があるのか見ていきます。残念ながら結婚相談所に登録しただけで、すぐに成婚とはいかないのが現実です。成婚する女性の特徴を知れば、攻略法が見えてくるものです。

プロフィールが充実している

成婚する女性の特徴として言えるのは、プロフィールの充実度です。
プロフィールはその人の全てを表します。結婚相談所では希望する条件に合う人なのかを見極める時、プロフィールを確認します。この時、簡素な内容であれば判断するのは難しくなるのです。

自分の性格や趣味、休日の過ごし方などの項目を全て埋め、プロフィールを完成させるのは簡単なことではありません。ですが、結婚相談所はオーディションのようなものです。
数多くいる登録者の中から選ばれる努力をした人が成婚できるのです。

プロフィールを充実させ、自己アピールすることが成功のカギとなります。

ちなみに、好印象を与えることばかりに気を取られ、嘘をつくのは控えた方がいいでしょう。交際に発展した時、嘘がバレて信頼を失うことがあるからです。

積極的に行動している

積極的に行動する女性も成婚しやすくなります。婚活は根気が必要です。容姿やスペックが群を抜いている人でなければ、成婚までにはある程度の時間がかかります。

理想の相手に出会えなかったり、気になる相手と出会えても交際に進むことができなかったりするのは婚活ではよくあることです。失敗が続くと焦りや不安、苛立ちが多くなります。

ですが、そこで諦めてしまうと、先へ進むことはできません。結婚とは一人の異性と出会い、生涯を共にすることです。たとえ10人の異性とうまくいかなくても、たった1人の運命の人と巡り合い、結婚すれば成功なのです。失敗を繰り返しても、そこから学ぶことは数多くあります。

気持ちを切り替え、積極的に婚活に挑む女性は成功をつかむことができるのです。

明確な目標を持って婚活をしている

明確な目標を持って婚活をする女性は、成婚率が高い傾向にあります。結婚したいという漠然とした理由だけで婚活してしまうと、理想の相手との出会いは期待できません。

どのような相手と出会いたいのか、理想とする結婚生活はどのようなものなのか、自分の気持ちが見えていなければ婚活は成功しないのです。

目標を設定していれば、目標達成に向けて進むことができます。目指すべき目標があるのとないのとでは、婚活の成功率が変わります。

外見・内面磨きを怠らない

婚活する上で大切なことは、外見や内面磨きです。

まず外見磨きについてですが、成功する女性に共通するポイントは清潔感です。容姿端麗の女性であっても、髪の毛がボサボサ、毛玉だらけの服、靴が汚れているといった状態であれば、魅力的とは言えません。

また、年を重ねた女性が20代前半の服を選ぶなど、年齢に合わない服装もお相手にネガティブな印象を与えてしまうものです。
男性から選ばれる女性は清潔感があり、自分の魅力を理解した上で年齢に合った身なりをしています。派手過ぎず、柔らかい印象を与える女性は男性に好意を持たれやすいでしょう。

内面磨きも欠かせません。自分の理想を追い求めることは間違いではありませんが、相手のスペックばかり気にしてしまうと成婚への道のりは遠くなります。

スペックが良い人が自分に合うとは限りません。結婚はゴールではなく、スタートです。生涯にかけて一緒にいるお相手を選ぶ時は、スペックだけを重視するのではなく、人柄を見極めることが重要です。成婚する女性はお相手の話に耳を傾け、受け入れる姿勢を持っています。
たとえスペックが高くない人であっても、一緒にいて心が休まるお相手が結婚相手としての理想かもしれません。

結婚相談所に登録する最適な年齢はある?

結婚相談所に入会する際に、最適な年齢はあるのでしょうか。

結論から申し上げると、最適な年齢というものはありません。結婚相談所に登録したいと思った時が、自分にとってベストなタイミングだからです。結婚相談所は、幅広い年齢層の方が利用しています。

20代から60代まで多くの人が利用しているので、誰でも婚活したいと思った時に自由に入会することができるのです。

結婚相談所でのお相手探しはどんな方法があるの?

最後に、結婚相談所でのお相手探しの方法についてご紹介します。一口に結婚相談所といっても、サービス内容は異なります。結婚相談所には大きく分けて、仲介型やデータマッチング型、検索型という種類があるのです。まずはそれぞれの特徴を知り、自分に合うタイプを選びましょう。

仲介型

仲介型は、その名の通り仲介役となる担当者が、成婚まで手厚くサポートしてくれるというものです。コンシェルジュやアドバイザーなどと呼ばれます。

仲介型は、結婚相談所の利用が初めてという人におすすめです。結婚相談所で生涯の伴侶を見つけるのは、容易なことではありません。理想のタイプが自分と相性が良いとは限らないので、理想を追い求めすぎて婚活がうまくいかないことが少なくないのです。

仲介型は、経験豊富な担当者が客観的に見て、どうすれば成婚までたどり着けるのかアドバイスをくれます。お相手選びのポイントや婚活の心構えや注意点、身だしなみなどの助言を受けることにより、婚活の成功率はグッと上がるのです。

基本的に担当者と一緒に成婚を目指すというものなので、婚活が初めてという方だけではなく、恋愛が苦手だったり不安を抱えていたりする方も安心して結婚相手を探すことができます。

データマッチング型

データマッチング型は、結婚相談所のシステムによってお相手を紹介してくれるというものです。入会時に登録したプロフィールやお相手の条件などから、マッチする相手を探してくれます。そこで気になるお相手がいればお見合いを申し込み、成婚を目指します。

データマッチング型は登録数が多いので、普段の生活では知り合うことができない異性との出会いも期待できます。

また、入会時には公的書類の提出が必須になるほど審査が厳しいので、お相手のデータは信ぴょう性が高くなります。生年月日や年収、家族構成など始めから嘘偽りないプロフィールを見て判断することができるのは安心です。

データマッチング型は仲介型とは違い、基本的に自分で婚活することになるので、人に干渉されずに自由にお相手探しをしたい人におすすめです。ただし、担当者に相談したりアドバイスを受けたりするなど手厚いサポートの期待はできないというデメリットがあります。

検索型

検索型は、結婚相手をインターネット上で婚活するというものです。結婚相談所の登録、お相手探し、お見合いの申し込みなど自分で行うことになります。一見大変そうに見えるかもしれませんが、いつでも好きな時間に相手を探せるという特徴があります。

夜勤が多い人や忙しくて結婚相談所に行くことが叶わないという人に、おすすめのシステムです。データマッチング型よりも、さらに自由度が高い婚活の方法です。

まとめ


結婚相談所には、様々な女性が登録しています。美人はいないと思われがちですが、それは間違いです。男性と出会う機会が少なかったり、恋愛が苦手だったり、理由はそれぞれ異なりますが、結婚したいという気持ちがあれば容姿端麗な女性も利用します。

そして、成婚する女性は目的意識を強く持ち、積極的に行動しています。

結婚相談所への入会は、婚活を意識し始めた時が最適なタイミングです。無料相談ができる結婚相談所もあるので、検討してみてはいかがでしょうか。理想の相手がそこにいるかもしれません。